名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ベガス味岡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ベガス味岡のプロフィール

ベガス味岡、べがす・あじおか。日本の通販マン、通販コンサルタント。東京都出身。成蹊大学経済学部経済学科卒業。ディノス勤務、寿司職人などを経て通販マンに転身。通販番組に出演し、独特の語り口で多くの商品を販売した。

ベガス味岡の名言 一覧

人を説得する時に大切なのは言葉よりも動き。


商品を手にする時は、大事な子供を抱きしめるように持つこと。テーブルに置いて説明するよりも売上げが2倍は違う。


「安い、安い、ホントに安い!」のように、強調したいフレーズは3回繰り返すと、視聴者も「そんなに安いんだ」と納得してしまう。


僕よりも喋りや説明がうまい通販マンはいくらでもいますが、僕は笑顔とアクションで勝負することにしました。自分のスタイルをしっかりと貫けば、不況なんか怖れることはありませんよ。


通販マンになったばかりの頃は酷かったです。テレビ番組では緊張してろくに喋ることもできず、商品はたった3個しか売れなかった。借金と在庫の山を抱えて途方にくれました。そんな僕が変わるきっかけとなったのは、行きつけのオカマバー。「あんたね、テレビなんだから動かないと。それに真面目にやったって面白くないわよ。どうせ出るなら、出入り禁止になるくらいやっちゃいなさい」とママがアドバイスしてくれたんです。そこで、景気つけで本番前にビールを煽り、美白パックを塗ったまっ白な顔で収録スタジオへ。それで身振り手振りを大きくしてオカマ口調で毒舌を吐きまくっていたら、注文が殺到したんです。「これだ!」と思いましたね(笑)。商品が売れるのは、売り方だと気づいたんです。


ベガス味岡の経歴・略歴

ベガス味岡、べがす・あじおか。日本の通販マン、通販コンサルタント。東京都出身。成蹊大学経済学部経済学科卒業。ディノス勤務、寿司職人などを経て通販マンに転身。通販番組に出演し、独特の語り口で多くの商品を販売した。

他の記事も読んでみる

中村久三

自由闊達に議論すれば、社内にどんな技術があり、ほかの部署のメンバーが何を考えているのかがよくわかります。戦略研究会は「結論を出さなくていい」会議なので、通常の社内会議よりも自由にモノが言えます。みんなの知恵を集めて議論すれば、どのような分野で次のイノベーションが起きるかが見えてきます。


佐藤有美(経営者)

会社はいろんな人がいて成り立っています。でもバラバラではうまくいかない。社長と社員が同じ方向を向いたとき、初めて大きく成長する。


宇佐美進典

業績改善のために最初にコスト削減に手を付けてしまうのは、どうしても最終利益に目が行ってしまうからでしょう。しかし、本質的には事業の成長は粗利益の成長だと思うのです。だから、ここをどうしていくかというところから取り組まないといけません。トップライン(売上高)が伸びなくなってしまうと、立て直しが非常に困難になりますから。


若林正恭

ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ。


一戸敏

当社では「エージェントスピリッツ」という10の行動指針を掲げています。ただし、言葉だけではお題目で終わってしまいます。社員たちに意識を浸透させるには、日々の活動の中で熱心に助言する人間が必要です。だから、私自身が社員一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているのです。


山口信博

何を贈るにしても、大前提にあるのは相手を思いやる心。


内永ゆか子

外国語は流暢である必要はありません。大切なことは、アイデンティティを自覚し、自分自身について、あるいは自国について、意見を相手に伝えることです


安田正

交渉するとき、情に訴えたり同じ方法ばかりにこだわる人は多い。別のやり方に変えるだけで、OKをもらえる可能性はグッと高まる。


平野信行

リアルエコノミーに貢献することが、金融グループ本来の仕事でしょう。我々は黒子に徹して、貢献していきます。


茂木健一郎

脳を活発化するには弱点を克服したという成功体験を持つこと。私の弱点は人見知り。克服した頑張った結果、いまでは初対面でも普通に対応できるようになりました。


小池百合子

環境大臣時代、私は「クールビズ」を提唱し、夏場の企業や官公庁において服装の軽装化を目指しました。高温多湿な日本の夏にスーツとネクタイで身を固め、反対にオフィスは冷房でキンキンに冷やす。そんなかつての状況は、地球温暖化対策に反する以上に、なにより快適ではありません。それでも社会通念上、我慢するしかないと思い込んできた人々の意識も、社会全体で取り組んだ結果、大きく変わりました。同様に、満員電車は仕方ないというコンセンサスも、工夫次第で十分に変えることができるのではないでしょうか。


こだま(作家)

次はエッセイのほか、小説を書く予定です。身の回りの出来事から少し離れ、新たな挑戦になりますが、言葉や体裁を飾らずに書いていきたい。少数派の気持ちをわかりやすい文章で、読んだ人の心に届くように。一作目が『夫のちんぽが入らない』だったので、何を書いても「前ほど怒られないだろう」と思えるようになったのは得です。