FROGMAN(CGクリエイター)の名言

FROGMAN(CGクリエイター)のプロフィール

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

FROGMAN(CGクリエイター)の名言 一覧

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


いまは気になる情報をすぐネットで検索する時代。検索で出ることが不可欠。


脚本にしっかり起承転結をつけ、誰もが理解しやすい話を心がけています。絵は下手だし、アニメは雑ですが、脚本には時間を掛けます。


『鷹の爪』放送当時、TVアニメは1クールで60本の新作が出る大激戦。DLEは創業5年の会社で予算も少なく、普通にやったら埋もれます。そこで他とは違うことをしました。アニメの内容よりも、「FLASHアニメという新しいアニメーション産業が生まれた」とビジネスの新しい潮流の面をアピール。新聞各社で取り上げられました。また、映画上映前に流れる鑑賞マナーアニメをつくり東宝系の映画館で流してもらいました。全国で年間数万回は流れますから、宣伝効果は絶大でした。


炎上を避ける手段として「怒ったら負けだ」という雰囲気を作っているというのもあります。例えば総統に「そんなこと言って大丈夫かい?」と心配させた後で、吉田くんに「○○さんは、こんなクソアニメにカッカするような器の小さい人間じゃありませんよ!」って言わせてしまう。そうやって先手を打てば、周りは何も言えなくなりますからね(笑)。


放送が地上波の深夜枠だったので、見るのは大人が多いだろうと。それなら多少ブラックで、シュールで、どぎつい笑いがあったほうが話題性も出るだろうと思ったんです。僕もそういう世界観が好きでしたしね。ただ、そのさじ加減はめちゃくちゃ気にしました。こだわったのは、「品のないものにはしない」「誰もが共感できたうえで、なおかつ時折ハッとさせられるようなシニカルな笑い」という2点。正直、炎上マーケットじゃないけど、誹謗中傷で話題を作るのは簡単なんです。でも、『鷹の爪』は大前提として、いずれ作品を広告として使ってもらいたいという狙いもあったので、広告がつかないような笑いは避けてきたんでよね。ですから、よく見てもらうとわかりますが、みんなが言うほどブラックでもないんです(笑)。


『鷹の爪』を多くの人に知ってもらおうと、アニメ関係のイベントなどで宣伝をかけるんですけど、完全無視(笑)。「なんでこんなの放送するんだよ」って言われたり。それでもアニメファンというのは優しくて、どれだけ期待値ゼロでも、1回目の放送だけは見てくれるんですよね(笑)。しかも、いざ放送が始まったら、掲示板に書かれる言葉が、オセロのように高評価の意見にひつくり返っていって。番組が終わる頃には、「今期最高のアニメ」と言われるまでになっていました。


最初は素人ばかりが集まってアニメをつくっていましたね。だから、物語としての面白さはあっても、アニメとしての出来はホントにひどくて(笑)。ヘタなだけならまだいいんですよ。単純に色の塗り忘れとか、セリフを言ってるのに口が動いていないというミスもよくありました(笑)。当時は深夜アニメ全盛期の時代でしたから、きれいな絵のアニメがたくさんあって、その中に『鷹の爪』みたいな作品が突如現れたら、面白い面白くない以前に、アニメファンは衝撃を受けたでしょうね。そりゃあ「クソアニメ」って言われても仕方ないですよ(笑)。


それほどアニメ作りが好きじゃなかったというのが、一番良かったのかなと思いますね(笑)。完全に仕事として取り組んできましたから。もっと上手くアニメを作りたいとか、自分の作品で世界を変えてやろうとか、そういうのがまったくなくって。今日、明日のご飯が食べられたらそれでいいという思いが一番にあったんです。もちろん、多くの人に面白いって言ってもらえることに喜びを感じますし、『鷹の爪』の世界観は僕も大好きで、吉田くんや総統を使って面白いことをしたいという思いはありました。ただ、アニメに対しての過度な期待というのはなかったんですよね。


