名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヘラクレイトスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘラクレイトスのプロフィール

ヘラクレイトス。ギリシア人哲学者、自然哲学者。アルテミス神殿で知られるトルコ西部の古代都市エペソス出身。後世の多くの哲学者に影響を与えた。

ヘラクレイトスの名言 一覧

思慮の健全さこそ最大の能力であり、知恵である。それは、物の本性に従って理解しながら、真実を語り行うことなのだ。


欲望に逆らうことは難しい。それは欲するところを命がけで贖(あがな)おうとするからだ。


互いに異なるものからもっとも美しいものが生じる。万物は争いより生じる。


最も優れた人々は、あらゆるものを犠牲にしても、たったひとつのものを選ぶ。死すべき事物に変えて不滅の誉れを。


賢者の評判の高いものでも自分の考えに固執している。


智を愛する人は実際、多くのことがらに対する探求者であらねばならぬ。


万事は争いと必然に従って生ずることを知らなければならない。


一番大切な事柄について、いいかげんな当て推量は控えよ。


博識は分別を教えない。


万事に渡り、運命による定めがある。


人間の運命は、その人柄がつくるもの。


共通なロゴスに従うべきなのだが、ほとんどの人間は自分だけの智に頼って生きている。


戦いは万物の父であり、万物の王である。ある者たちを神々に列し、ある者たちを人間の列に置いた。またある者たちを奴隷とし、ある者たちを自由人とした。


みずからと対立するものは、みずからと調和している。逆方向に引っ張り合う力の調和というものがあるのだ。たとえば弓や竪琴の場合がそれである。


同じ流れに二度入ることはできない。


ヘラクレイトスの経歴・略歴

ヘラクレイトス。ギリシア人哲学者、自然哲学者。アルテミス神殿で知られるトルコ西部の古代都市エペソス出身。後世の多くの哲学者に影響を与えた。

他の記事も読んでみる

カーリー・フィオリーナ

やがて私は、怖がっているのは自分だけではないと気付くようになった。初めてのことに挑戦するときに怖じ気づかない人の方がむしろ珍しい。研修を受けている間に、私は強くなったと思う。恐怖感を乗り越えるというのは、ひとつのモチベーションとして大切かもしれない。それでも私は、部下が恐怖を克服する手伝いをするのがリーダーの役目だと思っている。
【覚書き|ベルシステムでセールスの研修を受けたときを振り返っての発言】


木暮太一

私がお勧めするのは、「自己投資をして、どの会社でも通用する稼ぐ力をつけること」です。他社で働くことを意識しながら、自己投資をして、他社でも使える能力を磨いてきた人は、どの会社でも評価されるようになる。


深谷かほる

ストーリーものを描くのは楽しいんです。でも、1話のうち1か所、読者の方の心に残ればいいなと思っていて、それができればそこに至る過程は全部省けてしまうのではないかと。


バートランド・ラッセル

野原を通ってニューサウスゲートへと続く道があった。そこで私は一人で夕陽を眺め、自殺について考えたものだ。でも結局、自殺はしなかった。もっと数学について知りたいと思ったから。


北条民雄

私にとって最も不快なものは、諦めである。諦めきれぬという言葉は、諦めを否定してそれに到達し得ぬ場合にのみ用うべきものである。しかし私は諦めを敵とする。私の日々の努力は、実にこの諦めと闘うことである。


坂根正弘

「ダントツ経営」は一言でいうと顧客にとって「コマツでないと困る度合いを高めよう」という言葉に集約されます。まさしくダントツ商品を出し続けていれば、コマツでないと困る度合いが高まるという意味です。競合が追いついてきても、ダントツなサービスを提供すれば、やはりコマツでないと困る度合いが高まります。


矢野貴久子

リスクを考えるときは、自分が最大限リスクを負ったときに何が起きるかをイメージします。たとえば、会社がつぶれたときに社員の就職先を走り回って探せるか。あるいは借入金がある場合、一生かかって払えるだけの金額であるか。最悪のケースをシミュレーションしながら、「ここまでならリスクを負える」と判断して進むと、新しいことに飛び込む覚悟もできます。


熊谷聖司(経営者)

僕らが伝えたいのは、目の前のお客様のために全力を尽くすということ。困っている人を助ける信念が第一。そのためには、認知も広めないといけない。


大西洋

歴史あるブランドの改革を迫られた時、多くの経営者が頭を悩ますのは、何を守り、何を壊すのかということでしょう。メスの入れ方を違えば、ロイヤルティーの高いお客様を失うばかりか、ブランドの歴史や価値を損ないかねません。そうなるとブランドは終わってしまうでしょう。私はその解を、お客様が期待する店の姿を知ることで見極めました。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

「仕事をもっと頑張りたいし、子供たちにももっと関わりたいのに、どちらもうまくいかない」「調子に乗って、また責任を伴う仕事を増やしすぎてしまった……。明日になったら、私が、この仕事をこれ以上できないことが、みんなにもバレてしまう」などと追い詰められ、「ベッドの中にずっと隠れていたい」といった気持ちになることが、1年に2回ほどあります。そういう時が、私の中でいろいろなバランスを再調整し、「また一から頑張ろう!」と気持ちを新たにする、いいきっかけになっていることも事実です。


古川武士

まず、自分自身を見つめて、人に嫌われたくないといった時間の浪費の根本原因が何かを探ることが大切です。そして、自分にはそうした心の仕組み(欲求)があることをしっかり認識する。そのうえで、例えば飲み会に毎回付き合わないと本当に嫌われてしまうのか考えてみる。すると、幻想の不安に振り回されていたことに気付くこともあります。


池谷裕二

座学と現場主義ではどちらがいいか、といった議論がありますね。これについても、脳の観点からは、どちらがいいとは言えません。人によって、きちんと段階を踏んで勉強したい人もいれば、行き当たりばったりで挑戦して成功する人もいますから。