ヘレン・フォン・ライスの名言

ヘレン・フォン・ライスのプロフィール

ヘレン・フォン・ライス。スウェーデン人経営者。「イケア・ジャパン」社長。スウェーデン・スコーネ県出身。ルンド大学卒業後、イケアに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。

ヘレン・フォン・ライスの名言 一覧

私が社長として重視しているのはスタッフたちと直接、話し合ってお互いの意見を交換すること。


自分の思い込みではなく、他者の声や市場の実情に耳を傾けないといけない。


聞く側として相手の意見を尊重することの大切さを実感したのは、商品カタログ製作のプロジェクトリーダーを任されたときでした。米国市場向けのカタログの出来が悪いとマーケティング担当者に指摘され、米国の家庭の生活実態を再調査することになりました。改めて調べてみると、カタログ製作拠点があるスウェーデンと米国の家は一見似ていますが、実態はかなり違うことに気付かされました。それに合った家具やインテリアを提案するようにカタログの内容を変えたところ、大変好評でした。


大学生時代、アルバイトとしてイケアの店舗で働き始めました。仕事が気に入ったのは、店長が私の意見を取り入れてくれたことがきっかけです。テキスタイルと呼ばれるカーテンの布などの売り場を担当していたのですが、荷物が多いお客様を見かけたら手が空いているスタッフが手伝ってはどうか、といった提案です。うまく役割分担したいという思いを、快く受け入れてもらえました。


ヘレン・フォン・ライスの経歴・略歴

ヘレン・フォン・ライス。スウェーデン人経営者。「イケア・ジャパン」社長。スウェーデン・スコーネ県出身。ルンド大学卒業後、イケアに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

日々改善することは極めて重要だけれど、その改善にははっきりとした目標がなければならない。まず何を改善すべきなのかを徹底的に分析しなければならない。そして目標を立てた以上は、絶対にその目標を達成しなければならない。


尾﨑正直(尾崎正直)

地産外商と言いましても、最初はそんなの無理だという反応がたくさんありました。そもそも地産そのものが、最も衰えていました。高知で優位性があるのは1次産業ですが、農林水産業の現場ほど担い手がおらず衰退が著しい。地産外商という理屈はそうかもしれないが、できない構造的な課題があったのです。ですから私たちの取り組みを一言で言えば、地産外商を阻む制約要因を取り払い、地力をつけたということです。


山添茂

やはり、若い人たちが夢を持ち、夢を語ることができるような環境が大事。


大橋光夫

人の上に立つ人間とは、どんな人間か。それは、人の痛みのわかる人ではないかと思います。本当の意味で人の上に立つ人というのは、人を見下している人ではダメなのだと思います。


小林大祐

とにかくやってみろ。やってから文句を言え。やりもしないで、本を読んだり人から聞いて、そうなりますとわかったようなことを言うな。


染谷光男

生鮮のトマトの横にトマトジュースを置いたところ、非常にうまくいきました。生のトマトとジュースが並んだ棚の前でどちらを買おうかと考え、最終的に、「ジュースの方が便利だし割安だ」との考えに至った人が少なからずいたようです。価格で消費者を吸引するだけでは、流通側にも利益は残りません。だからこそ、違った形で消費者にアピールすることは必要だと思います。


ショーペンハウエル

すべての人間は、他人のなかに鏡を持っている。


星野佳路

大事なのは地域らしさを出すこと、スタッフが楽しんでサービスを考え、トライすること。そうなれば、いずれは正解に辿り着き、チームも強くなります。


小宮一慶

たとえはオフィスを見るとき、僕は観葉植物を見るんです。植物が枯れていてもオペレーションには困らないけれど、植物にまで気配りが行き届いているオフィスなら仕事もきちんとしているというのが僕の仮説。確かにそれ自体は些細なことかもしれない。でも、どんなに情報量があって、情報をつかむことができる人でも、自分なりの仮説を立て、検証してみないと情報力はつきません。独自の視点を持てれば、それまで漫然と見ていた現場から価値のある情報が見えてくるんです。


小林喜光

社長に就任してまず手をつけたのが、伝統的な石油化学製品のリストラです。塩化ビニール樹脂やスチレンモノマーなど汎用製品の成長は、誰もが厳しいと「感じて」いましたが、関係者が多い主力事業であるため見直しの対象にはなっていませんでした。しかも、こうした事業は短期的には市況の変化などで黒字になることがあり、のど元過ぎれば熱さを忘れてしまう。そこで数字で攻めることにしました。今の体制のまま事業を続けた場合に発生する将来の赤字額を詳細に算出、経営会議にかけ、事業部に迫りました。数字によって具体的な議論になり、次々と撤退が決まっていきました。


前田新造

お客様志向は、資生堂が創業以来一貫して掲げてきた経営理念です。BC(ビューティー・コンサルタント、販売員)もお客様を美しくするために活動していましたが、活動がノルマ達成に奪われてしまうと、お客様の満足度が置き去りにされてしまうこともありました。資生堂が徹底したお客様志向の企業として再生するには、最前線でお客様と接するBCの意識が真っ先にあると私は考えました。
【覚書き|販売員のノルマ撤廃の理由について語った言葉】


阿久津聡

日本では、高い目的意識を持った優れた中堅企業も多いのですが、なかなかそれに見合った評価が得られていません。おそらく、ブランド理念の表現の仕方が抽象的すぎたり、コミュニケーション施策の中で他社との違いを上手く伝えられていなかったりするからでしょう。


高杉尚孝

交渉が自分にとって有利な結果に終わっても、相手先とシコリを残すような終わり方では良好な関係は築けません。大事なのは1度の交渉結果に一喜一憂することではなく、長く良好な関係を続けて、大きな利益を得ること。仮に交渉が合意に至らなくても「満足感のある決裂」であれば、良好な関係は維持できます。双方にプラスになる「生産的な落としどころ」を目指すべきです。


高城幸司

社長がすべて一人で決める会社で、社長が首を縦に振ればそれでいい場合は、根回しは必要ありません。社長に話をすればいいのですから。しかし、複数の意思決定者がいる場合は、根回しが必要でしょう。また、複数の意思決定者の視点が違う場合は、調整のための根回しが必要です。


歌田勝弘

企業理念の確立は、トップ・マネジメントの仕事。
【覚書き:社長は企業文化を作ることに腐心しなければいけないという自信の経営哲学を語った言葉】


ページの先頭へ