名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヘーゲルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘーゲルのプロフィール

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル。ドイツの哲学者。ヴュルテンベルク公国シュトゥットガルト出身。ギムナジウム校長、ハイデルベルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。

ヘーゲルの名言 一覧

幸福で安全だった時代は歴史のうえでは白紙になる。


この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。


歴史はほかの何にもましての現実だ。


偶然的なものとはホコリみたいなもので、田舎にも町にも舞っているが、田舎や町を本質に変えはしない。


理性的なものは現実的であり、現実的なものは理性的である。


ヘーゲルの経歴・略歴

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル。ドイツの哲学者。ヴュルテンベルク公国シュトゥットガルト出身。ギムナジウム校長、ハイデルベルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


木村尚敬

部下をやりこめるときに使う論理は、社内の閉じた論理ではいけない。これまで生き残ってきただけあってミドルは社内の論理に精通しているが、若手にはピンとこない。むしろ外でも通用する普遍性を持った論理でなければ、説得力を欠く。普段から外部の人とコミュニケーションを密にするなどして、視野狭窄に陥らないように注意したい。


高田明(ジャパネットたかた)

その歳に応じた夢を持ち続けることが大事。


石坂典子

原動力はこの仕事に対するプライドですかね。この業界はどんどん変わっていきますが、一方で規制産業、設備投資するのも住民の同意をもらってきてくれといわれてしまう。で、住民さんはわからないから反対しがち。すると新しい設備投資ができない。いま、新しい破砕機を一台入れたいと。農業機械のクボタさんがつくった機械なんですが、入れたいといっても前例がないからと許可がもらえず、いま5年目に入ります。時代の変化と廃棄物処理の技術変化が伴っていないのが現状です。それでも前を向いていきたい。いま、四大卒で他の会社の内定をもらっているのに入社してくれた社員がいます。見学会など経営の公開で会社の評価が変わってきている手応えがあります。


カルロス・ゴーン

他人からプレッシャーをかけられたときよりも、自分で自分にプレッシャーをかけて働いている方が、人は遙かに大きなことをやってのける。


盛田昭夫

協調を叫ぶなら、自らの痛みも覚悟しなければならない。


トム・ケリー(IDEO)

当社では失敗したら罰するのではなく、行動を起こしたこと自体を評価するようにしています。今日、どの業界でも進化し続けることが必要です。コストが安い、もしくは魅力的な製品をつくる企業は次々に出現してくるものです。そういった状況下で生き残るためには、失敗に対する意識を組織的に変え、チャレンジできる仕組みづくりをしていかなければなりません。


栗山英樹

チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。


井上雅博

アメリカでこのサイトが流行っている。韓国では大勢の人がこれを使い始めている。などと聞けば、必ず自分で利用してみます。「多分たいしたことないだろう」と先入観は持ちません。流行っていること自体、必ず何か理由があるはずです。問題なのは、自分が理解できるかどうかです。どうしても面白さがわからなかったら、他の人に尋ねます。


石井一久

一瞬だけ力を発揮して結果を出すことは、誰でもできると思うんです。でも、平均的な力を継続して出すのは難しい。チームが求めるのは、その「安定感」だと思います。


内藤誼人

心理テクニックなどに頼る以前に、誰でも超簡単に職場の人間関係を改善できる最強の心理的アプローチがあります。それは「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」の3つ。想像してみてください。「○○さん、お疲れ様です」といつも笑顔で名前を呼んで挨拶してくれる相手を嫌うことはできますか? その人が頼み事をしてきたら、なんとか力になってあげたいと思うでしょう。「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」は心理テクニック以前に人間関係をよくする土台。これをせずして、テクニックだけを学んでも、人を動かすことはできないのです。


三木谷浩史

世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。そう僕は信じている。歴史はそうやって進歩してきたのだから。