名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ヘスス・ベガの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヘスス・ベガのプロフィール

ヘスス・ベガ(ヘスス・ベガ・デ・ラ・ファジャ)。リテールコンサルタント。学位取得後、ヒューレット・パッカード、サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行、インディテックスなどを経て独立。著書に『世界中を虜にする企業 ZARAのマーケティング&ブランド戦略』。

ヘスス・ベガの名言 一覧

衣類を買うのと、ファッションを買うのは大きく違う。


間違いをすることが問題ではなく、その間違いに対していち早くどう対処できるか、その傷口を広げずに次をどうつくっていけるかが重要。


フェラーリに乗ろうと何に乗ろうと、車であれば早く移動できます。高いお金を払ってまでどうしてフェラーリに乗るかというと、そこにはフェラーリに乗っているという気持ちが入ってきます。


ヘスス・ベガの経歴・略歴

ヘスス・ベガ(ヘスス・ベガ・デ・ラ・ファジャ)。リテールコンサルタント。学位取得後、ヒューレット・パッカード、サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行、インディテックスなどを経て独立。著書に『世界中を虜にする企業 ZARAのマーケティング&ブランド戦略』。

他の記事も読んでみる

吉田浩一郎

大切なポイントは会議を極限まで少なくすること。報告のための会議をすべて排除しました。会議とは本来、全員が事前に資料に目を通して発言しなければ意味がありません。


元谷外志雄

当社のコンセプトである「新都市型ホテル」は、出張が多いビジネスマンや観光客だけではなく多種多様なユーザーをターゲットにしているからこそ、100%の稼働率が達成できるのです。これは、ホテルの新しいスタンダードを実現することでもあります。ユーザーサイドのニーズに応える、本当に使い勝手の良いホテルを提供していることが成長を続けている要因です。


荒蒔康一郎

リーダーは「確かにあなたの意見が正しいかもしれないね」「まずは○○さんの方法を試してみましょうか」といった妥協も適度にしながら、みんなの納得とやる気を引き出して、迂回しながらでも最終的には目標につなげていくことが必要です。その調整がどのレベルでできるかによって、任せられるチームの大きさが決まってくると思います。


野本弘文

少子化の傾向は急には止まらないし、そういう現象の中で何をしていくかをしっかり考えていかないと。まあ、単純にいえば、人の回転数を増やそうと。いままでお年寄りが街に月1回しか出てこられなかったのが2回出てもらうようにするとか、それには街の魅力を高めることが大事。


岡田武史

スポーツでも日本が世界に勝つときは、回転レシーブやウルトラCなど、誰もやったことがないことをやるとき。


西任暁子(西任白鵠)

これからの日本企業ではグローバル化や女性の積極登用がますます進み、職場の多様性が高まります。すると仕事で成果を挙げるためには、いままで以上にコミュニケーションの力、なかでも「話す力」が重要になってきます。ということは、話し下手ではもう「仕事ができる」ことにはならないのです。


伊藤一郎(経営者)

自分が決めた定年の年齢にもなったので、会長を退こうと決めました。社外取締役など一部の皆さんから「伊藤さんが辞めたら困るんじゃないか」「辞めないでほしい」という声が上がりました。そういう風に言っていただけるのは大変ありがたいことですが、むしろ「これは辞めないと駄目だな」と思いました。「辞めるな」ということは「何かを心配している」からですが、そんなことを言っていては、いつまで経っても辞められなくなってしまう。思い切って辞めて、新社長の体制にして、次の目標に向かって一生懸命頑張ってもらうしかないと思いました。


小宮一慶

新聞は見出しだけでもすべて読みましょう。すると、いままで目にしてなかった分野のページから興味深い記事や仕事に関係しそうな記事があることに気づくようになり、実になる情報量が増えます。


林文子

女性には受容力や包容力、そしてきめ細やかな感性があります。これはビジネスにおいても大いに力を発揮します。


長谷川和廣

企業レベルでも個人レベルでも効率を考えることは重要です。しかし、それが度を越すと、必ず落とし穴にはまります。私が請け負った赤字の再生会社の多くは近道や抜け道を探し、楽に儲けようとして顧客や世間の信用を失っていました。利益を最大化しようと、品質管理の手順を減らして不良品を頻発したり、強引な営業で取引先からソッポを向かれたり、あからさまな帳簿操作で銀行の信用を失ったり。だからこそ、成果をあげるためには抜け道などないと腹をくくり、丁寧に根気よく実績を積み上げることを真っ先に考えなくてはならないのです。


押井守

現代日本ほど言葉が軽んじられた時代はないだろう。若者たちが次々と新しい言葉を発明しては使い捨てていくのと同じように、評論家は何ひとつ有効な言葉を見つけ出せず、テレビは模倣された言葉を無批判に垂れ流していくばかりだ。何かの事件が起きると、ジャーナリズムはゲームやアニメや漫画に原因を見つけようと躍起になる。テレビのワイドショーではコメンテーターと称する人たちが、本質とはかけ離れた議論を繰り返している。何の発見もない言葉だけが無意味に再生産され、際限なく展開されていく。


三木谷浩史

インターネットを使って、条件的に弱い立場にある人に力を与えること。エンパワーメントすることが楽天の使命なのだということを、僕たちはあの時期に学んだ。出店者はなかなか増えなかったけれど、やるべきことは山のようにあった。事務所には寝袋が備えてあって、いつも誰かがそこで寝ていた。時間がないから、昼食は毎日近所の牛丼屋で済ませていた。自分たちのやっていることが、世の中のためになると信じていたからこそ、あそこまで仕事に夢中になることができたのだ。