名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

FROGMAN(CGクリエイター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

FROGMAN(CGクリエイター)のプロフィール

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

FROGMAN(CGクリエイター)の名言 一覧

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


いまは気になる情報をすぐネットで検索する時代。検索で出ることが不可欠。


脚本にしっかり起承転結をつけ、誰もが理解しやすい話を心がけています。絵は下手だし、アニメは雑ですが、脚本には時間を掛けます。


『鷹の爪』放送当時、TVアニメは1クールで60本の新作が出る大激戦。DLEは創業5年の会社で予算も少なく、普通にやったら埋もれます。そこで他とは違うことをしました。アニメの内容よりも、「FLASHアニメという新しいアニメーション産業が生まれた」とビジネスの新しい潮流の面をアピール。新聞各社で取り上げられました。また、映画上映前に流れる鑑賞マナーアニメをつくり東宝系の映画館で流してもらいました。全国で年間数万回は流れますから、宣伝効果は絶大でした。


炎上を避ける手段として「怒ったら負けだ」という雰囲気を作っているというのもあります。例えば総統に「そんなこと言って大丈夫かい?」と心配させた後で、吉田くんに「○○さんは、こんなクソアニメにカッカするような器の小さい人間じゃありませんよ!」って言わせてしまう。そうやって先手を打てば、周りは何も言えなくなりますからね(笑)。


放送が地上波の深夜枠だったので、見るのは大人が多いだろうと。それなら多少ブラックで、シュールで、どぎつい笑いがあったほうが話題性も出るだろうと思ったんです。僕もそういう世界観が好きでしたしね。ただ、そのさじ加減はめちゃくちゃ気にしました。こだわったのは、「品のないものにはしない」「誰もが共感できたうえで、なおかつ時折ハッとさせられるようなシニカルな笑い」という2点。正直、炎上マーケットじゃないけど、誹謗中傷で話題を作るのは簡単なんです。でも、『鷹の爪』は大前提として、いずれ作品を広告として使ってもらいたいという狙いもあったので、広告がつかないような笑いは避けてきたんでよね。ですから、よく見てもらうとわかりますが、みんなが言うほどブラックでもないんです(笑)。


『鷹の爪』を多くの人に知ってもらおうと、アニメ関係のイベントなどで宣伝をかけるんですけど、完全無視(笑)。「なんでこんなの放送するんだよ」って言われたり。それでもアニメファンというのは優しくて、どれだけ期待値ゼロでも、1回目の放送だけは見てくれるんですよね(笑)。しかも、いざ放送が始まったら、掲示板に書かれる言葉が、オセロのように高評価の意見にひつくり返っていって。番組が終わる頃には、「今期最高のアニメ」と言われるまでになっていました。


最初は素人ばかりが集まってアニメをつくっていましたね。だから、物語としての面白さはあっても、アニメとしての出来はホントにひどくて(笑)。ヘタなだけならまだいいんですよ。単純に色の塗り忘れとか、セリフを言ってるのに口が動いていないというミスもよくありました(笑)。当時は深夜アニメ全盛期の時代でしたから、きれいな絵のアニメがたくさんあって、その中に『鷹の爪』みたいな作品が突如現れたら、面白い面白くない以前に、アニメファンは衝撃を受けたでしょうね。そりゃあ「クソアニメ」って言われても仕方ないですよ(笑)。


それほどアニメ作りが好きじゃなかったというのが、一番良かったのかなと思いますね(笑)。完全に仕事として取り組んできましたから。もっと上手くアニメを作りたいとか、自分の作品で世界を変えてやろうとか、そういうのがまったくなくって。今日、明日のご飯が食べられたらそれでいいという思いが一番にあったんです。もちろん、多くの人に面白いって言ってもらえることに喜びを感じますし、『鷹の爪』の世界観は僕も大好きで、吉田くんや総統を使って面白いことをしたいという思いはありました。ただ、アニメに対しての過度な期待というのはなかったんですよね。


FROGMAN(CGクリエイター)の経歴・略歴

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

他の記事も読んでみる

小暮真久

私が新しい働き方のキーワードになると考えているのが、「ライフシフター」です。これは、働く場所や環境を柔軟に変化させ、人生をより良い方向に転換しながら自分らしい生き方を見つけていく人たちのこと。他人から見れば「あの人、脈絡のないことばかりやっているよね」と思われても、本人の中では自分が好きなことや得意なことを常に探していて、挫折や失敗がありつつも、最終的には自分の中に一本の軸を作り上げていく。それが、これからの時代に幸せになれる働き方であり、生き方ではないかと思います。


益子修

三菱自動車の再建は、五合目付近まで来たと思っています。ただし、いままで登ってきた一合より、これから登る一合のほうが、傾斜もきつくなりますし、酸素も薄くなりますから、踏破するのはもっと大変です。ですから、景色がよくなってきたからといって、気を緩めてはいけません。


似鳥昭雄

当時は(渥美俊一)先生に半ば無理やり(ビジョンを)描かされたようなもんですけど、不思議なもので、寝ても覚めても「100店舗・売上げ1000億円」って言ってると、自分でもその気になってくるんですよ。


御手洗冨士夫

コーポレートガバナンスについて言えば、私は社長になってから、「透明度の高い経営」を推進してきました。たとえば、社長直轄の監査部門をつくりましたが、現在約70名の社員がその部門にいて社内監査を担当しています。監査対象には、私の担当領域も含めて聖域はありません。


鳥羽博道

自分の中に課題を持っていれば、何を見てもヒントになるし、商売につながる。見るもの、聞くもの、すべてが商売の発想につながるのだ。


本間正人

ビジネスパーソンにとって英語は道具。仕事で使う英語を集中的に勉強すればいい。マーケティング、労務管理とか、自分の専門分野の英語に集中的に触れること。


川村隆

業績が回復基調となり「非常時から平常時」へと戻るタイミングこそが危ない。業績に甘んじて課題のある事業を放置すれば、再び業績低迷へ逆戻りしてしまう。


八田一朗

一枚の紙は頼りないが、何百枚も重ねれば立派な本になる。毎日の練習も同じでそのような一枚一枚の積み重ねが大切だ。


吉田浩一郎

いま私は現事業に関する会議にはほとんど参加していません。現場の力だけで100%決めます。カーネギーホールと契約しているオルフェウス室内管弦楽団という楽団があるのですが、そこには指揮者がいなくて、演奏者同士で話し合って音楽をつくります。これで40年続いているそうですから、経営も同じことができるんじゃないかと。


勝俣恒久

社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。


すはらひろこ

日々、増えていく資料や書類。これも実際には、ほとんどが必要のないもの。まず、進行状況に応じて大きく2つに分けておく。「進行中」と「終了」で十分。そして見積書や請求書のひな形など、繰り返し登場するものは「常備」。終わった案件の資料や書類は成果品だけ残して捨てる。そして、常備書類もデータ化できるものは捨て、定期的に点検を。マニュアルなども、身について、必要なくなったと思えば捨てよう。


ラ・ブリュイエール

財産を築く最短最良の方法は、あなたに利益をもたらすことが自分たちの得になるということを人々にはっきりとわからせることだ。