ブランドン・片山・ヒルの名言

ブランドン・片山・ヒルのプロフィール

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

ブランドン・片山・ヒルの名言 一覧

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。


ユーザーへのメリットをもっと分かりやすく紹介した方がいい。


日本人のプレゼンの課題は構成。英語力は大きな問題ではない。足りないのは、観客を楽しませる気持ちと、プレゼン自体を面白く、楽しいものにするという発想。それを持てば、自社製品やサービスの魅力をもっと効果的に伝えられるようになる。


観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。


ブランドン・片山・ヒルの経歴・略歴

ブランドン・片山・ヒル。コンサルタント。「ビートラックス」CEO(最高経営責任者)。北海道出身。サンフランシスコ州立大学デザイン科卒業。ビートラックスを設立。

他の記事も読んでみる

佐藤誠(SFPダイニング)

難しいのは魚介類の鮮度管理です。注文を受けた食材を冷蔵庫から出していたのでは、せっかくのライブ感が台無しです。鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています。


中村友哉(経営者)

誰もやったことがないからこそ我々は挑戦している。


太田光代

あなたの仕事は早いですか? ミスが少ないですか? こう聞かれても、恐らく、自分では判断しにくいと思います。気恥ずかしいかもしれませんが、思い切って上司に聞いてみましょう。仕事に積極的だと好意的に取って、上司は快く相談に乗ってくれるはずです。


豊田章一郎

販売店にしる工場にしろ、いい雰囲気とそうでないところというのは、一歩そこへ入ればすぐ分かる。


瀧本哲史

サラリーマン意識で働いている人は、「結果を出さなくても別に関係ない」と思っています。それは自分が一生懸命働かずとも、毎月決まった額の給料がもらえるからです。しかしそのままではコモディティ人材からは抜け出せませんし、自分の生殺与奪の権限を会社に預けるという大きなリスクを負うことにもなります。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その19】優良企業に投資しているのなら、時間はあなたの味方になる。我慢できるからである。たとえ最初の5年間のウォルマートに投資できなくとも、次の5年間所有していれば満足のいく結果が得られた。


ソクラテス

友と敵とを持たねばならない。友は忠告を、敵は警告を与えてくれる。


俣野成敏

今では価値がないのに、惰性で続けているムダな仕事を見つけるには、「後工程に聞く」方法が有効です。他部署や取引先に「私たちがやっているあの仕事、役に立っていますか」とヒアリングし、微妙な反応だったら、それはすでに経年劣化した仕事です。


松下元

「五省」
一、至誠に悖(もと)るなかりしか(誠実さや真心、人の道に背くところはなかったか)
一、言行に恥づるなかりしか(言行不一致な点はなかったか)
一、気力に欠(か)くるなかりしか(精神力は十分であったか)
一、努力に憾(うら)みなかりしか(惜しみなく努力したか)
一、不精にわたるなかりしか(怠けたり、面倒くさがったりしたことはなかったか)


倉重英樹

どんな中でも答えはある。諦めずに追求する、その気持ちが切れた瞬間に答えがなくなる。


泉谷しげる

どこに魅力を感じるかなんてのは、相手が決めることで、自分じゃコントロールできない。


関戸正実

家電事業の整理は、まだテレビ特需が残っていた2年前くらいから重要な経営課題として認識をしていました。体力に勝る大手企業が熾烈な低価格競争を繰り広げる中、当社は価格よりも「地域密着」「サービス向上」を旨に営業を続けてきました。しかし消費者の低価格志向も強まり、当社の営業スタイルではなかなか需要を取り込めなくなっていた。デフレマーケットに適応した、大手のビジネスモデルの前にはなす術がありませんでした。


安田佳生

多くの人は仕事時間を減らす方法がないのではなく、目の前の仕事をこなすのに必死で、「別のやり方」を考える余裕がないだけだと思います。そういう意味では、「考える時間」をまず持つことが大切です。仕事の効率アップだけでなく、モチベーションアップにも大きく影響しますから。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

私たちはいつも直線的に物事を考える癖がある。世界がこれからどうなるかということを考えてみるときですら、いまの世界の動きがさらに進展していくという前提で未来の予想を立ててしまうのだ。いまの世界の動きから突如にして変貌していくとか、その都度世界が変化を続けていくといったふうに考えたりしないものだ。しかし、実際の世界はそういうふうに動いているのではないか。


吉田忠裕

カリスマ創業者の形だけ真似てもうまくいかない。


ページの先頭へ