名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

FROGMAN(CGクリエイター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

FROGMAN(CGクリエイター)のプロフィール

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

FROGMAN(CGクリエイター)の名言 一覧

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


いまは気になる情報をすぐネットで検索する時代。検索で出ることが不可欠。


脚本にしっかり起承転結をつけ、誰もが理解しやすい話を心がけています。絵は下手だし、アニメは雑ですが、脚本には時間を掛けます。


『鷹の爪』放送当時、TVアニメは1クールで60本の新作が出る大激戦。DLEは創業5年の会社で予算も少なく、普通にやったら埋もれます。そこで他とは違うことをしました。アニメの内容よりも、「FLASHアニメという新しいアニメーション産業が生まれた」とビジネスの新しい潮流の面をアピール。新聞各社で取り上げられました。また、映画上映前に流れる鑑賞マナーアニメをつくり東宝系の映画館で流してもらいました。全国で年間数万回は流れますから、宣伝効果は絶大でした。


炎上を避ける手段として「怒ったら負けだ」という雰囲気を作っているというのもあります。例えば総統に「そんなこと言って大丈夫かい?」と心配させた後で、吉田くんに「○○さんは、こんなクソアニメにカッカするような器の小さい人間じゃありませんよ!」って言わせてしまう。そうやって先手を打てば、周りは何も言えなくなりますからね(笑)。


放送が地上波の深夜枠だったので、見るのは大人が多いだろうと。それなら多少ブラックで、シュールで、どぎつい笑いがあったほうが話題性も出るだろうと思ったんです。僕もそういう世界観が好きでしたしね。ただ、そのさじ加減はめちゃくちゃ気にしました。こだわったのは、「品のないものにはしない」「誰もが共感できたうえで、なおかつ時折ハッとさせられるようなシニカルな笑い」という2点。正直、炎上マーケットじゃないけど、誹謗中傷で話題を作るのは簡単なんです。でも、『鷹の爪』は大前提として、いずれ作品を広告として使ってもらいたいという狙いもあったので、広告がつかないような笑いは避けてきたんでよね。ですから、よく見てもらうとわかりますが、みんなが言うほどブラックでもないんです(笑)。


『鷹の爪』を多くの人に知ってもらおうと、アニメ関係のイベントなどで宣伝をかけるんですけど、完全無視(笑)。「なんでこんなの放送するんだよ」って言われたり。それでもアニメファンというのは優しくて、どれだけ期待値ゼロでも、1回目の放送だけは見てくれるんですよね(笑)。しかも、いざ放送が始まったら、掲示板に書かれる言葉が、オセロのように高評価の意見にひつくり返っていって。番組が終わる頃には、「今期最高のアニメ」と言われるまでになっていました。


最初は素人ばかりが集まってアニメをつくっていましたね。だから、物語としての面白さはあっても、アニメとしての出来はホントにひどくて(笑)。ヘタなだけならまだいいんですよ。単純に色の塗り忘れとか、セリフを言ってるのに口が動いていないというミスもよくありました(笑)。当時は深夜アニメ全盛期の時代でしたから、きれいな絵のアニメがたくさんあって、その中に『鷹の爪』みたいな作品が突如現れたら、面白い面白くない以前に、アニメファンは衝撃を受けたでしょうね。そりゃあ「クソアニメ」って言われても仕方ないですよ(笑)。


それほどアニメ作りが好きじゃなかったというのが、一番良かったのかなと思いますね(笑)。完全に仕事として取り組んできましたから。もっと上手くアニメを作りたいとか、自分の作品で世界を変えてやろうとか、そういうのがまったくなくって。今日、明日のご飯が食べられたらそれでいいという思いが一番にあったんです。もちろん、多くの人に面白いって言ってもらえることに喜びを感じますし、『鷹の爪』の世界観は僕も大好きで、吉田くんや総統を使って面白いことをしたいという思いはありました。ただ、アニメに対しての過度な期待というのはなかったんですよね。


