名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フロイトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フロイトのプロフィール

ジークムント・フロイト。オーストリアの精神分析学者、精神科医。精神分析を創始した人物。オーストリア帝国モラヴィアのフライベルク(のちのチェコ・プシーボル)出身。ウィーン大学卒業後、コカインを医療で用いる研究を行ったのち、パリで催眠療法とヒステリーの治療法について学ぶ。ウィーンに戻り一般開業医としてヒステリーの治療を行う。その後、精神分析の手法を確立し以降の精神医学や臨床心理学などの基礎を打ち立てた。

フロイトの名言 一覧

力はあなたの弱さの中から生まれる。


偉大なるレオナルドは生涯を通じて、実のところ子供のままでいたようだ。大人になっても遊ぶことをやめなかった。それで同時代の人たちからは、彼は不思議な、理解しがたい人間に思われたのだ。


フロイトの経歴・略歴

ジークムント・フロイト。オーストリアの精神分析学者、精神科医。精神分析を創始した人物。オーストリア帝国モラヴィアのフライベルク(のちのチェコ・プシーボル)出身。ウィーン大学卒業後、コカインを医療で用いる研究を行ったのち、パリで催眠療法とヒステリーの治療法について学ぶ。ウィーンに戻り一般開業医としてヒステリーの治療を行う。その後、精神分析の手法を確立し以降の精神医学や臨床心理学などの基礎を打ち立てた。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

生徒たちにどうやって授業に興味を持ってもらうか考え、とりあえず面白いことをやって興味を引くことにしました。みんなに手をつながせて静電気で軽く感電させてみたり、自然観察で外に連れ出して、野山の草花や椎の実をビーカーで茹でて食べさせてみたり。物理も自然科学ですからね。とにかく思いつくことからやってみました。最初は全然話を聞いていなかった生徒が感電して面白がったり、摘んできた野草が食べられるのか真剣に調べたり、自ら考えた授業に反応があることに、大きなやりがいを感じました。


川崎正己

以前は使用済みトナーの回収=コストと考えられていましたが、それではビジネスを継続できません。キヤノンには「共生」という理念があり、利益追求だけでなく、お客様の課題解決のお手伝いをしながら、ともに成長すべきと考えています。技術開発もただ先進性を求めるのではなく、ニーズや課題を解決するものでなくてはならないと思っています。


永守重信

会社の経営も家計のやりくりと全く同じことです。収入が減ったら、支出を減らせばいい。そうすれば、赤字になることは考えられません。それなのに赤字になるのは、支出を変えないからです。


島津義久

罰を薄くして賞を厚くせよ。


岡藤正広

企業には強みも弱みもあるものですが、それをよく知った上で、「か・け・ふ(稼ぐ、削る、防ぐ)」を徹底しろとハッパをかけてきました。がむしゃらにムチを入れるだけではなく状況に応じてしっかりとセーブする。これまでの商社はどんどん走って稼ぐけど、削る、防ぐというところが弱くて、特損や赤字の事業会社も多かったんです。伊藤忠商事は僕が社長に就任する前の10年3月期上期と18年3月期上期で比較すると、事業会社の利益が4倍以上になる一方、会社の数は3割くらい減り、黒字会社の比率が66%から81%に増えました。それだけムダを削り稼ぐ力が付いたということです。


小林喜光

考えをまとめていく作業は、やはり手書きが一番ですね。手を動かしながら考えると、自然と頭の中が整理されていく。手で書いたことは、記憶にも残りますしね。


小池龍之介(小池龍照)

セロトニンの神経回路を活性化するコツは、目的意識を持たないことです。目標を立ててそれに向かって突き進むと、「ああまだ達成できていない」という苦しみが、達成したときに緩和されて快感物質が発射される。これを避けるためには、ゴールに向かって走るという意識を捨てて、いま目の前で行っていることに意識を振り向けることが大切です。慣れていない人は、短い単位で同じことを反復する行為に集中することから始めましょう。


神田昌典

私がコンサルティングで関わった会社が飛躍的に成長するときは、必ず誰かをハッピーにしたいという利他の視点があるとき。


久恒啓一

会の雑用を進んで引き受けるのは、勉強会の場を活かすひとつのポイントだと思います。当時の私は自由に使える時間はあまり多くありませんでしたが、早朝や週末に時間を捻出して、講演会の準備やテープ起こしなどを手伝っていました。そうした雑用を嫌がらずに引き受けていると、次第に信用してもらうことができます。すると、先生への講演依頼や講演会の司会など、より重要な仕事を任されるようになるのです。


遠藤功

大正製薬の創業者、上原正吉氏は、当時100人ほどいた営業担当の営業日報を毎日FAXで送らせて、それに逐一目を通すことで市場の状況や顧客の声、また売れ筋商品などを見極めていたといいます。


畑村洋太郎

失敗を直視し、その経験から積極的に学ぶことで、次に起こる失敗を防げる可能性が高まる。


竹内清文

捨てるモノに例外はない。本の価値は書籍の体裁や装丁の美しさにあるわけではないし、もらい物を持っておくことが相手への感謝にはならない。本の内容や感謝の気持ちが自分と一体化していれば、捨てて構わない。