名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヘレン・ケラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘレン・ケラーのプロフィール

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ヘレン・ケラーの名言 一覧

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。


安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。


結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。


もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。


人は考えたがりません。もし考えたならば、結論にたどり着かなくてはなりません。結論とは常に愉快なものであるとは限らないのです。


人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。


幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。


ヘレン・ケラーの経歴・略歴

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

他の記事も読んでみる

澤穂希

自分に対する噂や評判は必要以上には気にしない。信頼している人にわかってもらえればいい。知らない誰かの言葉に煩わされるのではなく、自分が掲げる目標に向かって、自分や家族、自分を応援してくれる人たちのために頑張っていきたい。


冨山和彦

世の中の不確実性やリスクが高い時こそ原理原則に立ち戻る。


塚越友子(水希)

成功したいなら、ある程度妬まれることは覚悟したほうがいい。


熊坂隆光

活字メディアの未来を悲観するという感じは持っていません。ある友人が、社長就任後「グーテンベルクが活字を発明して以来の大変な状況になっているらしいね。ご同情申し上げます」という内容の手紙をくれたのですが、私としては、新聞はまだまだ若いメディアだと思っています。つまり、やれることはたくさん残っているということです。


井上英明

私は1時間トレーニングした後は、同じくらいストレッチに時間をかけます。目に見える筋力より、見えない場所がここぞという時、役立つのです。


岡素之

総合商社の強みは総合力です。それを発揮するためにはチームワークが不可欠です。また、そのチームワークを発揮するために欠かせないのがコミュニケーションです。お互いがわかりあえないとチームワークは発揮できません。


青野慶久

業務提携の話を頂くことがありますが、一方的に話をまくし立てられた途端、たとえその内容が良くとも「この人とは組めないな」となる。一緒に仕事をするということは、コミュニケーションを重ねて、より良いものを作ることです。最初から話しまくる人は、その提案がすべて。でもこちらの話をい提案聞く人は、次にもっと良を持ってきてくれますね。


綿矢りさ

自分の外側に偉大なものとか救ってくれるものがいるのかもしれないけど、自分の一番奥にある輝きとか力が、実は一番すごいんじゃないかっていうのは20代後半から思っていて。そうは言っても誰かに憧れたり夢見たり、今の自分とは違うものを追っているところがあったけど、自分の中にあるものを大切にすることが、生きるコツなんじゃないかなって思い始めて。


山口佐貴子

記憶力のよさは、生まれつきのものではありません。では、覚えられる人と覚えられない人の違いは、どこにあるのか。最大の違いは、「なんのために覚えるのか」というゴールを明確に設定しているかどうかです。


村田諒太

人間は自分の行動や意思決定について、何かと理由をつけたがる。でも本当は逆で、「こうしたい」という感情や意思が先にあって、その後に自分を肯定するような材料をいろんなところから探してきて、もっともらしい理由をつけようとする。


若田光一

宇宙飛行士の仕事は、局面や状況に応じて、ある時はリーダーになり、ある時はフォロワーになるという柔軟性が欠かせません。一番習熟していることに関しては自分がリーダーシップを発揮し、他の仕事では自分がリーダーを支えるのです。


堀場雅夫

これからの日本企業は、人海戦術の綱引きではなく、頭脳で競い合う場面が増えるだろう。また、海外市場に比重を移すにつれ、様々な意味で日本型からの脱皮を迫られるだろう。そうした状況変化に対して新型の人材が必要だと思うのである。