名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ギュスターヴ・フローベールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ギュスターヴ・フローベールのプロフィール

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

ギュスターヴ・フローベールの名言 一覧

人生で最も輝かしいときは、いわゆる栄光のときではなく、むしろ落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。


成功は結果であって、目的ではない。


我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっと、こんな調子で来たのである。


ギュスターヴ・フローベールの経歴・略歴

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

他の記事も読んでみる

小倉昌男

モノやサービスを提供する側がまず考えなければいけないのは、価格ではない。大切なのはあくまで中身だ。無論中身が同じなら、価格が安いほうがいいに決まっているが、価格を抑えるために中身を犠牲にするのは本末転倒というものだ。


三国大吾

私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


アルバート・アインシュタイン

私は未来のことについて決して考えない。未来はやがてやってくるのだから。


佐久間昇二(佐久間曻二)

私が社長になっても、家電の「ハード屋さん」が畑違いの「ソフト屋さん」に来たとみられたのか、信頼されていないような感じでした。だから、経営理念を制定しようと呼びかけてもうまくいかないと思ったのですが、少なくとも共通の目標をめざして仕事をする必要はあったので、まずは経営再建を目標に掲げました。
【覚書き|WOWOWの経営再建を振り返っての発言】


河野章宏

僕らのビジネスの根本は、「CDを売る」「曲を売る」じゃなくて、興行(ライブ)で利益を上げるのが基本なんで。曲は全部ダダであげてもいいかな、っていう発想に最近なってきてるんですけど、まだそこは様子を見ている感じですね。レンタルで聴いても、音楽が良ければライブには行くじゃないですか。そこに僕らは力を入れてるというか。そこに来てくれれば、売れなくても買わなくてもいいですよって。


富田浩安

アメリカの学生は日本の学生とはまるで違って、親元から離れてバイトをしながら、しかも、勉強もしっかりやっているわけです。そのことが私に大きな影響を与えました。家庭が裕福であろうがなかろうが関係ありません。彼らは自分の力でどこまで通用するかを試そうとしているわけです。そんな彼らの姿を見て、私は「(日本での)学生時代の自分は何をしていたのか」と反省しました。それから一気に奮起したんです。


益子修

基本的な考え方として、OEMは生産台数を維持するための基礎部分になりますね。生産するボリュームが増えれば1台当たりの開発費は当然少なくなります。その結果、売りやすくもなるし投資の回収も早くなる。そうするとコンスタントに次の車、あるいは現行車の改良などにもしっかりとお金が使えるようになる。これはやっぱり、基本的に大事なことじゃないかと思いますけどね。


平野香奈絵

私は美容クリニックに出会ったことで、自分の肌の悩みが劇的に改善しました。ですが、ほんの10年くらい前の美容クリニックって、「私通ってます」ということが言えない世の中の風潮がありました。悪いことをしているわけではないのに、なぜか人に言えず、隠れて行動しているような空気があったんです。これは昔ほどではないにしろ、今も同じような空気はあると思うんです。私はそうした世の中の空気を変えたい。美容医療の世界は、昔から悩み、コンプレックスだったものを解決してくれる有難い存在です。困りごとを解決してくれて喜んでいる人がいるんですから、何でコソコソしなきゃいけないのかと思うんですね。でも、これは医師の方が言ってもあまり説得力はないのではないかと。あくまで患者目線・消費者目線で発信していかないと、説得力がなく、純粋に美容医療が飛躍的に広がらないのではないかと思ったのです。


塚本勲

企業はリスク管理という観点で、一社集中、一極集中ではダメ。


金子太郎

とくに若い人には、いろいろな人や書物などから経験や知識を吸収し、できる限り健全な常識を身につけてほしいと思います。


泉谷直木

一番厳しいときに、自分に対して正直になれるかどうか。嘘をつかないということは、事実を見るということです。事実をちゃんと見ないで嘘をついてしまうと、因果関係のない手を打ってしまったりする。だから、嘘をつかずにきちっと事実を見て、その事実に対して謙虚に立ち向かう。


斉藤惇

改革をやりましたと言いながら、実はできていない会社が少なからずある。トップは改革をやるという意志を示したけれども、社内で反対があるのでできませんという弁解。特にいい技術者がたくさんいるような会社、今まで成功してきた会社には「社長、何でそんなことを言うんですか。自分達はここまで会社を持ってきたじゃないですか」という反論を受ける。そういう時にCEO(最高経営責任者)がちゃんと答えられないでいる。そういう問題がいっぱい起きている。改革ができないということです。