名言DB

9425 人 / 110833 名言

ギュスターヴ・フローベールの名言

twitter Facebook はてブ

ギュスターヴ・フローベールのプロフィール

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

ギュスターヴ・フローベールの名言 一覧

人生で最も輝かしいときは、いわゆる栄光のときではなく、むしろ落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。


成功は結果であって、目的ではない。


我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっと、こんな調子で来たのである。


ギュスターヴ・フローベールの経歴・略歴

ギュスターヴ・フローベール、フロベール。19世紀フランスの小説家。フランスのルーアン出身。法律を学んでいたが病気のため文学の道に進む。主な著書に『ボヴァリー夫人』『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。

他の記事も読んでみる

三須和泰

現在はメールもあればフェイスブックなどのSNSもあってとても便利ですが、大事なことは直接、人と会うことです。工場や支店、営業所回りでも、食事などをしながら一人一人と会っています。


野中正人

手前味噌になりますが、「しまむらで働いていてよかった」という社員の声をよく聞きます。しまむらは、いってみれば「正直な会社」です。社員の誤解を招くようなことはあまり言わないし、若いときからかなり大きな責任と権限を持たされます。社歴がそれほど長くない人にも、店長を任せたりします。


岡村正

重要なのはやはり人材育成だと思います。10年後に活躍できる人材の育成については、教育界に要求するのは当然としても、今からでは間に合わないかもしれません。ですから企業が10年後の自社の姿はどのようになるのかを考え、コミュニケーション能力を高めてマネジメントを行える人物を育てていく必要があるのです。その点で企業経営者の責任は非常に重い。


中谷健一

人には性格や嗜好によって集中力がものすごく高まる場所がある。しかも、仕事内容によって場所と集中力の相性が変わる。場所を変えることで集中力をコントロールできる。


内藤誼人

上手く褒めるだけでは部下のやる気を引き出せません。彼らにとって重要なのは、「何を言われたか」ではなく「誰に言われたか」。あなたが部下に受け入れられていなければ、どんな言葉で鼓舞激励しても効果がなく、逆に好感を持たれていれば、厳しく叱っても相手はやる気を出してくれるのです。


塚越友子(水希)

成果を出したいときに一人でやると目立ちますから、上司と組んで出すべきです。


火浦俊彦

どんな企業もスタート時には強力な商品やサービスがあり、創業者はそれでどう勝つかに徹底的にこだわる。ゆえに、現場にも自分と同じ思いを持った分身をつくろうとする。創業者は分身たちを通じて顧客や市場のちょっとした変化を敏感に感じ取る。つまり、「創業者目線」が行き届いている企業では、経営層と現場の距離がきわめて近い。


梅森浩一

いま、あちこちで仕事の仕方を指南する情報が流れています。もちろん、汎用性のある手法は大いに活用すべきでしょう。しかし評価という視点からいうと、必ずしもカリスマの手法があなたの環境で役立つとは限りません。それより、まず社内で結果を出している上司や、できる先輩のマネをする。それが、自分がいまいる場所で成長する最も効果的な方法だといえるでしょう。


和地孝

4200人の社員全員と直接対話をしました。社員が社長室の外に出ないで間接話法で話をしたのでは伝言ゲームのように、間違った内容が社員に伝わってしまいます。それに、私が直接現場に出向いた方が、改革に対する本気度が社員に伝わります。社員に私の話を「間違いなく、この社長が言っていることだ」と信じてもらうことが大切なんですね。


奥山清行

モノをデザインするときに大切なのは、生活に必要だから買う「ニーズ」ではなく、人々が心から欲する「ウォンツ」を生み出すことです。