名言DB

9412 人 / 110637 名言

プラウトゥスの名言

twitter Facebook はてブ

プラウトゥスのプロフィール

ティトゥス・マッキウス・プラウトゥス。古代ローマの喜劇作家。娯楽性を重視した喜劇を多数執筆し、人々の人気を集めた作家。物語よりも駄洒落、言葉遊び、台詞回しが特徴とされる。主な作品に『ほら吹き軍人』『アンフィトルオ』『黄金の壺』『バッキス姉妹』『捕虜』『幽霊屋敷』『小箱の話』ほか。

プラウトゥスの名言 一覧

金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。


プラウトゥスの経歴・略歴

ティトゥス・マッキウス・プラウトゥス。古代ローマの喜劇作家。娯楽性を重視した喜劇を多数執筆し、人々の人気を集めた作家。物語よりも駄洒落、言葉遊び、台詞回しが特徴とされる。主な作品に『ほら吹き軍人』『アンフィトルオ』『黄金の壺』『バッキス姉妹』『捕虜』『幽霊屋敷』『小箱の話』ほか。

他の記事も読んでみる

石井貴士

私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


和田浩子

自分の考えを押しつけようとする主観に満ちた姿勢では、相手の共感を得られないし、納得させることはできません。コミュニケーション力とはいわば、人を動かす力。情報を一方的に発信するのではなく、相手の気持ちに変化を起こし、何らかのアクションを引き出すことが求められます。


山元賢治

目標がなかったら、向かう先がないわけですから、前進している実感が得られるわけがない。


曽我弘

決して独善的ではない。相手を「理解」したうえで、周囲の人たちの「常識」を越えている。サプライズにはこれが大事なんです。


荒蒔康一郎

トップは、社員が「大変です」と言ってきたら、「そうか、じゃあ、まず情報をくれ」というくらいの冷静さがないといけません。トップが冷静なら、「僕たちは僕たちで、できることをやろう」という話になるけれど、一緒になって慌てふためいたり、青くなっていたら、「船長は諦めたらしい。早いところ、救命ボートを確保しよう」という話になってしまいます。


糸井重里

株価については考えないようにしています。自分で決めようがないですから。上場による変化は自分が一番知っています。今何をやっているのか、何に苦しんでいるのか、何がうれしいかを自分は分かっているけれど、株価はそれとは全く関係ないところで動いている。ですからあまり気にしない。高いからといって喜び過ぎないよう、低いからといってドタバタしないよう、心掛けています。


盛田昭夫

否定面にとらわれる人間にかぎって、失敗の理由を一生懸命数え上げたがる。いったん何かに失敗したら、いくら失敗の理由を並べ立ててもはじまらない。失敗すれば、誰が何と言っても敗者である。この種の人間には、私は声をかけないだろう。


林野宏

私は、何事にも好奇心を抱き、どんなことでもタブー視せず、自分で体験してみることが大事だと考えて、面白がって様々なことに取り組んできました。


天野浩

日本の理学・工学系の人間は真面目すぎます。心のどこかに新たな技術を確立してからビジネスを生み出すのが美しいと考えています。しかし、新しいビジネスを作りたいという感覚が先にあってもいいはず。そうした理学・工学系の人間が増えるべきでしょう。革新的なサービスが日本から生まれないのは悔しいですからね。


高杉晋一

天命は天の裁断であり、絶対に抵抗できないものだが、これを私は因果応報と見ている。つまり世の中には偶然というものは何ひとつない。森羅万象はことごとく原因と結果があって生生流転している。


佐藤琢磨

努力や苦労というよりも、むしろ楽しんでましたね。ずっと夢に見てきたことが目の前にある嬉しさのほうが強かった。それに、これだけの環境にいてダメだったら諦めようって覚悟してたから、当たり前のことをしてる感覚だったんだと思います。


土光敏夫

僕は石川島(播磨重工)でもそうだったけど、社員をクビにはしない。役付取締役に全部平取締役になってもらった。ウエットといやあウエットだけど逆なんだ。人はすぐあれはこの点が駄目だと欠点を言うじゃないですか。神様はそんなことしませんね。誰だって長所があるもんだ。長所を見ないで人事をやるなんておかしいですよ。そういうところで外れた人はぼくの直属にします。それが僕のやり方。意見は言います。熱を入れてしゃべるから社長は怒ったなんて誤解されることもあるが、ぼくは怒ったことなんてないんだ。


小林りん

企業にあっても多様性は重要な鍵になると思います。積極的に海外の人材を登用することで職場の雰囲気や企業文化に変化が起こってきますから。


松村清

人間は自分に似ている人に親しみを感じる性質がある。たとえば出身地が同じだと何となく親しみがわく。これは感情を共有できるからである。趣味や食べ物でもいい。共通点が見つかると、特に初対面の場合は打ち解けやすい。


和田秀樹

「自分は運が悪い」と思っていては、メリットはひとつもありません。能力が高い、努力をしている割にいい結果が出ない。そんなとき、運が悪いからだと思う人は多いですが、それは違います。最初から幸運な人と不運な人がいるわけではありません。自分は運がいいと思える人は幸運に、運が悪いと思う人は不運になってしまうものなのです。