名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ヘレン・ケラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘレン・ケラーのプロフィール

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ヘレン・ケラーの名言 一覧

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。


安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。


結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。


もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。


人は考えたがりません。もし考えたならば、結論にたどり着かなくてはなりません。結論とは常に愉快なものであるとは限らないのです。


人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。


幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。


ヘレン・ケラーの経歴・略歴

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

他の記事も読んでみる

志賀俊之

グローバルに活躍する人材は、3つの要素を持つことが大切だと思います。ひとつはスピード感、二つ目は異なる意見や違う考え方を受け入れる多様性、三つ目はチャレンジ精神です。


林田英治

真のリストラとは会社をより筋肉質にすること。


澤口俊之

イノベーション力は若い人の方が優れていることは明らかなので、組織のためにも、彼らのアイデアは積極的に採りいれましょう。ただし経験が少ないため、彼らの言うことには妄想が含まれています。それをあなたの地頭力でカバーするのです。


伊賀泰代

マッキンゼーでよく言われるのが、「会議で発言がゼロの人はバリューもゼロ」ということ。ひとことも話さなければ、その人がいてもいなくても会議の結論は同じであり、その人の付加価値はゼロです。会議に参加して「勉強になった」などと満足していることは許されません。


上野和典

「これをやろう!」と決断したときにすぐに投資しないと他社に持って行かれます。資金的には常に余裕がある状態を保っておきます。


松本晃(経営者)

「PB(プライベートブランド)=安値」という考えの時代からいくらか変わってきていて、より品質が良く、価格が高いものでも売れるようになってきています。メーカーにとってもそれほど悪くはないと思います。ほかの業界のOEMと違って、小売り側が在庫を持ちませんが、メーカーにとっては販促費がかからないのでPB商品の利益率の方が高いぐらいです。


ジョン・コッター

リーダーシップと変革はいつも一緒に語られるテーマで、私は両方について多くの本を書きました。それは、変化し続ける環境の方が、リーダーとして成長しやすいからです。


川西修

海外に関しては別の考え方を持っています。国内でも現在は米そのものよりごはん商品への移行が加速しています。既に2割の消費者はご飯は「炊く」のではなくすぐ食べられるレトルトを購入するほうに移行しています。レトルトは簡単、便利に加え、今やおいしい、安心安全と消費者が求めるすべてのニーズを満たす商品に成長しました。要は「お米」から「ご飯」の時代に突入したということです。炊くことから遠ざかってしまうと、なかなか、元には戻れませんからレトルトの取り扱いが、さらに増加することは避けられませんね。海外にも同じことが言えますから、加工した商品を輸出する方向性でとらえています。設備投資も精米工場から加工工場にシフトしていくことになりますね。


米山久

初めから理想論に終始しても、現実的な利益につながらなければ、相手は動いてくれないということです。理想について語るのは、実際に生産者の所得向上を達成してから。


寺田千代乃

人が生きていくうえで、何らかの生きがいを持つことは大切ですが、それにはまず手の届く目標を立てることが必要でしょう。ですから私はどんな小さなことでもいいから自分なりの目標を持ちなさいと言います。それをクリアできた時の気分を味わってほしい。それは次の目標へのステップともなり、ひいては生きがいにつながると思うから。


石原壮一郎

面倒ですが、厄介な後輩を根気よく育てるのは、自分が成長するチャンスでもある。先輩や上司として「初心者」のうちは、戸惑ったり悩んだりするのは仕方ない。大人の試練だと思って踏ん張りたいところ。


清宮俊之

儲かるかどうかといった短期的な視点ではなくて、ビジネスで何を実現したいのか、旗印をどこに置くのか、ここが定まっている人は挫折しないと思う。