名言DB

9419 人 / 110788 名言

ヘラクレイトスの名言

twitter Facebook はてブ

ヘラクレイトスのプロフィール

ヘラクレイトス。ギリシア人哲学者、自然哲学者。アルテミス神殿で知られるトルコ西部の古代都市エペソス出身。後世の多くの哲学者に影響を与えた。

ヘラクレイトスの名言 一覧

思慮の健全さこそ最大の能力であり、知恵である。それは、物の本性に従って理解しながら、真実を語り行うことなのだ。


欲望に逆らうことは難しい。それは欲するところを命がけで贖(あがな)おうとするからだ。


互いに異なるものからもっとも美しいものが生じる。万物は争いより生じる。


最も優れた人々は、あらゆるものを犠牲にしても、たったひとつのものを選ぶ。死すべき事物に変えて不滅の誉れを。


賢者の評判の高いものでも自分の考えに固執している。


智を愛する人は実際、多くのことがらに対する探求者であらねばならぬ。


万事は争いと必然に従って生ずることを知らなければならない。


一番大切な事柄について、いいかげんな当て推量は控えよ。


博識は分別を教えない。


万事に渡り、運命による定めがある。


人間の運命は、その人柄がつくるもの。


共通なロゴスに従うべきなのだが、ほとんどの人間は自分だけの智に頼って生きている。


戦いは万物の父であり、万物の王である。ある者たちを神々に列し、ある者たちを人間の列に置いた。またある者たちを奴隷とし、ある者たちを自由人とした。


みずからと対立するものは、みずからと調和している。逆方向に引っ張り合う力の調和というものがあるのだ。たとえば弓や竪琴の場合がそれである。


同じ流れに二度入ることはできない。


ヘラクレイトスの経歴・略歴

ヘラクレイトス。ギリシア人哲学者、自然哲学者。アルテミス神殿で知られるトルコ西部の古代都市エペソス出身。後世の多くの哲学者に影響を与えた。

他の記事も読んでみる

橋都浩平

徳洲会病院では内科の診療も行ったが、患者の半分は薬を出す必要はない。心配事を聞いてあげれば、問題の半分は解決する。


ティム・ブレット

コカ・コーラの強さは、ブランド自体に力があることはもちろんですが、最大の強みは、その素晴らしい人材たちによって常にイノベーションが起こされていることではないでしょうか。実はイノベーションという言葉は誤解をされやすい。イノベーションは新製品の開発だけではなく、たとえば広告などのコミュニケーションの方法、製品パッケージの選択肢を増やすことなど、仕事のやり方の中にもあるのです。


千本倖生

世の中には3種類の人がいます。

  1. 何が起こっているのかを「見る人」。半分くらいの人はこれです。
  2. 何が起こっているのかを「尋ねる人」。分析をしたりできる頭のいい人たちで、これが残りの大半です。
  3. 1%くらいの人たちが三つ目の「起こす」人です。これができる人は少ないのです。でも、これからの若い人は、この「起こす人」でなければなりません。

亀山千広

どんなにいいビジョンを持っていても、それが伝えられなければ意味がありません。逆に、それができれば、優秀な人たちが集まってきて、自分一人の力ではできないことができるようになります。だからプレゼンテーションの能力は重要です。僕なんて、それだけで飯を食ってきたようなものですから(笑)。


小笹芳央

私も創業者として言葉を大切にしております。当社は「ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする」というコーポレートキャッチを掲げていますが、これも練りに練って熟成してできました。


スティーブ・ジョブズ

卓上計算機しか使ったことがない人にマッキントッシュがどういうものか尋ねても、答えられなかったでしょう。それについて消費者調査をするのは無理です。とにかくつくってみんなに見せ、どう思う?と聞くしかありません。


渡瀬謙

実は私も小さい頃から無口で、人前でうまくしゃべれないことが大きなコンプレックスでした。しかしある時から口下手が武器となることに気づき、ついには営業の猛者がひしめくリクルートでトップセールスを記録するまでになりました。では具体的にどうしたか。ぜひオススメしたいのが、言いたいことを紙に書いて渡すこと。口でうまく説明できないから、あらかじめ紙に書いて見せてしまえというわけです。これなら言うべきことをきちんと伝えられるだけでなく、紙を見ながらの会話がベースとなり、目線を合わせる機会が大きく減るので、あがり症や人見知りでも緊張せずに話せます。


藤森義明

10の実力を持っていたとしたら、20の目標を設定し、少しでも向上することが大切です。自分の中に限界をつくらず、常に上を目指さないといけません。これでいいと思った瞬間に、そこで成長は止まります。


西成活裕

ある指導教官から、「西成君は成功しなさそうだね。富士山の周りをグルグル回っていて、いつまでたっても頂上に到達しない」と言われたことがあったんです。好奇心が旺盛だから、ついついいろんなことに首を突っ込んでしまう。でも、それでは何かで突き抜けることはできません。


朝倉千恵子

部下に嫌われることを恐れて注意も指摘もできない管理職や、一度、二度の指導で改善がみられないとあきらめてしまう管理職が多いという声を最近よく耳にします。でも、子どもと同じで10回でも20回でも教えることが大事ではないでしょうか。部下も最初から優秀ではないかもしれませんが、鍛えれば必ず優秀な部下になります。