ヘルマン・ヘッセの名言

ヘルマン・ヘッセのプロフィール

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

ヘルマン・ヘッセの名言 一覧

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。


ヘルマン・ヘッセの経歴・略歴

ヘルマン・ヘッセ。20世紀のドイツ文学を代表する小説家、詩人。「古典的な博愛家の理想と上質な文章を例示する、大胆さと洞察の中で育まれた豊かな筆業に対して」ノーベル文学賞受賞。平和主義を貫き、ナチスドイツから目をつけられたためスイスで執筆活動を行った。代表作に『車輪の下』『デミアン』『ガラス玉演戯』など。

他の記事も読んでみる


小阪裕司

お客様の感性を刺激するポップの書き方、言葉のひねり出し方には知識とノウハウと勘どころが不可欠。そこは修練を積む必要があるんです。習うより、慣れろ。


松山淳(コンサルタント)

相手から貴重な情報を引き出すには、口をはさみたいのをグッと我慢し、バカになって話をじっと聞くのが一番。普段から女性の愚痴話を黙って聞けるようになれば、まず上司の話もお得意様の話もラクに聞けますよ。


伊藤真(弁護士)

話す内容や話し方に自信がない人も話が長くなりやすいので要注意です。自信がないと断定的に言うことができず「○○と考えることもできますが、△△と考えることもできます」というような言い回しになります。その結果、話の流れもジグザグして、聞き手は「何が言いたいの?」となってしまいます。


茂木友三郎

海外進出時に店頭のデモンストレーション(試食)でしょうゆの味がわかっても、どのような料理に使えばよいのかを伝えるには不十分です。使い方の幅が広がらなければ、売り上げも拡大しません。そこで米国進出時、「しょうゆのレシピ開発をしよう」と、サンフランシスコにある販売会社の中にテストキッチンをつくり、ホームエコノミストの女性を雇って、彼女達にレシピ開発をさせました。ホームエコノミストによって肉料理、魚料理、サラダドレッシング、スープ、その他数限りないほどのレシピが開発されました。


和地孝

人は、気持ちをどう持っていくかによって、大きく変わる。


山口悟郎

稲盛がよく言うのは「泥棒を捕らえて縄をなう」という言葉だ。つまり、泥棒を捕まえてから縛るための縄をつくるということ。一般的には後手に回るというネガティブな意味だが、京セラは「泥棒を捕らえて縄をなう」式だ。工場をつくるときに「1年目にこういう注文がきます。2年目の注文は1.5倍になるだろうから、これだけの設備とスペースを用意しましょう」と言うと、必ず「ダメ」と言われる。要は予測通りにならないということ。まず1年目なら1年目の設備だけきちんと用意して、確実に注文がくる分だけの金額を投資するのだ。


高島徹治

いきなり難関資格にチャレンジするのではなく、無理なく取れる資格でまず一勝することが挫折しない秘訣です。また30日くらいの勉強期間で取れる資格からスタートして、ステップアップしていくのがよいでしょう。


ページの先頭へ