ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)のプロフィール

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の名言 一覧

情報のねつ造が恐ろしいところは、真実と嘘を積み重ねた上に成り立っているところ。


大切なのは10年先の自分を思い描きながらいること。四六時中深刻に考えている必要はないよ。時々確認すれば十分。


最近の言動からキワモノ的な扱いをされていることは自覚しているけど、信じている道だから進んでいこうと思っている。


人生は1回しかないから、楽しくおもしろく成長できるような生き方をしないとダメだ。毎日が同じ繰り返しだとつまらない。なるべく新しいことに挑戦することが大事なんだ。


夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


情報のねつ造が孕んでいる最大の問題。それはタブーの裏に潜んでいる悪がいること。その闇を突いていくのが僕らの仕事。当然、脅しを受けることはあるよ。


何かを鵜呑みにすることには警戒感を持って欲しい。テレビのニュースや新聞は基本的に大本営発表と変わらない。そういう視点を持った上で接していき、興味や疑問を感じたものは雑誌やインターネット上の情報を自分で調べてみる。すると、いつもとは違う風景が見えてくると思うんだ。


一か所しか職場を知らない人は勇気が出ないかもしれないけど、何度もやっている僕ははっきりと言える。辞めちゃっても次は見つかるし、自分の進むべき道をしっかりと持っていればだいたい次の仕事は前よりも良くなるよ。


僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)の経歴・略歴

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)。カナダ出身のジャーナリスト。オタワ出身。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業。日経ウィークリー記者、フォーブス・アジア太平洋支局長などを経て独立。日本に帰化。

他の記事も読んでみる

漆紫穂子

学校では10教科ほどの成績だけで評価されがちですから、成績がパッとしないとなんとなく自信を失ってしまいます。ですが、大人になれば評価の軸はもっと多くなって、学校では評価されない才能でも、社会では評価されることも出てきます。


森川亮

経営の判断は、砂漠にいて助かる状況に非常に近い。一番まずいのは、行ったり来たりすること。砂漠の中で南に行って北に行っては死んでしまう。だから大事なのは「正しい45度を選ぶこと」と言われています。ジグザグでも前に進めばどこかにたどり着くからです。事業でも、細かく詰めるより、正しい方向を決めることが非常に重要だと思っています。


岩切章太郎

宮崎に帰って地方のために働いてみよう。中央に向かう人はたくさんあるから、私一人くらいは地方に埋もれた方が意義があるのではないかと思うようになっていた。


山口拓朗

自分が相手にどう役立つか、それを知らせるには、相手に悩みを語らせるのが近道。その内容を掘り下げて聞き、それに応じたアドバイスができれば、感謝の言葉とともに信頼感も得られるでしょう。


加藤丈夫

富士電機では、二代前の社長だった中尾武さんが「対話が価値を生む」と標榜し、夕方から社員がお酒を飲んでくつろげる場を社内に作りました。飲み会を通じて、気持ちを通じ合わせようということでした。あれから10年以上たちますが、最近、対話の大切さを改めて実感しています。対話こそが新しい価値を生むのです。


佐藤龍雄(経営者)

単なに物を売るという感覚ではなく、その商品の価値を売るという意識が必要。


小山昇

私の場合は、あらゆる業界、あらゆる地域から、常に生情報を持って経営者が相談に来ますから、世の中に先んじてトレンドや動きを把握できます。だからいち早く、世の中の都合に合わせることができます。これがスピード経営の前提です。


佐藤可士和

以前は、コンセプトワークだけでなく、自分の悩みもよく書きだしていました。アイデアが出なくて苦しんでいた場合、思いつく限りの理由を書き出すのです。書き出すことで解決することはたくさんあると思います。


辻慎吾

人と違うことをやっていかなければならない。やはり新しいことにもどんどん挑戦していかなければ。


向谷匡史

最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


和田裕美

手を着けさえすれば、どんな仕事も必ず終わる。いかに着手させるが勝負。


島田精一

20代のうちに自分の強み、専門分野を持つことが大事です。仕事においての強みが一番いいけれど、趣味でもいい。何かの役に立てる専門性を持つことで仕事も人脈も広がります。


山田真哉

数字の大きさに惑わされてはダメです。大きな数字は「一人当たり」「1か月当たり」といった小さい数字に直すと、本当の状況が見えてきます。


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)

我々は世界で最も大きな航空会社だと言われていますが、私たちは規模の大小というのはどうでもいいと思っています。それよりも世界をリードする航空会社になりたい。これが目標です。


村上憲郎

経済にはトレンドがあるのですから、社会的役割を終えた企業が消えていくのは健全なことです。


ページの先頭へ