名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ブルワー=リットンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ブルワー=リットンのプロフィール

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

ブルワー=リットンの名言 一覧

およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


金銭のことを軽率に処するなかれ。金銭は品行なり。


ブルワー=リットンの経歴・略歴

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

他の記事も読んでみる

小松美羽

究極を言えば、衣食住薬があれば人は生きていかれる。そして、アートはその中の薬という役割を担うと私は考える。アートはあなたの魂を癒す薬であるのだ。一見必要ないと思うことがなぜ今世まで残ったのか、その理由は簡単だ。不必要なものは残らないからだ。だからこそ、みなさんに今一度、アートと自分の関係性を考えなおしてほしい。


上野和典

当社ではアイデアコンテストを部門対抗で行なっています。これにより参加者に責任感が生まれ、真剣度が増します。お蔵入りにしていたアイデアを引っ張り出してくる社員もいて、良いカンフル剤になっています。


ウォルト・ディズニー

いい作品を作ろうとするのなら、自分のスタッフを訓練する必要がある。


富野由悠季

絶対的に新しいものが世の中にひとつだけあります。それは、「世の中は変わっていく。時代が変わっていく。明日は新しい」のです。この時代性に合わせていくことは、少なくとも回顧でもなければ、コピーしようにもコピーのしようがありませんから、「次の時代のスタイルになるものを発見する」「その表現の方法を考えてみる」と考えてはいかがでしょうか。


山本憲明

何事もやってみないと分からない。時間をかけて悩んでも仕事は遅くなるばかり。だったらまず行動を。


松岡昇

1000時間やれば英語はできるようになります。1000時間の学習に2、3年かけてもいいと思います。しかし、それ以上の期間をかけても効果が上がりにくいのは経験上わかっていることですし、やると決めたら一年で決着をつけるくらいの覚悟があった方がいい。


ジョエル・ティリングハスト

ビッグチェンジには乗ろうとしている。ただし、誰もが注目して最も人気のある銘柄には投資しない。だから、EV(電気自動車)や自動運転車には関心を持っているが、テスラの株は保有していない。その代わりに、EVメーカーや自動運転車メーカーと協業する戦略を取っている自動車関連の会社を探している。


村形聡

自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


江上治

「富裕層に営業しろ」と簡単に言いますが、では富裕層のことを知っているのかと言いたい。年収400万円の相手と、年収4億円の相手とではアプローチの仕方がまったく違う。会食もミシュランの三ツ星、土産物も2万~3万円の一流品。まず相手を知ることです。それには富裕層がやっていることを自分で経験するといい。リッツ・カールトンでコーヒーを飲む、新幹線はグリーン車にする、1泊10万円の部屋に宿泊する、などなど。要はそういう投資ができるか否かです。


仙田満

何かを次の世代に引き継いでいく時に、大きな障壁となる仕組みや法律などを変えていくためには、協会や学会などで上に立たないと発言力がない。そんな思いもあって会長職を引き受け、さまさまな社会活動を続けてきました。


前川孝雄

自分が上司の立場であれば、持っている情報をできるだけ部下にオープンにすべきです。上司と部下の最大の違いは「組織内情報量の差」です。ですから、上司と部下の持つ情報量を同じにすれば、お互いの考えも自然と同じようなものにまとまっていくし、意見が対立することも少なくなります。


藤井隆太

現地の消費者の普通の生活を知る必要がある。それには庶民文化を自分の目で見て、肌で感じることが重要。そういった経験を現地の人と共有することで、ビジネスを超えた親近感や絆が生まれることもある。