FROGMAN(CGクリエイター)の経歴・略歴

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

他の記事も読んでみる

北島康介

辛い思いをしてまで水泳を再開したくなかったんです。辛いとは練習ではなく、「北島康介はこうでなくてはいけない」というような周囲の声が耳に入ること。それだけでストレスになる。僕は僕だし、水泳が好きで始めたから、やりたいようにやりたかった。そのためには、良くても悪くても自分の結果として受け止められる、そんな人間になりたいと思っています。悪い結果を冷静に受け入れられれば、次への課題やアイデアに変えられる。その能力は競技だけでなく、人間を強くする。それだけでも、ここ(カリフォルニア)で始める価値はあると思いました。


三浦しをん

たいていの人は、自分だけをそこまで愛せないし、自分のためだけには頑張れないと思う。人であれ研究対象であれ、自分とは違う存在がいてくれるからこそ、自分が何昔なのかも確認できる。愛が何かなんて簡単に定義できるものではないけれど、成就するか否かではなく、決して溶けあえないからこそ、強烈に求めてしまう――それも確かに一つの愛だろう、と私は思います。


新浪剛史

お互いの違いがわからなければ、彼我の差も埋められない。


川村益之

今年に入って、3年前の大規模な拠点集約に続いて、残された6つの拠点を集約するという改革を敢行しました。JTBは支店の数を増やすことで成長してきましたが、今後は分散されている人材やノウハウを一カ所に集めて共有化し、新しい価値を生み出していく必要がある。


東浩紀

インテリの多くは、3・11(東日本大震災)のあと何をやっているかというと、ブログやツイッターで闘っているふりをしているだけです。あるいは、「まずは地元の復興が大切」といった、誰が聞いても正しいことを言うばかり。誰も、若者に夢を見せていない。3・11と比べられるのは敗戦ですが、あのときの若者は高度経済成長に夢を見たわけです。その夢は、自然に発生したのではなく、日本の未来はこうなるんだと、誰かが描いて提示したものです。そういうビジョンを描ける人がいないと、人は萎縮していくばかりになってしまう。


尾崎元規

発売前には、受け入れ性テストを行います。そこで最低6割以上の評価を取らなければいけません。届かなければ、発売を延期してでも達するまでやり直すことを今でも忠実に守っています。


印南敦史

「読んでみたら面白くなかった」「印象に残らなかった」。そんな本と出合っても、ガッカリしないでください。合コンで、「全員素敵!」と思えないのと同じように、すべての本と仲良くなれなくても当たり前。たくさん機会を持ち、その中で少数の愛読書を見つければよいのです。とはいえ、最初から好みのタイプの本ばかり選んでいては、読書の幅が狭まってしまいます。


深谷かほる

『夜廻り猫』は、実は息子が入院しまして、そのお見舞いに描き始めたんです。息子がそれを、ツイッターに上げればいいじゃないと。ありがたいことに最初から想像以上の反応をいただきまして、皆さんのおかげで更新し続けられました。


永守重信

ひとつの事業が上向きになり、儲けを出し始めたらそれだけで慢心してしまい、立派な家を建て、高級外車を乗り回す人がいる。ピークアウトを警戒せず、したがって新しい事業展開を怠り、余裕資金を賛沢のために使ってしまう。これは失敗する経営者のパターンである。だから私は贄沢をしない。


大塚寿

自分が関わる人や会社をいかにハッピーにするかを本気で考えて仕事に取り組めば、結果的に、会社の収益増や昇進昇給といった形で、あなたにお金をもたらしてくれることでしょう。


鈴木敏文

お客様のロイヤリティを得るには、あらゆる努力の積み重ねが必要。しかし、一度でも失望されれば、失われてしまう。


岡聡(コンサルタント)

同じ全国紙でもA新聞とS新聞ではスタンスが違いますし、ショッピングモールなどで「人気ランキング1位」などと大々的にアピールされる商品は、仕組まれている場合も多いもの。そういったメディアの論調や表現に踊らされることなく、自分の目で確かめ判断し選ぶことが大切であり、他人に対して自分の言葉で出来事の情報やものの価値を説明できることが重要です。