ヘレン・ケラーの名言

ヘレン・ケラーのプロフィール

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ヘレン・ケラーの名言 一覧

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。

安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。

結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。

もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。

人は考えたがりません。もし考えたならば、結論にたどり着かなくてはなりません。結論とは常に愉快なものであるとは限らないのです。

人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。

ヘレン・ケラーの経歴・略歴

ヘレン・ケラー。米国出身の教育者。2歳の時に高熱をだし、聴力、視力、言葉を失ってしまう。教師アン・サリバンとの出会いによって人生が開け、のちにハーバード大学に吸収合併されるラドクリフ女子大学を卒業する。その後、身体障害者の教育と福祉に人生をささげた人物

ページの先頭へ