名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ブランドン・片山・ヒルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ブランドン・片山・ヒルのプロフィール

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

ブランドン・片山・ヒルの名言 一覧

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。


ユーザーへのメリットをもっと分かりやすく紹介した方がいい。


日本人のプレゼンの課題は構成。英語力は大きな問題ではない。足りないのは、観客を楽しませる気持ちと、プレゼン自体を面白く、楽しいものにするという発想。それを持てば、自社製品やサービスの魅力をもっと効果的に伝えられるようになる。


観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。


ブランドン・片山・ヒルの経歴・略歴

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

他の記事も読んでみる

橘玲

基本的なことですが、お金を貯めるには「収入を増やす」か「支出を減らす」か「持っている資産を高い利回りで運用する」かしかありません。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

このたった3つの要素で決まります。世の中には「こうすればお金持ちになれる」といったハウツー本があふれていますが、この3つを手を替え品を替え説明しているだけなのです。


新川義弘

私自身、外食にはかなりのお金と時間を費やしてきました。東高円寺の家賃4万円、共同風呂のアパートに住んでいたころから、高級料理店に通っていましたから。もちろん、サービスの質が悪くて嫌な思いもしたこともありますが、それも「自分ならこうするのに」と勉強になりました。毎月、給料のほとんどが外食に消えていきましたが、そうやって様々なサービスを実際に体験したことで、お客様に対する事前予知能力は確実に高まったと思います。


大山健太郎

アイリスオーヤマは中間流通の壁を越えるために「メーカーベンダー」という仕組みを創りました。中間流通の機能を外部に委託せず、自社で担うことにしたのです。そうすると製造部門が開発した商品はストレートに小売業に届けることができます。


小泉光臣

弊社はベルギーのグリソンという会社を買収しました。これは、グリソンが持っている手巻きたばこ、つまりあらかじめ巻かれたシガレットタイプではなく、自分の手で巻く、値頃感のある商材を手に入れることが目的です。これによって景気が悪い時のダウントレーディング(顧客が下の価格帯商品に移る現象)の受け皿として、ポーフォリオの拡充ができました。


西山俊太郎

私たちが働くのは第一に生活の糧を得るためです。油まみれになって働くメカニック、人に頭を下げて買っていただく営業マン。自動車ディーラーの仕事は正直言って誰もが憧れる類のものではありません。入社間もなくの若者が給料を減らされたら、夢も希望も無くなってしまうでしょう。私たち役員は当然ながら真っ先に報酬を削減しましたが、給与カットの対象は一定の勤続年数以上の者としました。


藤原作弥

日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。


井上英明

私は、人生の軸は自分を高めることだと考えているので、どんなことをしていても、食事をしていても、そこから何かを学びたい。すべてが学びの場なんです。


田中達也(経営者)

色眼鏡をかけ、壁の向こうから人を見ているようでは、組織力向上は難しい。


大塚哲芝

私の転機は、新業態への挑戦です。現在、当社は串カツ専門店「串カツあらた」の展開を進めています。最初はラーメン以外の食材ならば何でもいいということで、フレンチトーストやペペロンチーノなど様々な料理を研究しました。ペペロンチーノはワンオペレーション、500円で食べられるものとして、ビジネスモデルが8割方出来上がるところまで行っていました。そうして愛知県名古屋市で出店の候補地を見つけたのですが、そこはペペロンチーノではなく、夜にお酒を提供しなければいけない場所だと考えました。しかし、普通に居酒屋を出しては他に埋もれてしまう。名古屋にない、新しいものをということで私が大阪人ということもあり、「串カツ」を思いつきました。


柳井正

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。チャンスはたくさんある。


田中イデア

苦手な人とはいがみ合っても仕方ないので、相手のことを知るのが第一歩です。相手はどんな人と楽しくしゃべるのか、ほかの人への対応はどうなのかを観察すると、何かヒントがあるかもしれません。


榎本博明

仕事を意味あるものにするには、仕事が自分にとってどんな意味を持つのかというストーリーを描くことです。