ベルナルド・M・バルックの名言

ベルナルド・M・バルックのプロフィール

ベルナルド・M・バルック。米国の資本家、投機家、政治家。ビジネスで成功し、40年以上も大統領の経済アドバイザーを務めた人物。生涯引退はせず、90歳を超えてもなお死ぬまでパワフルに活動し続けた。公園のベンチで政府の問題について考え事をする習慣を持っていた。

ベルナルド・M・バルックの名言 一覧

私にとって「年寄り」というものは、常に自分よりも15歳年上の人を意味する。


ベルナルド・M・バルックの経歴・略歴

ベルナルド・M・バルック。米国の資本家、投機家、政治家。ビジネスで成功し、40年以上も大統領の経済アドバイザーを務めた人物。生涯引退はせず、90歳を超えてもなお死ぬまでパワフルに活動し続けた。公園のベンチで政府の問題について考え事をする習慣を持っていた。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

リーダーシップという点でも、失敗や挫折の経験が役立つことがあります。そうした経験をすると結果的に、「仕事で他の人の手本となり、助言・指導をする」メンターとしての役割を学ぶことができる。


荒川詔四

モノづくり企業としてギブアップしてはいけない。コストが成り立たないといって安いところでつくって、日本はマーケットだということでは、我々のアイデンティティがなくなってしまう。メーカーとしてこだわっていきたい。


田原総一朗

僕が会った優れた経営者は、人の話をよく聞くタイプが多かった。


桂三枝(6代目桂文枝)

僕のライバルは「やすし・きよし」だったんですよ。向こうは漫才で、こっちは落語だけど、とにかく負けられないと。それこそ枕元に紙を置き、寝ながらでもギャグを考えたし……。


池谷保彦

地域に根差して成長してきた会社の優れた部分は残しながら、グループのシステムを共有し、規模拡大のスケールメリットでコストダウンを可能にしていきます。単純な統合とは違うハイブリッドなシナジーを出していきます。


久保順平

変化に臆してはいけない。伝統は時代ごとの革新の積み重ねで生まれる。


石黒和義

これからの前人未到の未来社会を見据えて、企業の戦略展開を行うためにも、トップ自らが日本の置かれた状況と近未来に確実に起こる事実を正確に理解することが求められるのは言うまでもありません。


北尾吉孝

やる前から「危ない」、「リスクが高い」などという議論をしている暇はない。


筒井義信

お客様のニーズを機敏に捉え、それに応じた提案をするためには、双方向のコミュニケーションを強化していく必要があります。


堀場厚

いまはリーマンショック後に仕込んできた新製品が出てきている。景気がいいときは既存の製品を改良し、量産することが顧客満足度向上につながる。逆に悪いときほど次世代技術や生産性向上へのニーズが高まる。環境が厳しいときでも開発投資は減らすべきではないと考えている。


小林佳雄

私は中学生の頃から飲食業界の専門誌を読んでいましたし、情報は持っています。セミナーや勉強会にもたくさん通いました。しかし、私だけが多くのことを知っていても、知識を共有しきれず、頭でっかちな企業になってしまいます。そこで、セミナーにはあえて自分が行かず、役員に行ってもらうなど工夫するようにしました。もし情報量が一緒ならば、出てくる答えに差が無いはずです。社長が朝令暮改をしたら、旧来の組織ならば不満が生じるでしょう。でもトップと同じことを知っていれば納得できる。納得できなかったとしても、朝令暮改をした理由を尋ねるのが社員の仕事です。一般的には黙って従うべきかもしれませんが、それを弊社では是としません。


小室淑恵

残業が減らない原因のひとつは、じつは社員が帰りたがっていないということです。「残業したほうが人事評価がよくなる」、「残業代が必要」だからです。しかし、効率悪く働いた結果残業が増えた社員を「頑張った」と認めて残業代を払っていたら、会社は生産性の悪い社員を優遇することになり、この先の発展は危ういでしょう。


市江正彦

当社はもともと革新的な航空会社だったけれど、前社長のカリスマ性が強すぎて社員はイエスマンになっていた。クリエーティブな意見を引き出し、社内の風通しを良くしたいと思っています。私も社員との対話を重ねています。


中村真一郎(経営者)

理論はすばらしいが、実際の物流を組む事ができない会社は山ほどある。我々はむしろ物流こそが本領であり、社員もセンターも物流業での経験値を持っている。だからこそ、鮮度の高い食品が提供できる。


大坪速男

努力なしに運はついてきません。諦めず目標に向かって一歩一歩前向きに進めることが大切です。


ページの先頭へ