名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ブランドン・片山・ヒルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ブランドン・片山・ヒルのプロフィール

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

ブランドン・片山・ヒルの名言 一覧

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。


ユーザーへのメリットをもっと分かりやすく紹介した方がいい。


日本人のプレゼンの課題は構成。英語力は大きな問題ではない。足りないのは、観客を楽しませる気持ちと、プレゼン自体を面白く、楽しいものにするという発想。それを持てば、自社製品やサービスの魅力をもっと効果的に伝えられるようになる。


観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。


ブランドン・片山・ヒルの経歴・略歴

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

他の記事も読んでみる

糸井重里

オンもオフも明確に分けることなく、「仕事」と「遊び」のあいだに、いい意味での「公私混同」があることが大切だと思う。


ヴォルテール

自然は、人間の行なう教育以上のものを含んでいる。


垣内俊哉

全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやって様々なバックボーンを持ったスタッフが経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。


鈴木みゆき(経営者)

ジェットスター・ジャパンでは、ゼロから組織をつくってきました。集まったのは様々な経歴、国籍のスタッフです。多様性があるほど、経験者が予期しないような示唆に富んだ提案が生まれます。多様性あるスタッフから出たアイデアが、様々な場所で生きています。


見目信樹

まずは新経営計画の目標達成に向けて取り組んでいきたい。ただ、それを一つのゴールとして捉えるのではなく、通過点という位置付けにしたい。


松田昌士

本社から命令して現場を従わせる、という考え方ではダメなんです。知恵は現場からわいてくる。そこに出向いて、「困っていることは何だ」と聞いて回らないと。そうすれば「しょうがない、親分を支えてやるか」という気にもなります。


池上彰

テレビの世界では、視聴者が画面で一人の発言を聞き続けられるのは、20秒が限度です。短い時間で発言をまとめなければなりませんから、起承転結で話すのではなくて、まず「結」を端的に言いきることがポイントです。


樋口武男

私はあまり会議をやりませんね。プロジェクト単位ではやっている場合もありますが。経験上、会議はやらないほうが得てしてうまくいきます。部屋の中にこもっていたって、何も新しいものは出てきませんから。会議をするなら、現場に行ってやるべきでしょう。現物を目の前にすれば、話は早く進みますよ。


御手洗冨士夫

キヤノンでは毎年1月には全幹部を集めて年頭方針を1時間半ほど話して共有し、十数か所の重要拠点を回って同じことをしています。それから毎月、国内の全幹部を集めて進捗について話す。労働組合の全幹部と全役員が毎月顔をそろえて、意見を交換し、会社の実態を全部しゃべって質問も受ける。こちらからも注文をつけます。


飯田久恵

整理と収納には、什器のレイアウト、動線の最短化、適切な収納用具選び、配置など、パズルのように緻密なプランニングが必要です。その「初期設定」をきちんとしてこそ、その後の片づいた状態の維持が可能になるということを、まずはしっかり意識しましょう。


江崎利一

商売というからには、誰でも一応は一生懸命やっている。それで当たり前、いわば2×2=4(ににんがし)である。大きな成功を収めるには、それだけでは足りない。考えて考え抜き、努力に努力を重ねて常識の壁を越え、誰もがやれないようなことをやってのけなければならない。2×2=4を、2×2=5(ににんがご)にも6にもしなければならない。


辻亨

裏付けのない形だけの気配りでは意味がありません。本当の気配りとは、本質的な善良さがにじみ出て、誠意という裏付けがあって、はじめて生きてくるのではないでしょうか。