名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ブランドン・片山・ヒルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ブランドン・片山・ヒルのプロフィール

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

ブランドン・片山・ヒルの名言 一覧

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。


ユーザーへのメリットをもっと分かりやすく紹介した方がいい。


日本人のプレゼンの課題は構成。英語力は大きな問題ではない。足りないのは、観客を楽しませる気持ちと、プレゼン自体を面白く、楽しいものにするという発想。それを持てば、自社製品やサービスの魅力をもっと効果的に伝えられるようになる。


観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。


ブランドン・片山・ヒルの経歴・略歴

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

他の記事も読んでみる

山口貞一郎

(東京や大阪の大百貨店からの出店要請を断り続けていることについて)かたくなな私たちの態度を傲慢だと言われたこともあります。売上高を伸ばし世間に広く知られるチャンスをなぜ棒に振るのだとも何人もの方から言われました。でも、私にとって松翁軒のカステラの味を守るためには、長崎から出てはいけないのです。


神永正博

企業の中では「予算を通す」「企画のゴーサインをもらう」などのためには、稟議を通さなくてはなりません。意思決定の場で使う数字の巧拙で、思い通りに事を運べたり、逆に保留や中止、見直しに甘んじます。


おかざき真里

(『阿・吽』の)1巻から2巻にかけては物語のほとんどが山中で展開していたので、だったら樹を描くことを極めてやろうと、一時期は葉っぱの写真ばかりを撮ってひたすら練習してました。葉っぱって、気温や湿度とかによって全然違う顔を見せてくれるので、挑戦しがいがありました。


前川正雄

人間の優れた手技はどうしても機械では真似できない。ならば、自分がその技を体得するしかないと、彼は鶏の加工場に入り、見よう見まねでひたすら鶏をさばいたそうです。いわば機械設計者という「主」を脱ぎ捨て、鶏をさばく人という「客」になってみたのです。その結果、刃物を使い、肉を骨から切り離すのではなく、引きはがすという動作が鍵だということを体得し、その動作を機械で再現したところ、みごと製品化にこぎつけることができました。
【覚書き|骨付き鶏もも肉の自動脱骨ロボット「トリダス」の開発が暗礁に乗り上げたとき、20代の若手社員がブレイクスルーを起こし開発プロジェクトが達成された当時を振り返っての発言。彼とはブレイクスルーを起こした20代の若手社員】


熊谷正寿

インターネットが普及する前、今から20年程前は、お客様がモノの比較をするのにお金と時間がかかりました。だから、一番でなくても、営業力が強かったり、マーケティング力が強く、ブランドイメージが何となく良いなぁと思ったところにお客様は流れていきました。つまり、一番かどうか、調べようがなかったので、二番でも三番でも生き残れたわけです。けれども、今の時代は、一番か二番かが明確に、ほぼコストゼロ、時間ゼロでわかってしまうので、二番のサービスには価値がなくなってしまうのです。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生き続ければ、課題が見えてくる。それを一歩一歩乗り越えていく。そこに人生がある。


重松清

生きることは、忘れながら前に進んでいくことでもあると思っています。


関根眞一

理詰めでこちらの過失を突いてくるタイプの人には、「おっしゃるとおりです」「勉強になります」そう繰り返していると相手は「言っていることは伝わったし、自分もネタが切れてきた」という感じになってきます。理詰めでくる人にはつい対抗したくなりますが、時間の無駄です。挑発されても、乗っかってはいけません。そんなときは「すみません、お手洗いに行ってもいいですか」とでも言って場を崩すといい。戻ってきたら「話はどこまでいきましたでしょうか」と言えばよいのです。


スコット・キャロン

謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。


千原せいじ

バブルが崩壊した頃、巨人の桑田投手が24歳のときに親族の不動産投資の失敗で、10億円以上の借金を抱えたというニュースがあったじゃないですか。僕はなぜかあれをよく覚えていて、自分が24歳になったとき、「なんぼ金を貸してくれるんやろう?」と思ったんですよ。当時、千原兄弟は関西でそこそこ顔を知られていて、ラジオも入れてレギュラーは7、8本。大阪では知らん人がいないくらい売れていました。それで、仕事の合間にふとヒマな時間ができたとき、「そうや、金借りに行こう」「なんぼ貸してくれるやろ?」と。銀行に行って「融資を受けたいんやけど」と相談したら、出てきたのは学生ローンのパンフレットでした。もちろん、千原せいじとわかっています。自分ではまあまあ稼いでいると思っていたので、がく然としましたよ。それで、「バカにすんな!」言うて出てきたものの、同時に「世間のモノサシではこんな感じかー」とも思うて。怒りようがなかった。正直、若くてアホやから、芸人になって売れればなんでも手に入ると思っていたわけです。でも、それは全部、自分に都合のいいイメージで、リアルな社会とはズレますよね。


川島高之

「働き方改革」は会社から与えられたものではなく、自分のためにするものです。そう考えれば創意工夫して仕事しようとするモチベーションも生まれるし、組織にとっても良い効果が期待できるでしょう。「自分のために仕事を早く終わらせて時間を作る」意識を徹底させることが重要ではないでしょうか。


ショーペンハウエル

我々は生まれたからには死ななければならない。死は我々という餌食を呑みくだすまえに、ひとときおもちゃにしているだけなのだ。