フロイトの名言

フロイトのプロフィール

ジークムント・フロイト。オーストリアの精神分析学者、精神科医。精神分析を創始した人物。オーストリア帝国モラヴィアのフライベルク(のちのチェコ・プシーボル)出身。ウィーン大学卒業後、コカインを医療で用いる研究を行ったのち、パリで催眠療法とヒステリーの治療法について学ぶ。ウィーンに戻り一般開業医としてヒステリーの治療を行う。その後、精神分析の手法を確立し以降の精神医学や臨床心理学などの基礎を打ち立てた。

フロイトの名言 一覧

力はあなたの弱さの中から生まれる。


偉大なるレオナルドは生涯を通じて、実のところ子供のままでいたようだ。大人になっても遊ぶことをやめなかった。それで同時代の人たちからは、彼は不思議な、理解しがたい人間に思われたのだ。


フロイトの経歴・略歴

ジークムント・フロイト。オーストリアの精神分析学者、精神科医。精神分析を創始した人物。オーストリア帝国モラヴィアのフライベルク(のちのチェコ・プシーボル)出身。ウィーン大学卒業後、コカインを医療で用いる研究を行ったのち、パリで催眠療法とヒステリーの治療法について学ぶ。ウィーンに戻り一般開業医としてヒステリーの治療を行う。その後、精神分析の手法を確立し以降の精神医学や臨床心理学などの基礎を打ち立てた。

他の記事も読んでみる

夏野剛

上司に配慮しすぎて萎縮していてはダメです。自分の能力を抑える癖がついてしまいます。自分で考えて行動することこそが重要なのです。


小山昇

企業資産を指して、俗にヒト・モノ・カネといわれます。これらのうちで一番大切なものは、疑いもなく「ヒト」です。どれほど優れた商材も、どれほど大量の事業資金も、そのままではただのモノ・カネにすぎません。人の手による的確なオペレーションがあってこそ利益は生み出せるのです。


南雲吉則

診察の相手が自分の子供だったらどうでしょうか。「痛かったでしょ。怖かったでしょ。でも大丈夫だよ、必ずよくなるよ」という言葉から始まるはずです。普段、身内や親しい人にどのように話しているかを思い出してみてください。専門用語など使わずに、相手にわかる言葉で、相手と同じような気持ちで語りかけているはずです。


松井忠三

企業は30年経つと構造を変えていかなければならない。この「変化し続ける体質」を、後進には脈々と伝えていって欲しい。


菅原貴弘

厳しかったのは、初期の時点での資金繰りですね。それと、元々下請けビジネスをやっていたのですが、それを長くやっていても仕方がないということで、思い切って止めた時が一番大変でした。


久能祐子

科学の面白さ、真実を追求する素晴らしさに導かれてきました。新薬ができるまでの10年くらいは休みなしでしたが、大きな会社ではなく、品格のある強い会社を目指してきました。


藤井孝一

いったん仕事を仕組化したら、何が何でもそれを守らなければならないということではありません。やり方や時間帯は定期的に見直し、よりよい仕組みが見つかったり、必要があれば改めればよいのです。


大西洋

お金があっても買うわけではない。いまは富裕層でさえお金を使っていない。魅力があるものを出す企業努力をもっとしなければ消費は動かない。


白波瀬丈一郎

上司は仕事の与え方を工夫して欲しい。「この仕事は君にとって少し難しいかもしれない。でも、これをやり遂げればプロジェクトの成功率は大幅にアップするから、期待しているよ」。こんなふうに、上司である自分が負荷の大きさをわかっていることを伝えたうえで、仕事の目的や意義を示せば、部下は達成感を得やすくなる。それが本人の成長につながると同時に、仕事のストレス要因も減らします。


中川政七・13代目(中川淳)

センスがなくてもヒット商品は生み出せる。


石井一久

常に目つきが鋭く野望に満ちあふれている人や、ストイックな人より、眠たそうな目で「どうせ僕なんて……」と言っている人の方が周囲から警戒されないし、必要以上の期待もされない。もちろん心の中では、「どうせ僕なんて」とは一切思っていません。でも普段から、「何だかぼけっとしている人だな」と思われる「ゆるキャラ」の方がかわいがられるし、結果を出した時にそのギャップで印象に残りやすく、評価されやすい。


陰山英男

1日8時間勤務として、私たちは人生の3分の1を仕事に捧げているわけですから、その時間を楽しめるかどうかで人生の豊かさも大きく変わってくるはず。ぜひ皆さんにも、毎日を主体的に楽しむための戦略を持っていただきたい。


布施孝之

小さな成功体験を積み上げることで社員が自信を取り戻し、徐々に大きな波にしていくことが必要。


佐々木常夫

私は「働き方とは、生き方である」と考えています。本来はまず「自分が幸せになるにはどう生きるべきか」という人生設計があり、そのためにどう働くのかを考えるべきでしょう。ところが多くの人は、生き方を考えずに、働くことばかり考えている。それでは日本人の働き方が変わることはありません。


新浪剛史

真似をし続けている限り、パイオニアには敵いません。


ページの先頭へ