名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

プレム・ラワットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

プレム・ラワットのプロフィール

プレム・ラワット。講演家。インド・ハリドワール出身。幼少期から講演活動を行い、数多くの国を回った。アジア・パシフィック・ブランド財団特別功労賞を受賞。著書に『穴の空いた桶』。

プレム・ラワットの名言 一覧

船の底にいても海は見えない。けれどデッキに上がれば大きな海が見えてくる。「成長」とは新たに景色を生むことではなく、自分が行動して景色のよく見える場所に行くことなのだ。


私が話す言葉は人間の心の根本の部分に触れるものなんです。だからどこへ行って話してもすごく喜ばれる。


大切なのは、一人ひとりが自分のなかにある能力(ポテンシャル)に目覚めて、それを十分に発揮すること。それができるようになれば、人は世界をまっすぐに見られるようになる。


私はいつも、皆さんの前で絵を描いているような気持ちで講演しています。話している間に、皆さんに私の言葉が伝わっていることがわかると、どんどん絵ができあがってくる。素晴らしい場ができると、いい絵が描けるんです。


国や民族が違っても、根本的にすべての人間は同じものを必要としています。心地よくありたい、満たされたい、楽しみたい、幸せになりたい。貧しい人でも金持ちでも、そのためにみんな努力している。ミツバチと同じですよ。日本でもインドでもアメリカでも、ミツバチは変わらず花の甘い蜜が好きでしょう?


私は、自分ができることをやっているだけです。言い訳はしたくないし、どうせ無理だと努力することを投げ出したくもない。できることを、まずやる。そんな仲間が増えれば力はもっと強く、声はもっと大きくなりますよね。私は過去に4度、「平和の大使」に任命されましたが、その式典の場でこう言いました。「私だけじゃない、あなたも、あなたも、あなたも、ここにいる全員が平和の大使なんです」と。


かつて多くの人は「人類が月まで行くなんて絶対不可能だ」と思っていました。でも実現できましたよね。それは「絶対にできる」と信じて行動した人たちがいたからです。車が誕生した日、飛行機の土台ができました。離れた場所で連絡を取り合うために生まれた狼煙(のろし)というコミュニケーションは、いまや携帯電話へと姿を変えました。人々が必要だと強く思っていれば、それは必ず実現できるのです。


私は平和な世界は必ず実現できると信じています。けれども私がこう言うと、多くの人は「それは無理だ」と否定する。なぜ不可能かと聞くと、「○○な理由もあるし、▲▲な理由もあるし……」と世界の悪い部分を並べ立てます。私は重ねて聞きます。「ではこの世界にはいい部分はないのですか?」と。すると彼らは少し考えて「いや、いい部分もある」と答えるでしょう。そう、ならば私たちはそのよい部分を見つけて育てていくべきなんです。そこに栄養を与えて大切にしていけば、必ず成長していきます。


私たちはとても仲のいい親子でしたから、父の死はつらい体験でした。乗り越えるのは非常に難しかった。けれど、そこではっきりしたこともありました。父が死んだのは、私が何かやったからでも、父が何かしたせいでもない。死は皆に同じように訪れるものであり、その悲しみを味わうのも自然なことなんです。日が昇り、沈むように、これも自然の流れなのだと理解しました。


プレム・ラワットの経歴・略歴

プレム・ラワット。講演家。インド・ハリドワール出身。幼少期から講演活動を行い、数多くの国を回った。アジア・パシフィック・ブランド財団特別功労賞を受賞。著書に『穴の空いた桶』。

他の記事も読んでみる

芦沢央

これまでの作品のなかで、登場人物たちを対峙させてきた「追い詰める」を、本作では初めて使わなかったんです。それをしなくても物語を楽しく動かせるのか、ページをめくる力が作れるのかということは、本作で最もやってみたかったことのひとつですね。


滝一夫

当社が伸びているのは、常に変化と進化を忘れず物事を丁寧に考え、丁寧に扱う会社だからです。


益川敏英

私のような英語も話せない凡人でも、方法を誤らなければノーベル賞に至る。


寺島実郎

日本経済の話をするとき、今は株価の話ばかりになっている。株価を高めることがあたかも経済を強くするような錯覚に陥っているが、マネーゲームに傾斜しているうちに足元の虎の子産業が崩れてしまっているのではないか。経済界が真剣に議論しなければいけないのは、株価ではなく技術とプロジェクトの話であるはずだ。


廣瀬光雄

J&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)には独立した社外取締役の委員会があり、その委員会が社長を指名します。したがって、現役の社長が後任の社長を独断で決めることはできません。もちろん、「自分は彼が適任だと思います」といった推薦をすることはできます。しかし、最終的にはその推薦も加味した上で、委員会が決めるのです。


梁瀬次郎

自分の力以上に自分を見せてはならない。


新井一(起業コンサルタント)

自分のスキルを売る仕事では、いかに顧客に動いてもらうかで、仕事の効率化につながる。


上野和典

2009年の夏、東京お台場に登場した実物大のガンダムが話題を呼びました。動員は415万人。目標は150万人でしたから、予想を超えたヒットイベントでした。成功した理由を後付けで説明することはできます。しかし、それを事前に説明することはできません。というのも、お台場ガンダムは直感でひらめいた企画だったからです。発案当初の企画書にはもっともらしいことを書きましたが、本当は企画趣旨をロジカルに説明することすら難しかったのです。


塩野七生

即決断して即実行しなければならない場合もあります。だけど、待っていれば周りの環境の方が動いてくれるかもしれない。だから外交の一側面では、待っている方が正解ということもあるのです。


吉田義男

勝負の世界に実績は無言の説得力です。


石橋善一郎

私は日本の大手メーカーの財務部門で働いた後に、インテルの日本法人と米国本社で計14年間働きました。インテルで強く感じたのは、日本企業とは対照的な危機に対応する際のスピードでした。


萩本欽一

生まれたときからずーっと運よく生きていける人生なんてどこにもありません。いい運がやってくると、必ずそのあとに不運がやってきます。だから、不運が続いている人には、きっと大きな運が待っていますよ。人生って運と不運が交互にやってきて、最後は五分五分でチャラになるの。