ベルンハルド・ツェプターの名言

ベルンハルド・ツェプターのプロフィール

ベルンハルド・ツェプター。ドイツ出身の外交官。欧州連合(EU)駐日欧州委員会代表部大使。ドイツ外務省を経て、EU公務に就く。ジャック・デロール欧州委員長の下で副委員長を務めた後、同委員会副事務総長。現在欧州委員会駐日代表部大使。

ベルンハルド・ツェプターの名言 一覧

経済の調子が良くないからといって悲観一色になる必要はありません。欧州と同じように、日本もかつてのような成長を再び期待することはできません。経済的に米国が欧州に追いついたように、今後は中国が日本に追いつく日が訪れるかもしれません。でも、成長ばかりが能じゃありません。成長が唯一の目標でなくなったからこそ見えてくるものもあります。


成長を追い求め、経済大国や軍事大国になることが果たしていいのでしょうか。言うまでもなく、これだけで人びとが生活面で豊かになるわけではありません。雇用拡大など成長がもたらす利点は否定しません。しかし、国際化の時代には、国内が社会的にも政治的にも安定しているとか、他国と協調する体制が整っているとか、成長以外にも重要な部分がたくさんあります。


日本駐在も自分から希望して実現しました。母が日本文化に興味を持っていたこともあり、個人的にも日本についてたくさんの本を読みました。ですが、生活してみなければ理解することはできないと考えました。


国と国との関係を考えるときも、人々の日常生活がどんな影響を受けるかを無視できません。政府レベルで関係が良くなっても、国民レベルで関係が良くなるとは限りません。


ベルンハルド・ツェプターの経歴・略歴

ベルンハルド・ツェプター。ドイツ出身の外交官。欧州連合(EU)駐日欧州委員会代表部大使。ドイツ外務省を経て、EU公務に就く。ジャック・デロール欧州委員長の下で副委員長を務めた後、同委員会副事務総長。現在欧州委員会駐日代表部大使。

他の記事も読んでみる

藤原和博

僕は「1万時間の法則」を唱えていて、何であれ、1万時間かけて訓練すればマスターできると言ってきました。1日6時間のトレーニングを365日続ければ、1年で約2000時間、5年で1万時間に達します。それだけやれば、何でもほぼこなせるようになる。さらにもう5年続けたら、しっかりとした技術やスキルとなって身につきます。


北条早雲

古語に、「子の刻(午前0時)に寝て寅の刻(午前4時)には起きよ」と言っているが、そのようなことは、人によって当てはまるのである。つねに寅の刻に起きるのがよろしく、辰巳(八時から十時まで)の刻までも寝ていたのでは、主人への出仕も叶わず、御奉公にも事欠くことになるのみならず、また、自分の用事をもすることができず、全くつまらない次第であって、毎日暮らしているのも無駄なことである。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

人間の疲労には「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」の3種類があります。これらの疲れが密接に絡み合って、人間のあらゆる活動のパフォーマンスを低下させていきます。これらの疲れすべてのメンテナンスに関係しているのが睡眠です。睡眠は万能選手。しっかり眠ることで、体、心、脳のメンテナンスが満遍なくできます。


中谷彰宏

現在、「部下を叱っていいのだろうか」と悩んでしまっている上司も少なくありません。自分が成長するためであれば、ひとつの手段として叱られることも喜んで受け入れようという姿勢が、最近の若手にはあります。だから、そんなことで悩む必要はないのです。どうせ悩むなら、「叱るか叱らないか」ではなく「どう叱るか」で悩むべきです。


進藤晶弘

カネ儲けをするのが起業家だという観念が定着しているから、「起業家はうさんくさい」というイメージを払拭できない。そのとらえ方を改めないかぎり、日本で真の起業家なんて育つはずがありません。


谷田千里

社内の環境を変えれば、社員の意識も変わる。


松下幸之助

5年後、10年後にどうなるか、どうすべきか。その上で、今どうしたらいいのかを考える。将来から現在を考えるのが、経営者としての発想である。


岡田正彦(医学博士)

風邪は薬をすぐに投与するのではなく、むしろ自然に治るのを待つほうが結果的に早く治ることが最近わかっています。人間の身体はうまくできていて、ウイルスに感染すると自然と熱が出て、熱に弱いウイルスを倒そうとするのです。熱があまりに高い場合は解熱剤を使う必要がありますが、そうでないなら自然に治癒するのを待つほうがいいのです。


ビル・ゲイツ

効果的な慈善活動を実現するには多くの時間と創造力が必要だ。それは、一つのビジネスを興す場合に必要な目標とテクニックと同じ類のものだね。


小林義雄(経営者)

伊藤園は一軒一軒のお客様と丁寧に接して、自動販売機一台もお客様と思っています。ですから、自販機に対しても当社はだらしない管理をすることはありません。台数などもしっかりと頭にたたき込まれています。


篠田法正

起業家になくてはならないものは「使命感」です。自分は何のためにこの事業を行うのか。そうした信念を常に意識し続けていると、身の回りのあらゆる事象から自分の事業にとって有効なヒントが飛び込んでくるものです。


丸山学

収益を生む仕組み(資産)を作れば後から自然に収入が生まれる。お金持ちは、最終的に儲けられる仕組みやビジネスを選択します。不動産投資はそのいい例。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

不完全だと思っているから、「完璧なもの」を描いてみたいですよね。最後に「描けたなー」と思うことが来るのかどうなのか。死ぬ一日前かもしれないし、そういうふうに思っていないと、そこには行けない。


松本晃(経営者)

経営者は、「目の前の今日」にも「遠くの未来」にも、目配りすることが求められる。マネジメントを任された立場なら必要です。私は時間とエネルギーを、「今後1年間のことに20%、その次の1年間に50%、2年後以降に30%」注ぐようにしています。


林修

調子に乗っているとか、ちゃらちゃらしているように見られるとか、ぜんぜんかまわないんですよ。そのあたり僕自身は冷静に見ているし、計算ずくでやっていることですから。


ページの先頭へ