プロタゴラスの名言

プロタゴラスのプロフィール

プロタゴラス。古代ギリシアの哲学者、ソフィスト。アブデーラ出身。

プロタゴラスの名言 一覧

人間は万物の尺度である。あるものについてはあることの、あらぬものについてはあらぬことの。


プロタゴラスの経歴・略歴

プロタゴラス。古代ギリシアの哲学者、ソフィスト。アブデーラ出身。

他の記事も読んでみる

立花陽三

私の闘争心というものをチームと会社に送りたい。


山田昇(ヤマダ電機)

うちもリーディングカンパニーの一つだと思いますが、リーディングカンパニーは雇用の面でも税金の面でもいろいろな社会貢献をしています。そういう姿を見て、業界全体が待遇改善・労働環境の改善を行うわけです。だからこそ、我々自身がしっかりしていないといけない。


三木卓

小学4年のとき、満州から引き揚げてきたとき、リュックサックの中には着替えと親父の骨箱だけ。家屋敷や財産は全部向こうにおいてきました。だから、あとはもうよくなるしかないという思いで世界を見ています。


岩本敏男(経営者)

今の世の中の変化の速さは指数関数的で、昔のパラダイムの中で通用した旧来のビジネスモデルは、ある瞬間に、突然パワーを失い時代遅れになるということです。


坂下英樹

モチベーションクライシスの背景には、構造的な問題が潜んでいます。組織である以上、そこには「組織の目標達成」と「個人の欲求充足」の衝突が多かれ少なかれ存在するものです。必然的に、この両者を結び付ける媒介役として「報酬」が必要になります。つまり、従業員から組織の全体目標達成に結び付く貢献活動を引き出すためには、個人に対して、何らかの見返り=「報酬」の提供が不可欠なのです。この「従業員が組織に提供する貢献活動」と「組織が従業員に提供する報酬」の価値交換状態のバランスが良ければ、モチベーションクライシスは起こりにくいものです。ここで言う「報酬」とは「金銭報酬」「地位報酬」のみを意味するものではありません。従業員が魅力的だと感じるモノやコトすべてを包括する「広義の報酬」だととらえなければならないのです。


佐々木かをり

優先順位というと難しそうですが、私の場合は明確です。アポは早いもの順が基本です。約束を守ることで信頼を得ることができ、仕事やプライベートを含めた人生全体での満足度が高まるだけでなく、自分自身のパフォーマンスを上げることができるからです。


草刈貴弘

学生時代は世界史で地政学を学ぶのでしょうが、ちっとも面白くなかった。でも大人になってから現在の文化や経済が歴史と絡み合っていることを理解すると、本当に興味深い分野です。


ジム・ロジャーズ

大きな武器になるのは思考法である。私はオックスフォード大学で哲学を勉強したが、そのときに抽象的な思考法を教えられ、ずいぶんと思考力が鍛えられた。


本田哲也(経営者)

人を動かすには、人間の心の奥深くに潜在的に眠る「本音」――インサイトに迫る必要がある。インサイトは「洞察」などと訳されることが多い。人間がある行動をとるにあたっての“理由になっていない本音”のようなものをイメージしていただくとわかりやすいだろう。


川田修(ライフプランナー)

今は商品で差別化するのがとても難しい時代です。誰もが欲しがる圧倒的な商品などなかなか生まれません。価格についても同様で、これだけ情報が氾濫し価格の比較検討が容易だと、価格差もすぐに埋められてしまいます。では、何が購入の決め手となるかといえば、それは「空気感」だと思うのです。そもそもその商品が売れるかどうかは、「お客様の抱えている問題を解決できるか」で決まります。商品に違いはなくても、人はやはり、信頼できる人に問題を解決してもらいたいもの。だからこそ、この人は信頼できる、長くつき合いたいと思ってもらえる「空気感」を作ることが重要で、そのためには、お客様の視点に立った工夫を繰り返すしかないのです。


原丈人

祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


鳥居勝幸

業績をあげる営業マンは、えてしてスタートダッシュが早いものです。4月の新年度の始まりに合わせて動けるように、3月にはすでに次年度の営業戦略を立て始めています。4月に入ったら、積極的に顧客を訪問し、新年度で刷新された顧客の組織・人事を把握します。それに基づいて自分が3月に立てた営業戦略を微調整しながら進める。そんな行動パターンが定着しているので、顧客訪問件数は4月が最も多くなります。それに対し、平凡な営業マンは、4月に入っても「まだ1年もある」となかなかスタートを切ろうとしません。この遅れと危機意識の薄さが、1年を通じて営業成績に影を落とす原因になります。


池田千恵

「伝える」ことはゴールでなく、プロセスに過ぎない。いくら自分が「伝えた」と思っていても、相手が納得して動いてくれないと物事は進まない。「伝えた」という事実は「伝わった」という保証にならない。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

約束は必ず守る。いったん約束したら直ちに実行することだ。ビジネスの世界では、やるといったことをすぐにやってくれる人は、とても重宝される。このルールに従ってさえいれば、困ったときには必ず周囲が助けてくれると思ってよい。


伊藤美恵

どんなときでも身の回りの情報を題材にして、どんなPRをすれば効果的か考えています。様々な状況でのPRについての引き出しを作っておくと、どんな角度から依頼が来ても柔軟に対応できます。それに、仕事で頼まれる分野以外のPRを考えるのは面白い。


ページの先頭へ