ヘロドトスの名言

ヘロドトスのプロフィール

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

ヘロドトスの名言 一覧

人間死ぬまでは幸運の人とは呼んでも、幸福な人と呼ぶことは差し控えなければなりません。


ヘロドトスの経歴・略歴

ヘロドトス。古代ギリシアの歴史家。小アジアのハリカルナッソス出身。きちんとした形で残っている欧州最古の歴史書『歴史』を書いたことで歴史の父と呼ばれている。ペルシア戦争後、諸国を周り全9巻にわたる『歴史』を書いた。『歴史』は物語として書かれ、読み物としても面白いため現在でも読み継がれている。

他の記事も読んでみる

上川隆也

オリンピックは見ないし、ワールドカップなんかも、僕は見ません。それは興味がないからですよ(笑)。変人? うーん、どうなんでしょう……。ただ、いくら変人扱いされても、芝居以外に心を傾けるものがないというか、芝居をやらせていただいているだけで、相当な部分で満足できてしまうんですよ。だから、ほかのことは「もう、いいや」って。


守島基博

人が仕事をするモチベーションにはいろいろなものがある。そして、そのなかには、個人的なものもある。強い思いや志を持つことば、サラリーマンとしては決して、悪いことではない。だが、それが最も大きなモチベーションの源泉になると、企業としては恐怖を抱く。サラリーマンである以上、最終的には、会社の利益を優先してくれないと困るのであり、私憤の大きさのあまり、判断を誤ってもらっては、困るのである。


朝田照男

現場を踏んだ経験を持つ社員が丸紅の財産です。経営を支えているのは現場なんです。


小泉純一郎

「原発ゼロ」になるのが、30年後なのか、50年後なのか、それとも100年後なのか。その点に関しては議論の余地があると思っています。急速に原発ゼロを推し進めることで、日本の経済成長に歪みを生じさせてしまうようであれば、ある程度の時間をかけて徐々に減らしていく方法もあるでしょう。何年後に原発をゼロにするのか、ということに関しては、私はあまりこだわっていませんし、こだわるべきでもないでしょう。しかし、将来的に原発をゼロにしていくという方針に関しては、早い段階で固めたほうがいいと思っています。そのほうが、代替エネルギーの開発にも早く着手することができますし、原子力発電に依存しない体制に国民も企業も早く転換していくことができるでしょう。


藤田晋

サイバーエージェントを設立したころ、インターネットに関する専門知識がなかったので、その勉強もしなければなりませんでした。営業先で知らない専門用語が出てきたら、さも知っているような顔をしながらすかさずメモ。帰社後、それを必死に勉強していました。ネットの世界は変化が激しいので、「じっくり勉強・検討してから行動」では駄目なんです。勉強・検討が終わったころには、すっかり環境が変わっていますから。


枡野俊明

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。


山内宏

狷介(けんかい。頑固)で人付き合いの悪い私にとって大蔵省は働きやすい場所でした。20代のころ、上司とのちょっとした言葉の行き違いが元で、一週間の間に3つの課をたらい回しにされたり、地方の出先で中央の徴税方針と違うことを強行したりした私でも、結局局長まで居させてくれた。敗者復活有の組織でした。


植木義晴

私が心を砕いたのは、20人ほどのJALの経営陣を、経営再建に向けてどうやってひとつにまとめていくか。まずはこの20人がひとつにならずして、会社がひとつになれるわけがありません。


金田一秀穂

いわゆるデキる人というのは、そう簡単に本音では話していない。むしろ、建前を「本音っぽく」話せる人ほどうまく人の心をつかんでいる。それは、相手の本音を代弁できているということなんです。


三田紀房

「お金で幸せは買える」というのが私の意見です。サラリーマンを辞めて家業の洋服店を兄と一緒に経営していたときには、「明日仕入れ先に支払う金がない」という状況に何度も追い込まれました。その時の家の中といったら、並みの神経では耐えられない空気に包まれます。この状況から抜け出さなくては、と漫画を描き始めたのがいまの私につながります。店のレジに現金があれば、ビールも美味しく飲めたし、家族も明日頑張るぞと燃えた。お金があれば、幸せを味わえるのです。


小川賢太郎

人が育つ土壌は会社が準備をする。文化や空気というものは会社の責任になりますが、みんなが自動的に育つのかというと、そうではありません。やはりトップから始まって社員が自ら勉強していくことが大切だと思います。


澤田秀雄

運は企業にとっても個人にとっても最も大切な要素です。会社がうまくいくかどうかは99%、運で決まると思います。ただし、運はリーダーと幹部によって変えられる。運は避けられないものですが、「運ぶ」とも読むように、運び方によって変わってきます。例えば、運のいい一流企業と取引すれば自社の業績も良くなるものです。


箭内道彦

リセットするチャンスは案外多いはずなのに、それをあまり自覚していないんですよ。小学校から中学、中学から高校、そして大学に進んで上京する際には、短いスパンでリセットのチャンスが訪れていた。就職するとチャンスが激減するようにも思えますが、異動だの長期休暇など、ちょこちょこあったはずなんです。チャンスをつかまえる自覚があれば、寝て起きるだけでリセットできます。


青崎済

正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


安田弘

今も昔も、日本でも、英国でも、米国でも、必ずしもお金持ちという意味ではなく「いい家庭」では、必ず家庭で教育をしている。


ページの先頭へ