名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケのプロフィール

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ。プロイセンの軍人。のちにドイツ陸軍元帥。鉄道と電信に早くから注目し、軍事に積極的に利用した人物。物資、人員、情報の大量・高速移動を軍事に持ち込んだ人物。

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの名言 一覧

発令した作戦の結果を予測して、さらにその先のことまで計画をつくろうとするのはナンセンスである。かくあるべきと思い込んで、先の先まで詳細に計画するのは素人だけである。


ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの経歴・略歴

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ。プロイセンの軍人。のちにドイツ陸軍元帥。鉄道と電信に早くから注目し、軍事に積極的に利用した人物。物資、人員、情報の大量・高速移動を軍事に持ち込んだ人物。

他の記事も読んでみる

黒川茂

計画した数値にこだわり、年々落ち込む数字にまずは歯止めをかけたい。そして、単にITを提供するだけの会社ではなく、お客様の事業変革、事業創造に共に貢献できる会社として成長していける会社にしたい。


森本千賀子

電話とメールだけでは互いの記憶に残らない。せっかくのご縁を人脈につなげるには顔を合わせることが不可欠。


張富士夫

運動は、一生懸命努力すると、自分がだんだんうまくなってくるのがわかります。努力すると成果が出るということを体得することが大事です。


井筒和幸(映画監督)

カッコつけてるヤツなんてのはろくなもんじゃないよ。素直に「私はこれだけの男でございます」って言えばいいのよ。


魚住りえ

2回目に会うときもやっぱり準備が必要で、前回何を言ったかを覚えておくようにしています。初めて会ったときに何を食べていた、どういう人と一緒にいて、どの店にいたとか。数年ぶりに会った人に当時の話をすると、とても喜ばれます。


柴田励司

私の場合は演劇でしたが、自分の世界を狭く閉ざさず、いろいろなことを経験しておくことが重要です。組織で上に立つようになると、修羅場に対応しなければいけない。そこでは、知識や理論ではなく、人間としての器の大きさ、深みが問われることが多いのです。それを鍛えるには、いろいろなことに挑戦することが大切です。


木川眞

プラットフォームの事業者がほかのプレーヤーを排除すれば、長い目で見て指示されるプラットフォームにはなりません。我々がつくるのはあくまで土台であり、幅広いプレーヤーがその上にプラスアルファの機能を加えていく。土台の上に載るサービスが多いほどプラットフォームは強固になり、長期的に使われるものになります。


吉田たかよし

社交性はあったほうがいいかもしれませんが、全員にある必要はない。なくたってどうってことはないのです。自分の得意不得意を把握して、重荷は捨てればいい。


小笹芳央

リクルート時代、我々がやっていたコンサルティングは、年功序列型賃金から成果主義への移行であったり、人材採用であったり、ミドル層の教育研修といったものがメインでした。しかし、突き詰めていくとその先にある経営者の真の悩みというのは、社員の多様なモチベーションを束ねながら、いかに高めていくか。そして業績にいかにつなげていくか。これは会社の規模や業種問わず、共通した悩みであることが分かってきました。そこで14年間の経験を通して、これから企業にとって重要になるのは、設備とか箱モノなどのハードではなく、人材力であると思いました。人材力というのはホスピタリティであったり、アイデアであったり、モチベーションであったりするでしょう。そういうものが競争の源泉になるのではないか、という確信に変わったのです。


大山健太郎

従業員を育てるうえで最も重要視しているのが、コミュニケーション能力です。自分が何をしたくて、何を求めているのか。それをきちんと自分の言葉で述べられなければ、何もカタチになっていきません。コミュニケーション教育としては、毎朝の朝礼で「1分間スピーチ」を実施しています。職場において、持ち回りで1人が自分の考えを1分間で話すのです。業務の報告ではありません。テーマは時事ネタに関する考えでも、自分の夢でも構いません。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


川田達男

人の成長は興味深い。たとえば過去非常に優秀な人でも、5年経つと優秀でなくなったりする。一方、10年前は目立っていなかった人が、その5年後くらいから伸びてくる場合もあります。