FROGMAN(CGクリエイター)の経歴・略歴

フロッグマン(小野亮、おの・りょう)。日本のCGクリエイター、映画監督、声優。「蛙男商会」代表。東京都出身。読売映画社撮影部を経てフリーに。代表作に『秘密結社鷹の爪』。

他の記事も読んでみる

中村慎市郎

私は経営者として、システムを活用することで企業価値を高めたいと考えています。企業価値とは利益の蓄積で、社員の力が発揮されないと実現できません。会社への社員の価値貢献とは、「売上を上げる」「コストを下げる」「それを継続する」の3つです。


田中辰巳

認識不足による失言の場合、傷ついた相手の心に届く謝罪の言葉を誠心誠意に述べるのが一番の解決策です。


小路明善

常に企業価値を上げていく経営を進めていく。企業価値が上がらないような経営や、価値が上がらないような業績の積み方をしない。


木島洋嗣

シンガポール日本人会のクラブハウス部長の仕事は本当に地味です。電球を取り換えたり、壊れた自動ドアの修理を手配したりします。ただ、コンサルタントの仕事というのは、あの人に相談してみようと思われないと始まらないし、何より「木島さんのおかげで助かったよ」と言われると、自分も嬉しい。
【覚書き|シンガポールの日本人関連の組織で率先して働いていることについて語った言葉】


澤村諭

ロームの「企業目的」や「営業基本方針」には、社会に貢献することが明示されています。これに基づき、ものを消費するエネルギーの省エネだけでなく、ものをつくるエネルギーの省エネ・省材料を心掛けて製品を開発してきました。


内藤忍

日ごろから目的意識を持って準備をしていなければ、絶好の機会が目の前にあっても気がつかない。通り過ぎてしまう。


岡田裕介(東映)

シネコンの運営はニーズに合わせて変わっていきます。今、すでに映画館ではなく、イベント会場になっています。映画だけでなく、コンサートや舞台中継など、とにかく映像ソフトを使った催しなら、何でも見られる時代になっています。


松﨑正年(松崎正年)

これまでも、社内外で、収益規模の拡大がなければリスクを取ることができなくなると言ってきた。


御手洗瑞子

編み手さんに渡す資料は、いっさい手加減なし。貸借対照表や損益計算書も簡略化せず、表の見方を一から伝えます。編み手さんたちも真剣で、報告が終わると決算書はメモで真っ赤。一緒に会社を育てている気持ちがあるからこそ、自分ごとに感じてくれているのだろうと思います。


澤田道隆

ダメになってやるのではなくて、いい時に大きく組織を変えるというのが、花王の伝統だと思います。


藤野英人

人間は自分が見るものを無意識に選択しています。自分と立場や年齢、考えが近い人の声や情報ばかりが自然と入ってくるのです。だから私はSNSを使って、意図的に自分の範疇外の情報を取り込んでいます。


大東隆行

従業員には気持ちよく働いてもらいたい。だからといって、甘えた気持ちになってはいけません。生産性を上げなくてはいけないし、お客さんの目線を忘れてはいけません。


テリー伊藤

『お笑い北朝鮮』の本の企画を売り込んでいた時、オレは本当に焦っていました。というのも、「北朝鮮をお笑いで括る」というアイデアで動いているヤツが、今日はオレだけだという自信があった。だけど、明日になったら、日本のどこかで同じアイデアを出すヤツが出てくるかもしれない。今しかないって走りまわっていました。


張富士夫

トヨタ生産システムは人の意識で成り立っているということです。だから人を大事にする。人を生かすという基本がなければ、トヨタ生産システムは生きてこないんです。それが人間尊重、すなわちトヨタウェイです。日本のものづくりのよさもそこにあります。人に生き生きと働いてもらうためには、人を大事にしなければいけない。そこにものづくりの強さが生まれてくるからです。


名取芳彦

考え方や方法論が人によって異なるのは当たり前。まして、時代も世代も違えばなおさら。年輩の皆さんも、いまの時代に合わせてもう少し多様性を受け入れる努力をしてもいいと思うのですが、いかがでしょうか。


ページの先頭へ