名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ベルンハルド・ツェプターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベルンハルド・ツェプターのプロフィール

ベルンハルド・ツェプター。ドイツ出身の外交官。欧州連合(EU)駐日欧州委員会代表部大使。ドイツ外務省を経て、EU公務に就く。ジャック・デロール欧州委員長の下で副委員長を務めた後、同委員会副事務総長。現在欧州委員会駐日代表部大使。

ベルンハルド・ツェプターの名言 一覧

経済の調子が良くないからといって悲観一色になる必要はありません。欧州と同じように、日本もかつてのような成長を再び期待することはできません。経済的に米国が欧州に追いついたように、今後は中国が日本に追いつく日が訪れるかもしれません。でも、成長ばかりが能じゃありません。成長が唯一の目標でなくなったからこそ見えてくるものもあります。


成長を追い求め、経済大国や軍事大国になることが果たしていいのでしょうか。言うまでもなく、これだけで人びとが生活面で豊かになるわけではありません。雇用拡大など成長がもたらす利点は否定しません。しかし、国際化の時代には、国内が社会的にも政治的にも安定しているとか、他国と協調する体制が整っているとか、成長以外にも重要な部分がたくさんあります。


日本駐在も自分から希望して実現しました。母が日本文化に興味を持っていたこともあり、個人的にも日本についてたくさんの本を読みました。ですが、生活してみなければ理解することはできないと考えました。


国と国との関係を考えるときも、人々の日常生活がどんな影響を受けるかを無視できません。政府レベルで関係が良くなっても、国民レベルで関係が良くなるとは限りません。


ベルンハルド・ツェプターの経歴・略歴

ベルンハルド・ツェプター。ドイツ出身の外交官。欧州連合(EU)駐日欧州委員会代表部大使。ドイツ外務省を経て、EU公務に就く。ジャック・デロール欧州委員長の下で副委員長を務めた後、同委員会副事務総長。現在欧州委員会駐日代表部大使。

他の記事も読んでみる

了徳寺健二

人に勝つ努力はしなくていい。昨日より今日と自分を乗りこえる努力をコツコツとしなさい。するといつの日か気がつくと、周りを凌駕している自分があるのだ。


大崎洋(大﨑洋)

社員時代は、「いつ辞めたろか」ってよく思ってたよ。そのくらいの気持ちがないとあかんと思うで。タレントもそうやで。「俺の才能に比べたら、吉本がナンボのもんじゃ!」くらいの気持ちがないとあかん。


羽子田礼秀

1996年に中国に送り出された際、当時の担当役員から「おまえ、我慢強いよな」と念押しされました。確かに私は柔道をやっていましたし、東京でライバル食品会社と切った張ったの勝負をしてきた自負はあります。でも、中国事業はまさに我慢の歴史。通算15年、中国で仕事をして、中国では我慢した会社が最後に勝つ、と実感しています。


田中靖浩

日々の仕事を数値化するというのは、中小・零細企業の経営者的な金銭感覚を身につけるのと似ているのかもしれません。実際に自分がお店を経営しているつもりで、仕事の数字をみるのです。そこで弾き出された数字が、自分が会社にもたらしている利益です。こうして数値化してみると、自分がビジネスパーソンとして取るべき行動が、明確にみえてきます。また同時に、経営者としての視点も養うことができます。経営者的な目線をもつためには、多少の勉強が必要となってきますが、それは資格を取得するためなどではなく、マネジメントに必要な数字の見方&視点を学ぶということです。


米重克洋

報道は労働集約のビジネスで、従来のやり方ではどうしても人員か必要になります。既存メディアが都議会選挙で予測を外したのも、調査の回数が少なかったから。回数を多く行えばトレンドが見えてくるのですが、繰り返し調査するだけのコストをかけられなかった。そもそも都議会選挙のときは9社あいのり。世論調査にお金をかける余裕が本当にないんだなと思いました。


藤崎一郎

政府の役人同士であれば、お互いにそれぞれの国益を背負っています。でも決して相手をミスリードせず、できる範囲で相手のことも考えて行動していれば、自然と信頼関係は築かれていくものです。個人的信頼関係があるか否かで情報交換も交渉も、決定的に違ってきます。


須田将啓

私は、次に登る山(事業)を「旅行」に決めました。なぜいきなり、「ファッション」から「旅行」なのかと思われるかもしれませんが、実はこの両者は相性の良い存在です。BUYMA(バイマ)のユーザーのインスタグラムを見ると、服の写真と同じくらい旅行の写真も投稿されています。ファッション誌でも旅行特集の人気は非常に高いのが特徴です。また、これも最近の傾向かもしれませんが、「モノ」への投資よりも「コト(体験)」に価値が移ってきていると感じています。「モノ」はアマゾンなどで速く安く手に入りますし、シェアリングの文化も一般的になってきました。ラグジュアリーブランドの「モノ」を取引するサービスから旅行などの有益情報の交換も可能になります。


吉田忠雄

私は全員の賛成を持ってやっているということはしなかった。全員が賛成するような案はパンチがないし、全員が賛成するころにはもう後れを取っているものが多い。


貝沼由久

いろいろな分野の非常にニッチなマーケットで高いシェアを取り、マージンをきちんと稼ぐことが我々の特徴。


高崎幸人

独立を考える人というのは、今は手にしていない何かを、独立して得たいのだと思います。やりがい、時間、お金など、手にしたいものは人それぞれ違いますが、今より良くなりたい、今より幸せになりたいという気持ちは同じではないでしょうか。


広末涼子

私の場合、教科書的なものは井上雄彦さんの作品にあるのかなって。あまり女優らしくないかもしれませんが。たぶん、私、性格が男っぽいんです。だから余計に響くのかも。井上さんはバスケをされていたと聞き、『スラムダンク』は納得したんですが、『バガボンド』はどうして描けるのかなと思ったら、剣道もされていたとか。やっぱり自分が体感したスポーツじゃないと切りとれない感覚ってあると思うんです。それを体現しているような絵の力に圧倒されるし、至るところに哲学がちりばめられている。あまり仕事につなげて読むタイプではないのですが、武蔵が眠っているそばでおつうさんが涙を流すシーンがあまりに美しくて、もうちょっと若かったら、この役やりたい! と思ったくらい、大好きですね。


小笹芳央

プレーヤーなら今週、来週、せいぜい今月の仕事を進めればよかったのですが、マネジャーは少なくとも半年から1年先まで計画を立て、成果を出さなくてはいけません。