名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フローレンス・ジョイナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フローレンス・ジョイナーのプロフィール

フローレンス・ジョイナー。米国の女子陸上選手。主な種目は100m、200m、リレー。ソウル五輪で100m、200m、4×100mリレーでそれぞれ金メダルを獲得し3冠をなし遂げる。競技の実力と共に華のある明るいキャラクターで多くのファンを作った。34歳の若さでこの世を去る

フローレンス・ジョイナーの名言 一覧

試合前にやらなくちゃいけないことをきちんとやっただけです。
【覚書き:上記はソウル五輪で金メダルを獲得した時、勝利の秘訣を問われてのコメント】


フローレンス・ジョイナーの経歴・略歴

フローレンス・ジョイナー。米国の女子陸上選手。主な種目は100m、200m、リレー。ソウル五輪で100m、200m、4×100mリレーでそれぞれ金メダルを獲得し3冠をなし遂げる。競技の実力と共に華のある明るいキャラクターで多くのファンを作った。34歳の若さでこの世を去る

他の記事も読んでみる

菊地敬一

次第に店のお客さんがバイトになり、バイトが社員になり、そろそろ彼らのために新しい店でもを作るかなぁと。
【覚書き|ヴィレッジヴァンガードの店舗を増やしはじめた理由について語った言葉】


桜井一紀

最近、大企業でもコーチングの資格を昇進の条件にしているところがあります。もはや人を動かす力なしにはミドル以上のキャリアなき時代に突入したといっていいでしょう。


高山善司(髙山善司)

グーグルマップへの地図提供はエンドユーザーには無料で提供しているので、収益はグーグルからのライセンス料だけ。今後は、付加価値を高めて有料でのサービスにも力を入れたい。今は、どんなコンテンツにすれば利用者に納得してもらえるか模索しているところです。今までにはなかった斬新な機能を出す必要があります。


青山真治

僕のモチベーションの源は「笑い」でしょうか。人と出会ってニヤニヤできればいい。基本的にオタク傾向でウチから出ないほうだけど、やはり人と会うと楽しくなってくる。


堺屋太一

組織のリーダーや経営者は、自分が所属する組織が、「死に至る病」に取りつかれていないか、急いで総点検していただきたい。組織が「死に至る病」は三つしかない。膨大な財力があり権限も大きい組織が潰れる原因は、①機能組織の共同体化、②環境への過剰適応、③成功体験への埋没、である。


篠原菊紀

一流のアスリートたちの間で当たり前に行われていることが、練習ノートを書くこと。プレーの課題を書き出し、対策を練ることで成功イメージを頭の中に描く。その結果、試合時には失敗を恐れる気持ちが振り払われ、脳のワーキングメモリーへの負荷が減り、集中力を高めることができる。


山本博(アーチェリー)

20代以上の運動能力と、若い選手に勝る経験があるのだから、きっと天下を取れると信じて疑いませんでした。「30代で絶対に金メダルを獲る」と堅く心に決めていました。しかし、結果はその意気込みとはまったく逆でした。シドニー・オリンピックに至っては国内予選で敗退し、出場さえできなかった。まさに奈落の底に突き落とされた気持でした。それでも引退を考えたことはまったくなかったです。


丸山学

消費者側から見た価値やニーズを捉えて、販売に活かすことが重要。


高木芳紀(髙木芳紀)

人脈作りで大事なのは、まず信頼関係を育てることです。たとえば異業種交流会で知り合っても、メールを送ってそれっきりになってしまうことが多いですよね。でもツイッターやフェイスブックを使えば、交流会のあとでも、ネット上でやりとりを続けることができるんです。そのやりとりを通じて、互いの信頼関係が深まっていくんです。


柳楽幸雄

売れずに終わった製品や技術も少なくありません。失敗することを恐れず、面白さを感じながら仕事をする社員が当社にはたくさんいます。変化のあるところ、成長するところに積極的に出ていって、-人ひとりが頑張らないと多軸化でしきません。これをさらにグローバルに広げていくつもりです。


越智直正

創業時、「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」という理想を掲げましたが、そんな理想はアホちゃうんかと自問自答してしまうほど、最近の業界は狂っています。商売人がお客をバカにして、品質が悪いものを低価格で売ることが横行している。800円で売るべき品質のものを、700円で売っていこうというのが本当の競争です。いまは違います。見かけは800円のものを300円以下の品質で堂々と出してきて、「どや、安いやろ」と300円で販売している。これでは、競争になんかちっともならんのです。


鎌倉圭

税理士試験合格後、すぐにウェブのオーディションで自作曲がグランプリになり、CDデビューのお話をいただいたんです。迷いもありましたが、やらずに後悔するくらいなら、やって後悔しようと音楽業界に飛び込みました。セカンドアルバムはiTunesチャートで1位になり、2008年のベスト・インディーズ・アルバムにも選ばれました。今でも、ミュージシャンのプロデュースをしたり、事務所に所属するアイドルの楽曲を作ったりしていますよ。