名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヘルマン・ヘッセの名言

twitter Facebook はてブ

ヘルマン・ヘッセのプロフィール

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

ヘルマン・ヘッセの名言 一覧

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。


ヘルマン・ヘッセの経歴・略歴

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

他の記事も読んでみる

水島広子

感情を抑えられない場合、顔や口調は怒っていてもいいので、「ムカつく!」というメッセージから、「困っているから助けて」という言葉に変えましょう。困っている事実と助けてほしいというお願い、そして、相手にしてもらいたい内容をきちんと伝えましょう。


北沢利文

お互いに学び合って、教え合って、励まし合って、誉め合って、そして成長しよう。会社は競争し合うのではなく、成長し合う場所だ。


棚橋弘至

情報は簡単には伝わらない。地方会場での試合後、コンビニなどに立ち寄ると、僕に気づいて「あれ、棚橋選手、なんでここにいるんですか?」と声をかけてくださる方がいます。ということは、公式HPや選手のブログ、ツイッターなどで何度も告知しているにもかかわらず、僕を知っているくらいのプロレス好きな方にさえ、当日近くで興行があるという情報が伝わっていないわけです。ましてや、プロレスファンでない人に至っては……という話です。繰り返し繰り返し情報を伝える作業をしなければいけないし、それでも情報は伝わらないものなんだと痛感しました。


一ノ瀬隆

当社の強みは3つ。1つ目は接着技術を中心に、材料組成の技術が豊富であること。2つ目はナノオーダーでモノづくりができる高いプロセス加工技術があること。そして3つ目はお客様と共に課題を解決する顧客対応技術を持っていることです。これらの強みを複合的に合わせれば、お客様が製造する商品の付加価値を上げることができます。


森川宏平

当社は収益性と安定性を持続的に維持する「個性派事業」の拡大を目指しています。世界規模で成長が期待できる市場、解決が求められる社会的課題に対し、特長のある製品・技術・サービスを提供し、グローバルでの事業展開を加速させます。


ミハイル・アルツィバーシェフ

お前の一番ひどい不幸とは、それ自身が不幸だからではない。お前が自分と自分の生涯に、そのような不幸があると思っているからだ。


植木理恵

時間をかけて考えて物事を決めると、将来の後悔が少なくなります。決断に時間をかけると納得感が残り、「やっぱりこれにしてよかった」といいところを探しますが、即決したことに対しては、「あのときもっと考えればよかった」と悪いところを探してしまう傾向があるのです。


堀之内九一郎

これも昔から変わらないことなんですが、生活創庫の接待交際費は年間で約100万円。税務署が驚くほどの少なさですが、たまたま昼時に来客があったときに、近所の店でソバを食べる程度ですから、月に10万もあれば十分。実際、酒を飲みながらじゃないと成立しない話なんておかしいでしょ。酒なんか飲まなくても、お互いにメリットのある商談であれば、必ずまとまる。高い料理や酒で接待漬けにしないとまとまらない仕事なんて、そのうちこじれるに決まってます。だから、うちの社内には飲み屋の領収書なんて、一枚もないですよ。経費として決済されないことを皆が知ってますからね。


田中道信

メーカー側は量販店の店員さんたちと、どのように関わっていくかが大事なんです。これができる組織をつくって順番に教育していく。その戦略が人材育成とマッチングして成果として表れてくる。


佐藤優

40代にもなれば、ある意味様々な知恵がつきます。でも、それは同時に先入観に毒されてしまうことでもある。自分の世界を早めに閉じちゃう人がいますが、40代で閉じるのはまだ早すぎる。いろんな世界、いろんな人と知り合い、いたずらに否定したり無視したりせず、真摯に向き合う。そのためには本当の意味での、大人の教養、品性と知性が必要なんです。それにはたくさん本を抗むこと、芸術に触れること。僕自身も結構見てますが、Vシネだっていい(笑)。そうやって頭と心を柔らかくしておくことが大事です。


佐藤優

返せぬほどの恩を受けると、そこには力の上下関係が生じます。求めるより与える。惜しみなく与える恩は、家族の中でも力関係として働きます。夫や親としての威厳を保つなら、それが一番の方策です。ただ、与えるといっても、妻や子供が欲しがるものを、何でも買ってやるということではありません。お金や物とは限りませんし、必要としているものでなければ無意味です。


齋藤孝(教育学者)

量をこなさないまま、「質の高い仕事をしているはずなのになぜ評価されないのだろう」と思う気持ちに妥当性がないわけではありません。しかし、そう考え始めると独りよがりの悪循環に陥りがちです。そうならないためには、量という客観的な指標を基準にした目標設定が功を奏するケースがあるということを、知っておいても損はないと思います。


中村健一郎(経営者)

最初の仕事は、大手出版社が実施する展示会の仕事だったのですが、オンラインで来場申込みや出展書類を受け付けるシステムを作るというものでした。お話を伺っても仕事の内容がよく分からなかったのですが、出版社の方から「できますか?」と言われたので「できます」と啖呵を切りました(笑)。それで帰りの道すがら本屋に寄って米オラクルのデータベースの本を買いました。今でも笑い話ですね。


片岡一則(経営者)

当社は20年の歴史しかない若い会社ですが、その分、余計なしがらみがなく自由に動けます。それを強みとしていろいろな分野に積極的に挑戦していきたい。


岸見一郎

よく思っている人や評価している人は、あまりそれを言葉に出さない。人は悪口をいうときのほうが声高になるもの。