ブルワー=リットンの名言

ブルワー=リットンのプロフィール

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

ブルワー=リットンの名言 一覧

およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


金銭のことを軽率に処するなかれ。金銭は品行なり。


ブルワー=リットンの経歴・略歴

初代リットン男爵エドワード・ジョージ・アール・リットン・ブルワー=リットン。イギリスの小説家、劇作家、政治家。ロンドン出身。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ卒業。ホイッグ党、保守党の政治家。枢密顧問官などを務めた。主な小説に『ポンペイ最後の日』。主な戯曲に「ペンは剣よりも強し」のセリフで有名な『リシュリュー 』などがある。リットン調査団団長のヴィクター・リットンの祖父。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

明確なブランドイメージがなければ「ワン・オブ・ゼム」になってしまう。


笠井信輔

優秀なボスほど、ただハイハイと言うイエスマンより「役に立つ反論」をしてくる部下のほうがはるかに可愛いし、「なかなかヤルな」と認めてくれる。


村口和孝

新しい使われ方で新しく消費者が生まれる創造的な新しさもある。あったものを全く新しい事業として根本的に見直す、「事業を新しく定義し直す」という創造性である。


星野佳路

スタッフにトライをさせないと課題を認識できないばかりか、最悪なケースでは他社に転職してトライする、といった事態に発展します。そうなると大事な人材を失うので、会社としては大きな損失です。


猪股浩行

創業当時ベンチマークしたのは、同業の引っ越し業者ではなく、リッツカールトンホテルやディズニーランドです。各社の特徴は「お客様を感動させよう」ではなく、「自分が仕事に対して感動している」ということ。現場で社員がやりがいを持って高いモチベーションで仕事しているから感動してもらえるんですよ。


久保田崇

筋トレやスポーツと同じで、速読も慣れです。普通のビジネス書であれば、誰でも概ね1時間で1冊読めるようになります。


樋口泰行

原点は、新卒で入社した松下電器時代の経験です。同社は典型的な製造業で、「何もしていない時間はムダ」という文化がありました。ホワイトカラーでもそれは同じ。「日々、ムダ取り」です。


鍵山秀三郎

いくら経済や金融のシステムを発展させても、システムそのものは根本的な問題を解決してくれません。要はシステムを利用する人間の問題です。


川野幸夫

私が気をつけているのが、漠然と「良かった」と褒めるのではなく、アイデアや努力の優れている点を具体的に評価することです。「発注システムの課題を見つけて、欠品を削減しました」「お客様データを分析して、商品の提案方法を変えて、販売を伸ばしました」といったふうに伝えます。表彰されるパートナーさんだけでなく、聞いている経営幹部や店長たちにも、何が大事かをきちんと認識してほしいからです。


松井忠三

人によっては、現場を見てしまうと客観的になれないという見解もあると思いますが、私の場合は現場をきちんと理解しないとその会社の実態が見えない。


野口吉昭

私の経験上、「質問力」がある人は、間違いなく仕事がデキる。言い方を変えれば、「質問力」を磨けば必然的に仕事がデキるようになる。


岡崎嘉平太

私たち一緒に仕事をしていた若い人26人で本を読むことにしました。26人全部が1年頑張れば、26年間勉強したのに匹敵する。そうすれば深井さん(深井英五 日銀総裁、世界金融の専門家)に追いつくこともできる。こういうことで共同で一生懸命頑張りました。
【覚書き|日銀で外国為替管理の部署にいた当時を振り返っての発言】


佐藤裕之(経営者)

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


藤原秀次郎

余計なものは全部省けばいいんだ!
【覚え書き|コストダウンの秘訣を聞かれたときの返答】


安藤忠雄

人として間違った道はありますよね。王道、つまりまっすぐな道を歩く途中で、失敗したり迷ったりすることはありますが、軸がぶれるとダメですね。


ページの先頭へ