名言DB

9419 人 / 110788 名言

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの名言

twitter Facebook はてブ

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケのプロフィール

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ。プロイセンの軍人。のちにドイツ陸軍元帥。鉄道と電信に早くから注目し、軍事に積極的に利用した人物。物資、人員、情報の大量・高速移動を軍事に持ち込んだ人物。

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの名言 一覧

発令した作戦の結果を予測して、さらにその先のことまで計画をつくろうとするのはナンセンスである。かくあるべきと思い込んで、先の先まで詳細に計画するのは素人だけである。


ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケの経歴・略歴

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ。プロイセンの軍人。のちにドイツ陸軍元帥。鉄道と電信に早くから注目し、軍事に積極的に利用した人物。物資、人員、情報の大量・高速移動を軍事に持ち込んだ人物。

他の記事も読んでみる

安田弘

私は外国人に親しい人が多いものですから、外国人から見て日本人の良いところ、悪いところを時々聞いています。国際的人材を育成するにあたって大事な視点です。


植木義晴

知識をそぎ落とすにはコツがあります。たくさんある知識の中から共通項を探し、自分なりの「ルール・オブ・サム」を作るのです。たとえば、いくつかの空港へのフライトを行なうとして、それぞれの空港に複数の滑走路があれば、数百通りもの進入経路・方式を頭に入れなくてはいけない。でも、すべての空港に共通するルールをひとつ作ってしまえば、どの空港にも応用できる。ただ知識を頭に放り込むだけでなく、それをもとに思考を掘り下げる作業をするから、「これを基準に判断すればいい」という一本の幹のようなものが自分の中にできるのです。


野沢直子

それまで、何も考えず、ひらめきだけでやってきた自分が、何がダメなのか考え出したとたん、もう、どうしていいのかわからなくなってしまって。下積みもなく、勉強もせず、無意識でやってきた自分。ちゃんと時間をつくって何かを蓄積しないと、もうムリだ……。そう痛感した私は、外国へ行って、笑いを勉強しようと決断。こういう場合はやはりニューヨークだろう、と、芸能活動を休止して、渡米することにしたんです。私、それまでも大事なことは何でも自分ひとりで考えて、結論を出すタイプで。このときも誰にも相談せず、ひとりで決めました。


古市幸雄

節約せずに富を築いた人はいません。明治安田生命などのもとになった安田財閥の創始者安田善次郎も、資金作りのために好物だった酒とタバコを断ったといいます。節約によって投資の元手をつくることが成功への第一歩です。


平林実

社長室でふんぞり返っていないで現場へ。それが何よりも大切です。


平山郁夫

いまのスポーツ選手は体格がいいのに昔ほど強くないのは、野放しにせずはじめから手とり足とり理屈で形を覚えさせるからでしょう。理屈には限界があって、その能力でしか力が出せないんです。絵でもそうです。知識で描くと個性的な主張がなくなります。


笛吹雅子

時間を効率的に使うには、あえていえば、クヨクヨしないことでしょうか。というのもニュースの仕事は、毎日、反省だらけなんです。反省にはキリがない。課題を見つけて解決することは重要ですが、クヨクヨすることに時間を使っては仕方がないです。


渡邉美樹

どんな人でも、一度、目の前の大きな川を飛び越えると、次にはもっと大きな川を飛び越えることができるようになる。勇気はもちろん、助走距離など、多くを学んでステップアップしているはずです。


佐藤芳直

コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


君塚良一

古い映画は別にいいですから、新しい映画をどんどん観て、楽しむことですね。結局、映画でも何でもそうだけど、そのときのためにつくっているんですよ、僕に言わせればですよ。僕にしてみれば、古いのはテンポが遅いんです。それと、そこから学ぼうなんて姿勢がすでに駄目ですね。だってその当時、誰も学ぼうと思って観てないし、学ばせようと思って作っていなくて、楽しませようとか、お客さんに何かを伝えようと思ってつくってるわけだから、これの構造を学ぼうとかいうところで駄目ですね。映画に対して失礼だし、つくり手に対して失礼です。だから、少なくともいまの作品を観て、自分に合ったテンポで、楽しいというものがありますから、それでいいと思います。