ブライアン・アダムスの名言

ブライアン・アダムスのプロフィール

ブライアン・アダムス。カナダ出身のミュージシャン、作曲家作詞家、カメラマン。映画音楽も手掛け、映画ロビンフットのテーマ曲アイ・ドゥ・イット・フォー・ユーで全米チャート1位を7週達成し、ギネスブックに掲載された。

ブライアン・アダムスの名言 一覧

いつも自分はきっと将来何か音楽に関係したことをしているだろうなということは知っていた。そこで成功しているかどうかはわからないけれど、その世界で何かしているだろうなとは思っていた。レコード店で働いていたかもしれない。バンドの一員としてやっていたかもしれない。ただ、決してこの世界にスターになるために入ったわけじゃない。


ブライアン・アダムスの経歴・略歴

ブライアン・アダムス。カナダ出身のミュージシャン、作曲家作詞家、カメラマン。映画音楽も手掛け、映画ロビンフットのテーマ曲アイ・ドゥ・イット・フォー・ユーで全米チャート1位を7週達成し、ギネスブックに掲載された。

他の記事も読んでみる

野田一夫

自分が誤っていれば他人の忠言を聞き入れるべきだが、そうでなければ人の言うことなど聞く必要はない。


林修

よく誤解されているおもてなしは「自分の最高」を提供すれば事足りると考えることです。行きつけの店に連れて行く。あるいは、自分が好きな食べ物やお酒を贈る。これは完全におもてなしの本質からかけ離れた行為。目的を履き違えています。相手を満足させることがおもてなしのゴールです。いくらお金と時間を使っても、相手に響かない結果なら、ただの自己満足。


原田隆史

プラス思考とは、結果に対して持つものではありません。すでに起こった出来事ではなく、これから行なうことをいかに自分の意志で、気持ちで喜んでできるか、という「プラスの気持ちの選択」の仕方なのです。だからこそ、目的・目標を達成することでどういう「気持ち」になるかを明確化することが必要です。そこを押さえておけば、少々の逆境や失敗に直面しても、「もしもう一度やり直せるならばどうする?」と、次の行動へと目を向ける気力とやる気を保てるでしょう。


三宅雪嶺

大才は決断にあり。


冨田和成

20代であればまだまだ修業の身。そこで大きな成長を遂げる人は、徹底して修業に集中できる環境を求めようとします。毎日、長時間電車に揺られている若い方がいたら、試しに会社の近くの物件を検索してみてはどうでしょうか。「この値段で、こんな都会に!?」と思える物件が意外と多いことに驚くと思います。


設楽洋

個性の強い社員が、いい意味でも悪い意味でも暴れまわることに対しては、当然、まともな社員から文句が出ることはありますし、束ねるのは大変であるものの、個性の強い人間は、いい商品を仕入れてくるのです。


太田彩子

多くの営業が苦戦を強いられているなかでも、好成績を上げている営業も数多くいます。そんな彼らに共通して見られる特徴は、キャンセルが出てもすぐに代替案を出せる柔軟性、そしてお客様と協力し合って新たなアイデアを出そうとする伴走型の営業スタイルです。「一緒に頑張ろう」という姿勢を持つ営業が、強さを発揮しています。


苅谷道郎

会議や決裁だけしていても経営はできません。考える時間を強制的にでもとらないと、マンネリ化し、やがて競争から置いていかれるでしょう。


萩本欽一

芸能界という世界にきてから、僕は「スター」と呼ばれる人たちとたくさん会ってきました。それで気がついたんですが、大スターほど「自分はダメな人間だ」って言うの。平気で打ち明けてくれる。普通の人は、自分の欠点を隠そうとするでしょ? それどころか自分の欠点に気がつかない人だっているよね。でもスターになる人は、ちゃんと自分の欠点を自覚して、それをなんとか克服しようと思って闘っているんです。あるいは欠点を活かす方法を考えてますね。


藤本隆宏

20世紀後半の日本の生産現場・開発現場が錬成してきた統合型の現場能力をどうやって維持し、どうやって活かすかについては、油断大敵である。能力の構築は少なくとも10年を要するが、崩壊は一瞬である。能力構築の障害になる要因はできるだけ取り除いておきたいものだ。


青木仁志

社員の成長にとって最も大切なのはほかでもない、経営者自身、上司自身のまっとうな物の見方・考え方。


三島海雲

私はギリギリのマージンしか見込まず、長続きするような取引を心がけるようになった。そして、それだけで会社をまかなっていけるような、いい得意先をつかむことができた。
【覚書き|北京で貿易商「日華洋行」を興した当時を振り返っての発言】


照屋華子

優れたビジネス文書を書くうえでまず重要なことは、語彙量でも感性でもなく、何について書くのかというテーマと、読み手にどんな反応をしてほしいのかということが明確になっていることです。


渡辺健太郎(経営者)

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。


太田光代

率直に申し上げれば、景気に関係なく、利益を1円でも上げて会社の業績に貢献することを考え、実践し続けるのが社員の義務。


ページの先頭へ