名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

フレデリック・ハーズバーグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・ハーズバーグのプロフィール

フレデリック・ハーズバーグ。アメリカの臨床心理学者。ウィスコンシン州出身。ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授、ユタ大学教授を務めた。二要因理論を提唱。著書に『作業動機の心理学』。

フレデリック・ハーズバーグの名言 一覧

そもそもエンジンのない自動車にいくら燃料を入れても走るわけがない。問題はいかにエンジンを備えるかだ。


フレデリック・ハーズバーグの経歴・略歴

フレデリック・ハーズバーグ。アメリカの臨床心理学者。ウィスコンシン州出身。ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授、ユタ大学教授を務めた。二要因理論を提唱。著書に『作業動機の心理学』。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

「石の上にも三年」というけれど、どんなにつまらない作業でも、真剣に三年も続けていれば、見えない景色は見えてくる。30代を過ぎて、「仕事がつまらない」なんて言っている人は、自問してみたらいい。自分は仕事の面白さを見つける努力をしてきたのかと。


南場智子

(成長が加速した理由は)本当にユーザーが使いやすいモノづくりをエンジニア主導で行ったことだと思います。当時、周囲を見渡しても、MBA取得者やコンサルタントが経営している会社はあまり成功していないという状況でした。そこで、モバイルの分野に関しては、エンジニアの思う通りに作ってもらいました。コンサルを一切介入させなかった。すると、開発を任せたエンジニアが操作性の良いモノづくりをすることに非常に長けていて、素晴らしいサービスを作ってくれました。それまで何十人もの人が論理的に議論していたことなど、一瞬にして吹き飛びましたね。それまで私も偉そうな話をしていましたが、その時は真の経営者の立場とはいかなるものか痛感しました。会社の価値を作っていくのは実際にモノづくりに携わる人であり、モノづくりを分かっている人がその領域に関しては意思決定すべきだと思ったのです。


大杉漣

37歳の時に劇団が解散したんです。経済的な理由や表現の行き詰まりなどの理由からね。サラリーマンに例えれば、会社が倒産したようなものですね。妻と、子供が2人いたのに、突然、明日から仕事がない状態になってしまった。でも、別の見方をすれば、自分はなんでもやれる、どこでも行けるという自由を手に入れたとも思えたんです。仲間と離れるのは悲しいけど、今度は映像の仕事で頑張ろうと決めました。


坂本孝

相手を説得するためには、まずは自分が心を開き、自分のことをさらけ出さなければなりません。自分がどんな人間で、どんな失敗をしてきたのかを相手に知ってもらうことが大切です。とくに失敗談は相手との距離をぐんと縮めます。講演会などで私が借金で苦労した話をすると、3千人の聴衆がうなずきながらじっと聴いてくれます。同じ体験をした人が大勢いるから響くのでしょう。


西田厚聰

現場に行きますと若い人たちも含めて、社員がみんな燃えているのがよくわかります。人生のかなりの時間を会社の中で過ごすわけですから、仕事に対する意識がおのずと私的生活にも反映されるんです。だから、社員には日々集中して会社生活を送ってほしいと思っています。


徳重徹

戦後の企業家たちは安かろう、悪かろうの日本製品を持ち寄って、欧米市場を開拓する蛮勇がありました。本質的には日本人は優秀ですから、蛮勇さえ取り戻せば必ず勝てるはず。


松田友一

お客様の求めるものとズレたアピールの仕方をしても、まったくのムダ。したがって、「この商品のよさをわかってください」ではなく、まずは、お客様のニーズを引き出すことに力を注ぐべきです。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。


塚本隆史

私は顧客志向、現場思考、未来志向といっていますが、とくにお客様第一主義をよく理解して実践できる人材、変革を恐れない人材がこれからますます重要になってきます。逆にいえば、自分たちの理屈で凝り固まってお客様と接するような人は遠慮したい。


岡島礼奈

宇宙に興味を持ち始めたのは、中学生のころです。『ホーキング、宇宙を語る』を読んで、宇宙ってすごいなと。宇宙といっても、星座はあまりわかりません。関心があったのは、ビッグバンやブラックホール。私たちが知っている物理の法則を超えた何かがあるというスケールの大きさに魅かれました。


増田明美

メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


松本大

お金にうまく働いてもらうということは、有望な投資先に資金を投じるということ。