名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ヘレン・ケラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘレン・ケラーのプロフィール

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ヘレン・ケラーの名言 一覧

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。


安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。


結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。


もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。


人は考えたがりません。もし考えたならば、結論にたどり着かなくてはなりません。結論とは常に愉快なものであるとは限らないのです。


人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。


幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。


ヘレン・ケラーの経歴・略歴

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

他の記事も読んでみる

ジョージ・バーナード・ショー

人間が賢くなるのは経験によるものではない。経験に対処する能力に応じて賢くなるのである。


小松易

デスクは作業する場であり、モノを置く場ではありません。デスクが作業する場なら、いろんなモノが視界に入ることで集中力や脳のパフォーマンスが下がるはずです。仕事の集中力を高めるためにも、デスクまわりは綺麗に片づけておいた方がいいと思います。


苦瓜達郎

当たった同じ手法で、また次にうまくいくというふうに考えていいかというと、それは違う。いつかすごいしっぺ返しを食らう。


秋元康

最初から目の前にあるもので何かを生み出そうとしても、予定調和になってしまう。


中村末広

私は最近、1・10・100の法則なんてことを申し上げているんです。技術者が頭の中で考えたちょっとしたアイデアがあります。そのひらめきを事業化するために、直属の上司や周辺の関係者を説得してみせる。これだけではまだ十分ではありません。本当に大きな成果を得るためには、大きな組織を動かして、製品を量産の軌道に乗せる必要がある。最初は1の力しかなかったひらめきが、10の力でプロセス開発・商品開発を行い、100の力で市場を説得してあらたな産業を生み出していく。だからこそモノづくりは楽しくてやめられない。


藤田和日郎

漫画家には自分の理想の表情とか、「こう描きたかった」が常にあって、それに近づける作業をしています。他人にはわからないかもしれないけど。


山内溥

ソフトの数量を求める時代は終わった。ソフトは現在の10分の1程度でいい。RPGがなければ駄目だとか、キャラクターを使用したブランド力に頼った売り方が必要だとか、大容量を活かした映画のようなソフトが必要だとかいう時代はもう終わった。


有馬利男

イノベーションを起こすには、3つの要素が必要だと考えています。まず、解くべき「矛盾」が設定されていること。その矛盾の克服に挑む社員に「情熱」があること。そして、その矛盾を解くための多様な「知」が集結されることです。


伊藤博(経営者)

行動規範は集合研修やOJT、昇級試験に出したり、さまざまな場面で伝えています。セコムはお客様からの信頼がすべてですが、鍵を預かることの責任とはどういうことなのか。入社時には真面目、正直であることが大切だと伝えています。くり返しさまざまな機会を通じて徹底しています。


佐々木正

米国でも1980年代後半に競争力低下が問題になりましたが、上手く立ち直りました。絶えず年寄りと若者が話し合い、縦の線で一緒にモノを作ろう、社会を作ろうとする環境があったことも一因といわれています。米国にはそういう組織が多い。


神田昌典

本を読んで得たことを人に語るという行為も重要です。人に語るためには自分自身が思考を整理しなくてはならないからです。そして、自分の意見に対する他の人の意見を聞くことで、その思考はさらに深まっていくのです。そして、こうした積み重ねによって、自分独自の視点が醸成され、イノベーティブなアイデアや知識を生み出せるようになるのです。


朝倉孝景(朝倉敏景)

とくに必要に迫られた場合のほかは、他国からやってきた浪人者などを、祐筆(文書をつかさどる役人)として採用しないほうがよろしい。