名言DB

9429 人 / 110879 名言

ヘロドトスの名言

twitter Facebook はてブ

ヘロドトスのプロフィール

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

ヘロドトスの名言 一覧

人間死ぬまでは幸運の人とは呼んでも、幸福な人と呼ぶことは差し控えなければなりません。


ヘロドトスの経歴・略歴

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

他の記事も読んでみる

本田圭佑

自分が交渉にも出ていくし、今僕は企業のトップと直接会うようにしている。誰かを介すると、ビジョンも熱意も伝わらない。


鈴木おさむ

22歳前後の頃のことです。僕はあるラジオ番組をレギュラーでチーフ作家として担当するはずでした。しかし、後日、別の先輩作家がその番組を担当すると知りました。先輩は僕にこう告げました。「自分はあの番組をやりたかったから、ディレクターに直訴しに行ったんだよ。この業界は、やりたいと言わないと盗られるぞ」と。聞いた瞬間は、ぶっ飛ばしてやりたいと思いました。でもその忠告のおかげで、僕も変わることができ、数々の仕事を得てきました。


小久保裕紀

どう生きるかは自分の考え方ひとつ。逆境に陥った時こそ、様々な知識を得ようと謙虚になれる。それが、成長につながる大きな吸引力になる。


桜井章一

勝ったり儲けたりしても、精神の幸せにつながるとはかぎらない。私は人生の成功者と言われる人たちから相談を受けることがあるが、見た目の華やかさと違って、内実はボロボロであることも多い。彼らの悩みを聞いていると、勝ったことが不運だったのではないかとさえ思えてくる。


安藤文男

会社の基本は人ですから、人の良さをできるだけ引き出してあげるような仕組みをつくっていきたい。


藤田弘道

バブルの時代には、本業以外絶対に手を出しませんでした。それでバブルがはじけて本業以外に手を出した企業は相当痛い目にあいました。でも、わが社の進むべき道はデジタル化を迎えて印刷というコア技術をどのように利用して、その市場の変化に対応するか。ほかの事業に手を出さずに、印刷会社は印刷技術をどう利用して、事業を確立するかということが経営の基本だったと思うんです。


橘フクシマ咲江

ヘッドハンティングは、その人が「優秀か否か」を判断・評価する仕事だと思われがちですが、実は違います。企業と人材とを引き合わせる際に考えるのはマッチングです。長所、短所、まだ発揮されていない能力といった、その人の適性をトータルに見て、顧客企業のニーズに合うかを考えます。「こういう学歴や職歴を持っているから、こういう人に違いない」という決めつけでは、真の適材適所のマッチングはできません。この視点は、すべてのコミュニケーションに不可欠です。勝手な判断や先入観を持たずに相手と向き合うことが、相手を尊重する態度の基盤と言えます。


糸井重里

時価総額が上がるのは結果であって、それが目的じゃない。


山口拓朗

雑談のときに何を話していいかわからない、ネタがすぐ尽きてしまう……。そんな悩みを持ったら、まず「何のために雑談をするのか」という基本に立ち返ってみましょう。雑談の目的は、「リラックスした雰囲気づくり」にあります。初対面の相手と打ち解けたり、商談の場面で緊張をほぐしたり。いずれも、気軽な会話によって場を和やかにすることを目指すものです。そう考えると、話題選びのコツも見えてきます。居合わせた人同士が、そのとき・その場所において気持ちを共有できる話をすればいいのです。


井口尊仁

ものは考えようで、日本人の下手な英語って意外に有利。プレゼンでの英語は下手なぐらいでいい。その方がウケるし、一生懸命に聞いてくれる。逆に流暢にしゃべったら右から左。正体不明の日本人が、意味深な話をしているから、彼らもパソコンを閉じて「おお、何だ」と注目してくれる。