名言DB

9490 人 / 112001 名言

ヘロドトスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘロドトスのプロフィール

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

ヘロドトスの名言 一覧

人間死ぬまでは幸運の人とは呼んでも、幸福な人と呼ぶことは差し控えなければなりません。


ヘロドトスの経歴・略歴

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

政府が間違えると国が亡ぶ。


藤原和博

キャリアの複線化は、ビジネスパーソンにとっての憧れや夢なんかではなく、安全保障だと僕は思っています。


麻野進

いまの自分が会社に何を求められているかを見極めないと、有能社員が一転お荷物社員になることもある。


西出雅弘

20年、30年先を考え、建物のポテンシャルを上げておくことが重要。賃貸マンションの建設にあたっては「利回り」のみを重視した事業はお勧めしません。それはあくまで建築費や賃料、金利などから結果として導き出されるもの。利回りから逆算して、建築費や賃料を設定するのは本来ではありません。まずは、入居者から選ばれ続ける建物をしっかりと企画し、そのうえで土地の周辺環境や人口の流出人の動向などをリサーチしながら長期的なプランを立てることが求められます。


進藤晶弘

ハイテク分野の何よりの武器はスピードです。大企業は人を育て、開発をし、生産して、販売やサービスをするというプロセスをすべて自分のところでやります。そうすると、たいへんなお金がかかる。事実、工場を持ったり、販売チャンネルをもったりすると、大量の人を抱えて大量の投資をすることになる。これは大変な負担です。


山田いずみ

重要になるのが「イメージする力」。様々な条件を想定し、それぞれの状況で自分にとってベストなジャンプをイメージできる選手は強い。世界のトップ選手はそうした力を備えている。


成毛眞

趣味がお金を稼げる域に達するには、時間がかかります。特別な技術や経験は、時間をかけなければ手に入りません。以前、同時通訳者の烏飼玖美子氏が「日本人でも、3000時間も英語に触れれば、日常会話はできるようになる」と言っていました。趣味も同じぐらい時間を費やせば、ものになるでしょう。だから、できるだけ早く、40代から始めたほうが良いのです。趣味を通じて、おのずと仲間も増えるし、健康にもなる。あくまで主観ですが、趣味に没頭している人は、みんな元気です。今の生活に潤いを与える意味でも、何か始めることをお勧めします。


嶋田毅

成功者ばかりを見て成功の理由を挙げてしまうのは、典型的な偏った根拠の例です。成功した者と失敗した者の典型を拾ってきて、その差はどこにあるのかという分析をしっかりと行なえば、成功するポイントを抽出できますが、成功した者ばかりを見ていては意味がないのです。


小野寺佑太

言葉の意味を深く考えて使うようになりました。最近は講演や執筆にも活動の幅を広げていますので、なおさらです。意味とともに、言葉にこめる心も大切にしています。たとえば「ありがとうございます」というとき、どんなに腰を低くして見せても、そこに心がなければ言葉も態度も相手の心には響かないでしょう。私のほうも「ありがとう」と言ってくださるお客様の、心を受け止めます。


徳光正子

初代伊助のころから、花外楼に受け継がれてきた料亭の理念。それは「誠実」というひと言に尽きると思います。伊助はとても実直な人で、ごひいきの政治家の方が「これ、お前にやろう」と戦利品を譲ってくださろうとしても、いっさい受け取らなかったといいます。そんな物をいただいたら遺恨が残るだろうと。ふつう権力を持つ人と知り合ったら、それを利用し、便宜を図ってもらおうとするものですが、伊助はそれが嫌いだったのです。反骨精神もあったかと思うのですが、とにかく潔癖で誠実。そうであったから、維新の志士たちも心を許し、ここなら大丈夫と、花外楼を常宿にしてくださったのでしょう。


林野宏

日本信販やJCBなどの先駆者に伍して10年で日本一のカード会社になろうという目標を立てました。当時のトップはJCBで、これを10年で抜くには月に10万人の会員を集める必要がある。そのためには従来の発行基準を破るしかありませんでした。


玉川憲

日本IBM東京基礎研究所で、ウェアラブル、つまり身につけるコンピューティングの研究をしていました。じつは最初はそれが嫌で、ハードウェアではなくソフトウェアの研究をしたいと所長に直訴しました。所長から「3年やらないとわからないから、とりあえずやってみなさい」と諭されました。素直に従って一生懸命やりましたが、結果的に正解でした。腕時計型のコンピュータは、電気回路からソフトウェアの設計まで込み込みです。いま私たちがやっているIoTも、ハードとソフトの両方が必要。あのときハードの経験をしていなければ、いまIoTで起業していないと思います。