名言DB

9419 人 / 110788 名言

ブランドン・片山・ヒルの名言

twitter Facebook はてブ

ブランドン・片山・ヒルのプロフィール

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

ブランドン・片山・ヒルの名言 一覧

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。


ユーザーへのメリットをもっと分かりやすく紹介した方がいい。


日本人のプレゼンの課題は構成。英語力は大きな問題ではない。足りないのは、観客を楽しませる気持ちと、プレゼン自体を面白く、楽しいものにするという発想。それを持てば、自社製品やサービスの魅力をもっと効果的に伝えられるようになる。


観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。


ブランドン・片山・ヒルの経歴・略歴

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

自分で情報収集ができることも大事。情報量の少ない投資先では失敗する。


永田豊志

何かテーマを与えられたとき、頭の中で考えるか、それとも書いて考えるかが成否を分ける。頭の中がごちゃごちゃしている人は、書くことをあまりしていないと思います。書く習慣をつけるだけでも、頭はクリアになり、仕事の成果も上がるはず。


白川保友

顧客志向という考えが人を動かす力を持つと実感したのは、JR東日本の担当常務として、ICカード乗車券Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)の相互利用に向けた交渉を進めていた時です。私鉄やバスなどのパスモとスイカを共通化する構想に対して、私鉄側の警戒感は容易に解けませんでした。JR東日本は緑がコーポレートカラーですので「緑色に染まるのは嫌だ」とか、「主導権を奪われてしまう」などの声が聞こえてきました。私は「JRのためでなく、顧客のためにやりましょう」と私鉄各社を何度も説得しました。最後は群馬県の水上温泉に各社の担当者に集まってもらい、合宿形式の議論に臨みました。こちらの手の内やノウハウはすべて公開すると宣言し、実質的にはその場で共通の方向が決まったのです。


山本吉兵衛

商品をつくるときには、はじめに何のためにこういう商品を出すのか、という心があるんですよ。そういう立ち上がりの心が、販売の各段階のそれぞれの担当の人に伝わらなければ、正しい販売はあり得ないというのが私の哲学なんです。


南場智子

社内に高学歴の人が多くなってきましたが、リスクもあります。解答欄があって正解を言い当てて褒められることに慣れている人を間違って採用すると、ベンチャーは解答欄がない世界なので通用しません。


高向巖

いまの時代はトップ自らの勉強が大事です。そしてものごとをじっくり考える時間が必要です。


新井直之(執事)

私どものお客様には、大きく分けて2種類のお金持ちがいます。代々の財を継承された方、一代で事業を成功させた方です。ただし、お金持ちであり続ける方法は共通しています。それは事業を継続させ、投資をし、節税をすること。皆様「お金の使い方」についてしっかりと学ばれています。


山口照美

言葉にならない悩みは、モヤモヤと胸のうちに溜まります。生活が苦しくなると、お金や将来の不安を漠然と感じます。感じるけれど、その正体がわからないためにずっとモヤモヤした不安を抱えたことになってしまいます。そういうときは悩みの言語化がお勧めです。まず「お金の不安がある」と紙に書いてみる。そして、不安の中身を具体的に調べて書く。貯金がいくらで、給与がこれだけで、買いたいものや必要なお金がこれだけあってと書き、足りない金額を目に見えるようにする。そこから、なぜ足りないのかと自問自答を始めます。具体的な原因が言語化されると、モヤモヤが明確な課題に変わります。


貞松成

保育と介護を一緒にすると、一つの場所で二つできるという経済的なメリットがあります。保育所というのは、先に出したところの半径200メートル以内には出してはならないという条例がある自治体もあります。ですから、最初に保育所をつくったところが、保育士を確保できるし、ドミナントができることで本部の生産性も向上し、従業員の教育時間を確保することができるので、保育所の価値も上がります。我々は同じ場所に保育も介護も両方つくるので、売り上げも利益も倍になる。同じ面積なのに他社より利益が倍出るんですが、その代わりキャッシュは重くなる。より大きな箱をつくらないといけないので、投資も立ち上げるまでの時間もかかってしまいます。


森川亮

ITの領域は、大企業だから強いという部分があまりない。できるだけ組織は小さくあり続けたい。