名言DB

9413 人 / 110706 名言

ブルワー=リットンの名言

twitter Facebook はてブ

ブルワー=リットンのプロフィール

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

ブルワー=リットンの名言 一覧

およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


金銭のことを軽率に処するなかれ。金銭は品行なり。


ブルワー=リットンの経歴・略歴

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

他の記事も読んでみる

新井紀子(数学者)

コンピューターが何でもやってくれる時代、人間に必要なのは「ブレないロジック」です。言葉の定義からスタートして「AならばB、BならばC」と、シンプルな論理だけで結論を導く。そのスキルがなければ、コンピューターに指示を出せないし、人間相手の交渉でも負けてしまいます。


マーク・ベニオフ

人材の多様性は、イノベーションに重要なポイントの一つでもある。シリコンバレーが世界有数のイノベーション中心地の一つであることは、ただの偶然ではないだろう。シリコンバレーで勤務するエンジニアの半分以上が外国生まれで、IT企業の創業者または最高経営責任者(CEO)の半分もまた外国生まれだ。グーグルのセルゲイ・ブリン、インテルのアンディ・グローブ、ヤフーのジェリー・ヤンらが、シリコンバレーを今日ある姿に発展させた。海外出身者の雇用が、イノベーションと成長の大きな原動力となってきたことはすでに証明されている。


山西健一郎

次世代の経営陣を登用するうえで心がけていることは、「社外の目」を入れることです。たとえば、取締役候補者は社外取締役が過半数を占める「指名委員会」が選びます。また、社外取締役5名を含む取締役会においては、社長以下の執行役を選定しますが、社外取締役の立場からは能力の有無を判断しづらいはずです。そこで取締役会では、各執行役から担当事業の経営状況等の報告を受ける機会を設けています。担当分野の経営トップである執行役の職務執行を通して、経営陣としての資質等の見極めを行います。


吉田博一

僕の誕生日である06年の9月28日に、たった4人で会社をスタートさせました。設立時のメンバーには技術者は1人もおらず、地球温暖化を防止したいという思いだけで事業を立ち上げた珍しいケースです。


石田純一

仕事がなくなったとき、とにかく少しでも稼がなくてはいけないので、がむしゃらに売り込みました。不正解だとパイを投げられるような体を張ったクイズ番組なども、生活のためですからありがたく、必死にやりました。


高杉良

「これが最後かもしれない」という思いを常に抱えています。僕はデビューの前年、業界紙の記者をしているときに急性肝炎をやっています。入院し、余命宣告も受けました。33歳のときです。それからの1年は、僕にとって自分の生き方を変える、本当に大きな転機となりました。僕自身、この日を境に物事を1つ1つ、短いスパンで考えるようになりました。命がいつまでもあるものだとは思わず、目の前のことに集中し、悔いのないように生きよう、と。


水谷研治

日本は戦後、食べ物にすら困る状況から再興した国です。そんなことができる国民は本当に偉大。我々が本気になってやれば、すごいことができると思います。


立花宗茂

戦は兵数の多少によるものではない。一和にまとまった兵でなくては、どれほど大人数でも勝利は得られないものだ。


和田秀樹

上司に叱られたり、ミスを犯した後に企画書をつくろうとしても気持ちが入らなくて当たり前。その結果、能率が上がらずに今日はついてないと落ち込むことになる。そんなときは、一番得意な仕事か確実にできる仕事に取り組めばいい。営業なら新規開拓より、なじみの得意先を回る。まず、できる体験をして、自分の心に好調な印象を植え付けるんです。


鈴木喬(経営者)

失敗に備えることはトップの大事な役目です。大部分の新製品は、結局は失敗します。あのイチローだって打率4割はいかないんですから、我々が10出して3当たれば上出来でしょう。10出して1当たる程度でもいいぐらいです。要は、失敗が大きなロスにならないようにすればいいのです。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

自分の時間と能力をひとつの事業に集中することだ。その事業が成功するか、または破綻したことがはっきりするまで、別の事業に手を出してはいけない。何事もひとつのことに集中して努力しなければ成就しない。多くのプロジェクトを抱えていると、集中力が分散するため、ひとつの事業をやっている時間なら絶対見逃さなかったようなチャンスを逃してしまう。


尾山基

スポーツは1人でやろうが、チームでやろうが、ファイティングスピリットがなかったら無理です。なんぼ上がチャレンジしろと言ったって、本人の気持ちが最初に行かなくちゃ、チャレンジもできません。


小林達夫(経営者)

いろいろなことが耳に入ってくるわけですが、それが真の情報なのか、単なるノイズなのか。それを判断するのは受ける方の感性の問題になってくる。


大屋敦

産業人が新事業に踏み切るのは儲けようとするためだという批判は、硫安の場合にはまったく当てはまらない。今後どこまで増えるかわからない硫安の輸入を、いまのうちに食い止めたいというのが、業者共通の強い念願であった。もし硫安事業が今日の姿を達成していなかった場合の日本農業を想像すると、まことに慄然たるものがある。目前の利害に跼蹐(きょくせき)して、将来の大計を忘れぬよう為政者に切望する次第である。
【覚書き|硫安製造組合理事長時代を振り返っての発言。跼蹐(きょくせき)は「びくびく恐れおののく」】


前澤友作

叱ったとき遠回りに言おうが、フォローしようが、それが傷つく内容なら、傷つくと思うんですよ。皆、そんなにバカじゃないんですから。どんなにオブラートに包んだって、相手は察します。ストレートに言わない方が、余計に相手を傷つけることもあります。カッターナイフで1回ザクッと切るより、小さなすり傷をネチネチつける方が、治りにくくなるようなものです。