ヘレン・ケラーの名言

ヘレン・ケラーのプロフィール

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ヘレン・ケラーの名言 一覧

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。


安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。


結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。


もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。


人は考えたがりません。もし考えたならば、結論にたどり着かなくてはなりません。結論とは常に愉快なものであるとは限らないのです。


人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。


幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。


ヘレン・ケラーの経歴・略歴

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

他の記事も読んでみる

アルバート・アインシュタイン

この素晴らしい応用科学は労働を軽減し、生活をより豊かにしながら、なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。我々がそれを有意義に利用するにいたっていないからである。


堀川馨

自社ブランドの眼鏡を世界に売りたいと、1980年に初めて海外進出しました。英語を話せる社員を1人採用し、最初はシンガポールに6泊7日のパッケージツアーで乗り込みました。観光はせず、2人で現地の代理店に「うちの商品を扱って欲しい」と頼んで回ったのです。いまではアジアや欧米を中心に世界100カ国で自社ブランドの眼鏡を販売しています。「シャルマン」といえば、世界のメガネ業界で通じるブランドに育ちました。


家本賢太郎

場当たり的に仕事にぶつかるのではなく、目標を見据えたうえで、働き方を計算しながら調整できる人が、これから成長できる人材だと思います。


瀧川克弘

弊社の年間休日は140日ほどあります。長期の休みが明けた後は、初日からフル回転。皆、集中して仕事をします。十分休むことで、モチベーションが上がるようです。


米濱和英(米浜和英)

野菜の国産化を役員に提案したとき、出てきたのは懸念ばかりでした。野菜を国産に変えることに伴って増加するコストを試算すると、約10億円。当時の業績からすると、かなりの負担です。しかし、10億円分のコストを別に削減すればよいと、最後は独断で決めました。


田島弓子

一枚の紙に書き出せば、仕事の全体像をひと目で把握できる。


村田昭治

ビジョンだけでは仕事にならない。ビジョンは具体的な計画ができてこそ生きるのだ。


松本大

英語は理路整然と話せるけど日本語ではそれができない、という日本人はめったにいないですよね。まず、伝えたいことを日本語で、分かりやすい構成で話すことが大事。


星野佳路

私自身、これまで数えきれないほどの失敗を重ねてきました。失敗したことによって初めて自分の問題点や判断の甘さに気づくことができたし、「次回は同じことを繰り返さないようにしよう」と心がけ、判断力を進化させてきたと思います。


林野宏

商品ごとの差異が少なく、パイそのものが膨らんでいた時代は、各社はその力に応じてそのパイを分け合えばよかった。ところが、いまはスティーブ・ジョブズみたいな異端児が、他とは全然違うコンセプトで凄いものをつくり出すと、ウイナー・テーク・オール。全部持っていかれる。要は、イノベーティブな組織じゃないと生き残れないんです。


森田康

仕事がうまくいって成功した。これで完全だなどと思っては、それ以上の成長、発展はあり得ない。後は守るだけで、進歩の芽が育たなくなる。仮に完全無欠だと思っても、そこは大胆に切り捨てることが大切である。意識して切り捨てるのではなく、より完全無欠を目指して、試行錯誤を繰り返すことである。そのうちに、気付いてみたら初めのものはすっかり切り捨てて、まったく新しいものにすりかわっている。欠点を見つけては直しながら完全無欠を目指していくことが仕事であり、進歩への道でもある。


和田裕美

旅行の予定を立てたり、見たいお芝居のチケットを買ったり、または仕事でもワクワクするイベントを計画したりと、未来のその日までワクワクして待てるプランを仕込んでしまう。とにかく無理矢理にでも「未来にワクワクがある」という状況を作ってしまう。そうすることで目標ができて前向きになり、次第に心がワクワクしてきます。現状から楽しいことを探すクセがついて、ワクワクが増えていくのです。


天池源受

一にも二にも人材に尽きます。「天女の羽衣」が人気のおかげで急激な人手不足になっており、新しく仲間になってくれる方がまず必要です。加えて、当社にはこれまでなかった商品の企画・開発力を持った人材の育成も急務となっています。


生月誠

追い込まれないと行動できない、ギリギリになってからでないと動けない人たちは、間違いなく「完璧主義者」です。ゆえに、完璧にこなせる自信がないものには、手をつけることができないのです。完璧にやりたいので、こだわりが強いため遅くなってしまい中途半端に終わる。また、そのことがストレスになり同じことを繰り返す、堂々巡りをしているのです。逆に、さっと終わらす癖のついている人は、「そのときやれることをちゃんとやろう」という考え方をします。


久保正行

たとえ言いにくい提案だとしても、必ず結論から説明するべきです。石橋を叩いて渡るような言い方で、なかなか核心に入らない説明が、相手の心に刺さることはありません。


ページの先頭へ