名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

プラトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

プラトンのプロフィール

プラトン。古代ギリシアの哲学者、教師。「西洋哲学の源流」と称えられた人物の一人。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。アカデメイアという学校を開き、広範な知識を後進に指導した。『ソクラテスの弁明』の著者とされている。イデア論などを展開。

プラトンの名言 一覧

優しくなりなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な戦いに挑んでいるのだから。


愛の一触れで、人は誰でも詩人になれる。


あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同情を乞おうとしてはならない。なぜなら、同情の中には軽蔑の念が含まれているからだ。


破廉恥に対する羞恥心も、美を求める努力も、ともに欠けているようでは、国家にしろ個人にしろ、偉大な美しい行為を果たすことはできない。


笑いの実は青いうちに摘んではならない。


嫉妬深い人間は、自ら真実の徳を目指して努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。


よく練られた仕事は、半ば終わったようなものである。


好機とは、何かを受け入れたり、何かをなすべき唯一の一瞬をいう。


無理に強いられた学習は、なにひとつ魂の中に残りはしない。


老齢は明らかに迅速なり。ともかく我々に必要以上に迅速に切迫する。


正しく進もうとする者は、若い時に美しい形を訪れることから始めなくてはならない。そこから、彼は素晴らしい思想を作り出す。そしてまもなく彼は自分で一つの美しい形を感知し、それはまた別の美に似ていることだろう。すべての形における美は、ひとつであり、同じである。


不正を非難する人とは、己が不正をなす事を怖れて非難するにあらずして、不正を破らんことを怖れて非難するなり。


少年たちの勉学を強制と厳格さによりて訓練せず、彼らに興味をいだかせるべく導くならば、彼らは心の張りを発見せん。


己れ自身の力量によらず、先祖の名声によりて尊敬をあたえて甘受する以上に恥ずべきことなし。


プラトンの経歴・略歴

プラトン。古代ギリシアの哲学者、教師。「西洋哲学の源流」と称えられた人物の一人。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。アカデメイアという学校を開き、広範な知識を後進に指導した。『ソクラテスの弁明』の著者とされている。イデア論などを展開。

他の記事も読んでみる

本多静六

幸福とは決して親から譲ろうと思っても譲れるものでなく、またもらおうと思ってももらえるものでもない。幸福は各自、自分自身の努力と修養によって得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。


平強

私の経験では、大企業の中で自分のやりたい仕事をやり通そうと思えば、社内の対策に80%を費やさなければなりません。残り20%しか本来の仕事に振り向けられないのです。


FROGMAN(CGクリエイター)

『鷹の爪』放送当時、TVアニメは1クールで60本の新作が出る大激戦。DLEは創業5年の会社で予算も少なく、普通にやったら埋もれます。そこで他とは違うことをしました。アニメの内容よりも、「FLASHアニメという新しいアニメーション産業が生まれた」とビジネスの新しい潮流の面をアピール。新聞各社で取り上げられました。また、映画上映前に流れる鑑賞マナーアニメをつくり東宝系の映画館で流してもらいました。全国で年間数万回は流れますから、宣伝効果は絶大でした。


和田大(ワダックス)

具体的に数字を設定した目標は持っていません。だからこそ、これまで柔軟に対応できたのだと思います。


中條高徳

組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


神田正

時代の移り変わりを読む能力は現場で養われる。


小山昇

もちろん、うまくいくことばかりじゃありません。やらせてみたら、ダメだったという場合もあります。ダメだったら、また元に戻せばいい。別のところに変えてもいい。最初からうまくいくなんて思っていない。


糸井重里

事業を存続するには、自分たちが社会を見る目と社会が自分たちを見る目が重なり合わなければなりません。この視線をキープするというのはなかなか大変で、一時的な情熱だけでは続きません。僕はこれまでに、一世を風靡しながら消えていった人たちを山ほど見ています。その原因はやはり視線がキープできなかったから。続けるにはそのための仕組みが必要です。


鳥塚亮

「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。


中村天風

自分に対しては、常に厳然としてつつしまねばならぬことは何よりも必要のことであるが、自己以外の人に対しては、あくまで清濁併せ呑むという寛容さを失ってはならない。


畑正憲(ムツゴロウ)

好奇心や学ぶ力はまったく変わっていません。たとえば私は60代になってから、新たにポルトガル語の勉強を始めました。この一月にもアマゾンに一人で行ってきたくらいです。


吉野佳秀

一番良いのは尻を叩くことです。「何が足りないんだ、いいからやれ」と応援する。大きな市場があるにもかかわらず、立ち止まっていてはもったいないでしょう。