名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ギュスターヴ・フローベールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギュスターヴ・フローベールのプロフィール

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

ギュスターヴ・フローベールの名言 一覧

人生で最も輝かしいときは、いわゆる栄光のときではなく、むしろ落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。


成功は結果であって、目的ではない。


我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっと、こんな調子で来たのである。


ギュスターヴ・フローベールの経歴・略歴

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

他の記事も読んでみる

中村勇吾

ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


小野寺佑太

当社の経営理念は、「全ては他者の喜びのために」です。私は、人に決められた人生でなく、自分で選んだ人生を歩んできました。同じような選択をして挑戦する経営者の方々を、これからも仕事を通じてぜひ後押ししたい。そして一人でも多くの皆さま、ひいては社会全体に貢献したい。


津田大介

ブログを始めたときも最初はしんどかったですね。ライター仲間からは「プロは文章を書いたら金をもらう。どうして無料で書くんだ。ありえない」と言われましたし、自分の中にも抵抗感はあったので。とはいえ、すでに出版不況は始まっていて、自分の書いていた雑誌もどんどん潰れている。ここからは自分の名前で商売していけるようにしなくちゃいけない、と。それにライターは依頼があって書く仕事だから、自分の100%好きなことはやれない。もし、書きたいことがあるなら、無報酬でも始めた方がいいと考えたんですよね。


桜井博志

若い人は、もっと個性を出して、生きていいのではと思う。常識を疑い、普通でないことをして物事に挑戦しないと、新しい発見や成長はないし、ブレークスルーも起きない。


田中和彦

オンとオフの切り替えが大切だとよく言われますが、その中間のグレーゾーンこそ大切。


古森重隆

改革するためのリーダーシップには定石があります。たとえば、戦争で戦局を左右するような大きな戦いに遭遇したときに何をすべきか。まず、自軍が置かれている状況を味方に伝えなくてはいけません。「敵の大軍に囲まれ、補給路を断たれてしまった」と。つまり、会社が置かれている状況を、社員みんなに正しくわからせるのです。そして、何をしなければいけないか、状況を分析します。メーカーの場合、技術が一番大事な経営資源です。どの分野だったら我々の経営資源を最も生かすことができ、競争力のある商品を出せるのか。社内はもちろん、外部の市場の状況も分析し、どの方向に行くべきか構想を立てます。その実施計画を社員に説明したうえで、リーダーである自分が真っ先に飛び出す。そうすれば、部下はついてきます。ついてこない社員がいたら、力ずくでも引っ張っていく。そこがリーダーシップです。


石田知義

平日1時間、休日2時間歩いています。身体の健康のために歩こうと考えるのではなく、ビジネスのアイデアを探りながら歩くことを心掛けています。歩くことで血行の巡りが良くなり、頭もクリアになるため、机に座って考えるよりも、はるかに新規事業のアイデアが浮かんだりします。


林文子

クルマを一台買っていただくのも、納豆をひとつ買っていただくのも、基本は同じ。ですから、ダイエーの経営を任されて戸惑いはまったくありませんでした。私はお店にいくと、「今日はキャベツがお安いですよ。いかがですか?」って、お客さんに声をかけちゃいます。スーパーが待ちの商売というのは、大きな誤解です。お客様アンケートをみても、店員から商品の説明を受けたいと思っているお客様はとても多いんです。ですからダイエーでは、「ワンステップ・ワンボイス運動」というものを始めています。もう一歩お客様に近づいて、お客様に役立つ情報を提供する。こうしたおもてなしのコミュニケーションこそが、モノを売るビジネスの基本中の基本なんです。


北野讓治(北野譲治)

官僚の人とのディスカッションはすごく有益なんです。自分が考えていないようなことを示唆してくれます。


工藤公康

自分で自分を諦めなければ、次々に新たな自分と出会える。一方、衰えのせいにして、自分を諦めてしまうと、日々、古びていく自分に幻滅することになってしまう。


朝倉千恵子

素直さとは、自分の知識や経験、主観などにとらわれず、何事も吸収できる心の状態を言うと思いますが、知識や経験を積めば積むほど、知ったかぶりをしたり、こうだと決めつけてしまったりしがちです。以前には気づいたことも、「でも」「だけど」「そうは言っても」などといった感情が出て、素直な吸収を妨げてしまうのです。慣れは素直さの敵です。


松田公太

アメリカで一時期「No Pain, No Gain(苦しみなくして得るものなし)」という言葉が流行った。私はこれを「No Fun, No Gain(楽しさなくして得るものなし)」と言いかえたい。何でも楽しみながら経験していけば、必ず自分にとってプラスになる。