名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ブライアン・ヘイウッドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ブライアン・ヘイウッドのプロフィール

ブライアン・K・ヘイウッド。「タイヨウ・パシフィック・パートナーズ」CEO(最高経営責任者)。ハーバード大学卒業(東アジア研究専攻)。JDパワー、英「ベルロン・インターナショナル」ディレクター、シティバンク・ジャパン副社長などを経てタイヨウ・パシフィック・パートナーズを設立。

ブライアン・ヘイウッドの名言 一覧

市場の中にはサメも必要。サメがいないと、弱った魚が増えすぎる。


会社の存在意義は、価値創造だ。それを忘れないでほしい。


多くの経営者が「投資家は短期的だ」と言う。だが、本当に長期的に企業価値を高めようと本気になっているだろうか。利益は出ていてもEVA(経済付加価値)はマイナス、つまり価値を毀損している場合も少なくない。


伊勢神宮は20年に1度、新たな社殿を建てて遷宮する。伝統を守りながら若さを保つ「常若(とこわか)」という精神だ。日本の経営者もそれを見習ってほしい。


本来、コーポレートガバナンスは素晴らしい社長が一人いれば、それで十分。しかし、次の社長がそうなるとは限らない。完璧な継承は不可能で、そのためにしっかりとした仕組みを入れることが必要。


日本では経営者に大恥をかかせる劇場型アクティビズムはなじまない。経営者との直接対話で、徹底した他社比較などをし、小恥をかくことが改革につながる。


ブライアン・ヘイウッドの経歴・略歴

ブライアン・K・ヘイウッド。「タイヨウ・パシフィック・パートナーズ」CEO(最高経営責任者)。ハーバード大学卒業(東アジア研究専攻)。JDパワー、英「ベルロン・インターナショナル」ディレクター、シティバンク・ジャパン副社長などを経てタイヨウ・パシフィック・パートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

中野憲太

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。


羽鳥兼市

熱い人でなくてはいけません。挑戦する情熱がない人だったり、自分の夢に命をかけられる人でなければ、夢の実現は難しいでしょうね。命や財産、名誉、立場を守ることだけを意識してしまうと、どうしても保守的な動きにならざるを得ない。ゆえに実力の十分の一しか発揮できないと私は思っています。もちろん命を無駄にするような無茶をしろと言っているわけではありません。自分が本当にやりたいこと、楽しいこと、目指すもののためになら、懸けてもいいんじゃないかと思うのです。


野尻恭

SRIスポーツが上場した2006年に、連結売上1000億円を目指すという目標を掲げました。その後、リーマンショックをはじめとする環境の変化がありましたが、それでもこの目標は変えませんでした。むしろ鮮明にチャレンジする姿勢を打ち出しました。


小池龍之介(小池龍照)

怒りは、心理学で言う二次感情であることがほとんどです。プライドが傷ついたり、不安であったりという、認めたくない一次感情を隠すために現われるものなのです。


岩澤俊典

当社の業務は、日本企業をいかに世界で戦える企業にしていくかということ。最後は結局、日本企業の進出先のローカルの人たちが、どれだけモチベーション高く動くか。そこに尽きます。


窪田良

ただの白線の上を歩くことはできますよね。でも同じ太さでも高層ビルの上に渡った鉄骨だと思うと、足がすくんでしまいます。このように、危機だと思うとパフォーマンスは下がるのです。


星野佳路

面接で評価の低かった人が、現場に出て活躍することもあれば、その逆もあります。人の能力は未知数で、上司が一方的に見て正しく把握することは難しい。当社では新卒を300人ほど採用しますが、誰が将来どう成長していくかは予測不可能です。人材の抜擢には限界があります。だからこそ、立候補制度があるのです。


織田裕二

「やる気のない仕事をしたらいいことなんてひとつもない」。いつも僕は、そう自分に言い聞かせています。役者という好きな仕事をやれていいなと思う人がいるかもしれません。でも、実際は僕らの仕事もやりたいことばかりではないんです。ときには「この役は何だろう」と思うこともある。そこで、なんとなく役をこなしていくのは時間のムダ。ストレスが溜まって、その後もずっと後悔が続くだけ……。だから、僕は1度「やる」と決めたらどんな役も全力で取り組みます。人生の多くを占める仕事の時間をいい加減に過ごすのは、もったいないじゃないですか。


倍賞千恵子

詩人で書家でもあった相田みつをさんのカレンダーをいただいたことがあって、そこに「いまからここから」と書いてありました。その言葉が大好きになって、コンサートのサブタイトルに使わせていただいたことがあります。その言葉に出合った頃は、つらいことや悲しいことがあった時には「そんなこと、全部忘れちゃって、いまからここから前だけを見て、前進あるのみ」なんて思っていました。でも、それから何十年も経った今は、全く違う受け止め方をしています。ちょっと立ち止まって、後ろを振り返って、「あんなことがあった、あんな人に出会えた」と思うのもよいと、今は思えます。たとえつらい過去があったとしても、無理に忘れることをせず、それもひっくるめて受け入れる。それからまた、前を見てゆっくりと歩いていけばいいかな、と。


飯伏幸太

国内だけでなく海外からのオファーも、全部自分で対応します。交渉事がこんなにキツいとは思わなかった(笑)。だから、なかなか試合が組めなくて。でも、今これをやっていることが、今後、何かにつながるんでしょうね。試合数が少ないという状況が「物足りない」とか「欲しがる」という、リングでの今までやったことのない感情表現につながるかもしれない。無駄なことなんて、ないんです。


童門冬二

日本人には一つの考え方の癖があります。「何を」という内容を重んずるのか、あるいは「誰が」それをやっているかという人を重視するのか、どちらかを選ぶ際、後者をとる癖です。たとえどんなによいことであっても、やり手が気に食わなければ人はついてきません。


ケリー・マクゴニガル

行動と言葉が一致しないことは、リーダーとしての信頼を損ねるだけではありません。グループのメンバーがその組織をどう捉えるか、ということにまで波及・拡散する効果があります。