名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヘンリー・ジョージの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘンリー・ジョージのプロフィール

ヘンリー・ジョージ。19世紀アメリカの作家、政治家、政治経済学者。15歳で船乗りになり1年程世界を巡ったのち、新聞社に印刷工として就職。その後、同新聞社で記者、編集者を経て社主まで出世をする。貧困と格差社会に危機感を感じ調査研究の末『進歩と貧困』を出版。同書は300万部を超える大ベストセラーとなった。主な著書に『進歩と貧困』『我々の土地と土地政策』『保護主義か自由貿易か』『政治経済学の科学』

ヘンリー・ジョージの名言 一覧

人々を奴隷化するものは王侯貴族ではなく、地主や資本家でもない。人々を奴隷化するものは、人々自身の無知である。


富を得る方法は3つしかない。勤労と嘆願と窃盗である。だから、あまりにも多くの富が乞食や泥棒の手に渡っている。


無鉄砲な変革は危険だ。しかし、盲目的な保守主義はもっと大きな危険をはらむ。


ヘンリー・ジョージの経歴・略歴

ヘンリー・ジョージ。19世紀アメリカの作家、政治家、政治経済学者。15歳で船乗りになり1年程世界を巡ったのち、新聞社に印刷工として就職。その後、同新聞社で記者、編集者を経て社主まで出世をする。貧困と格差社会に危機感を感じ調査研究の末『進歩と貧困』を出版。同書は300万部を超える大ベストセラーとなった。主な著書に『進歩と貧困』『我々の土地と土地政策』『保護主義か自由貿易か』『政治経済学の科学』

他の記事も読んでみる

佐藤可士和

今回(三井物産の社章刷新で)、僕がやったのは主に3つ。「できるだけ多くの社員の方に話を聞く」「ビジネスの現場を見る」「三井物産の歴史を勉強する」です。社員の方々が自分の会社や社章に対してどれだけ思い入れがあるのかは、何にも増して知りたいこと。それから、僕には馴染みが薄い、BtoBのクライアントの現場も見たい。伝統のある「三井」という企業グループの歴史を学ぶことも必要です。実際に調べてみると面白くて、エピソードには、事欠かない。こうして9か月かけて集めた情報が、デザインの方向性を決めるための検討材料になるのです。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

情報を集めて、過去はこうだったけど、将来はこうなるかもしれない、という直感を働かせることが大事。


小坂敬

経済も日常生活も同じで、全体をより良くすることで、自社も、自分自身も良くなっていくもの。三方よしが理想であり、みんながより良くなる道を選ぶことが大切。そうでなければ、負のエネルギーはどんどん大きくなってしまう。


蟹瀬誠一

企業などの組織に属していても、仕事をバリバリこなしつつ、いざというときには仕事より家庭を優先することも構わないはずです。それなのに、日本のビジネスマンは常に会社に縛られているイメージが強いのはなぜでしょうか。他人からネガティブに見られることを過度に恐れている人が大半なのではないでしょうか。他人の目を気にして周りに合わせているのであれば、それは非常にもったいないことです。判断力が欠如しているととられても仕方がありません。


藤田晋

信用が得られると本当に仕事がやりやすくなります。私は今、動画関連事業で世界に例がないものを作ろうと必死になっていますが、社員は「社長が言うのなら」と私の判断を信じてついてきてくれています。当然、イケるとは思っていますし、実現するために全力を尽くしますが、それができるのも「信じ合う力」があってこそだと思っています。


鳥原隆志

少し先を見越しながら同時並行で仕事を進めていくには、仕事を静止画ではなく動画で捉えてみると効果的です。企画書作成を例にすると、フォーマット作成という作業だけを静止画のように切り取るのではなくて、「フォーマットを作成したら上司への確認が必要だな」「上司に確認してもらうには、上司のスケジュールも把握しておいたほうがいいな」のように一連の流れで考えるのです。このように動画でとらえることで、相手の都合などで作業が中断したり滞りそうなボトルネックがみえてくるので、そのタイムラグを見越した段取りを組めるようになるはずです。


木川眞

創業者イズムは絶対に残さないといけないし、今後もずっと守り続けていきます。ただ世の中は常に変化し、お客様のニーズも変わり続ける。それに応じたサービスを提供しなくてはならない。


町田勝彦

ブランドは無形の財産だ。開発技術や生産技術、デザイン、知的財産、特許などと同様、バランスシートには載ってこない。だが、この無形の財産の価値を高めなければ企業価値を高められない。強いブランド力を持たない企業は、生き残っていくことが難しい。


横田雅俊

営業マンには売れ出すきっかけがある。そのことが今回、1000人のトップセールスマンを対象にしたアンケート調査から明らかになった。数多くのトップセールスと接してきた私の経験からいうと、どんなに優秀な人でも、入社後いきなり売上トップに立つということはありえない。同期入社組の成績は、最初の数カ月は横並びだが、一年ほどたつと、売れている人と売れていない人との差がはっきりしてくるという傾向にある。


石田淳(コンサルタント)

ミスを連発する部下に対しては「これくらいは、コイツでもわかるだろう」という思い込みを捨てること。その上で、マニュアルを作るといいでしょう。一度マニュアルにすれば、部下が自分でそれを見て、仕事を進められる。あなたが何度も指導する手間がなくなるんです。


アルベルト・ザッケローニ

代表選手の選考に当たっては、4つの基準を設けています。「個性」「身体能力」「技術」そして「戦術」です。自律性は個性に含まれるでしょうが、もちろん重視しています。サッカーはチームスポーツであるとともに、個の局面も強いので、自分で適切な判断を下せる力が不可欠です。当然、そういう力に優れた選手を選んでいます。それに加え、年齢に関係なく向上心を持っている選手を評価しています。


小池百合子

会社人間が評価される時代はもう終わり。これからは短時間で効率よく仕事ができる男性こそが「デキる男」と評価されるべきです。雇う側も働く側も思い切った意識改革が必要ですね。