フレデリック・ハーズバーグの名言

フレデリック・ハーズバーグのプロフィール

フレデリック・ハーズバーグ。アメリカの臨床心理学者。ウィスコンシン州出身。ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授、ユタ大学教授を務めた。二要因理論を提唱。著書に『作業動機の心理学』。

フレデリック・ハーズバーグの名言 一覧

そもそもエンジンのない自動車にいくら燃料を入れても走るわけがない。問題はいかにエンジンを備えるかだ。


フレデリック・ハーズバーグの経歴・略歴

フレデリック・ハーズバーグ。アメリカの臨床心理学者。ウィスコンシン州出身。ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授、ユタ大学教授を務めた。二要因理論を提唱。著書に『作業動機の心理学』。

他の記事も読んでみる

ジャック・ナトン

入社して20年もたつので、社風の良さを客観的に語るのは難しいのですが、従業員を大切にする会社だと思います。それが過去10年間で300社以上のM&A案件を企業としての成長につなげられた要因でしょう。


新浪剛史

僕が永遠にローソンの経営トップを続けることはありません。次の世代をつくらなくてはいけません。だから、多少の失敗や混乱は覚悟のうえで、僕のオペレーショナルな部分を中心に業務移管をしました。


粟田貴也

原動力は危機感と野心。外食産業は外的環境に影響を多く受けます。その中で生きていくには、日本国内にとどまっていいのかとか、丸亀製麺という事業体に固執していていいのか、常に考えています。そこで新業態を開発し、海外に活動拠点をつくっている。これはリスクヘッジです。野心という観点でいうと、外食にはガリバーがいない。やりようによっては自分たちもかなりのところにいけるんじゃなかろうかと。そして海外で成功している日本の外食はないということも、我々の夢をかき立てています。


サミュエル・スマイルズ

困難や災禍ほど人を鍛えてくれる。富や運は始め味方のようだがいつか最大の敵となる。


竹島愼一郎

企画が採用されるために大切なのは「この人と一緒に仕事がしたい」と思われることです。つまり、「この人は自分のいうことをよく聞いて、それに応えようとしてくれる」と思われることです。そのために重要なのが、背景を把握し、課題を抽出し、企画の目的を提示するという「前提条件」の部分なのです。


出口治明

勉強を始めるタイミングに、「遅い」ということはありません。「無知ほど人間を堕落させるものはない」と肝に銘じて、今日から始めましょう。


渡辺大

いつも「このシーンが終わったら、美味しいものを食べる!」と狙っています(笑)。それが体のコンディションを整えることにつながるし、役者というよりは人間として大切なことかなって。「10年後の自分をつくるのはいまの食事だ」って言うじゃないですか。


藤原洋

B2Bだけだと安定的な社風にとどまってしまう。B2C事業を手がけることで、社員のモチベーションをアップし活性化する。


城繁幸

実際に賃金の高い会社はいくらでもある。それに自分で努力して跳び移る。個人でできるデフレ対策は、勉強して、より賃金の高いポストに転職をすることにつきる。古い社会システムが沈みつつあるときは、それが唯一の方法だ。


濱田秀彦

最終報告も忘れてはなりません。上司はその後を気にしています。最終報告を怠り、上司に「どうなったのか」と聞かれるようでは、円満に解決できても、あなたの評価はガタ落ちです。


宗次徳二

休憩室での雑談も大事です。仕事の話をするだけでなく、普段興味のあることなどを話題にして、その社員を大事な仲間として理解しようとする。心のこもっていない褒め言葉より、こうしたコミュニケーションを積み重ねた方が、ずっと社員のやる気につながると思っています。


宇佐美進典

「事業開発会社」との概念を使い始めてから既に10年ほど経ちますが、歩みは想定通りではありませんでした。時代と共に、事業開発で求められることも刻々と変化してきたと思います。現在は、事業開発に求められる時間軸や規模感がより大きくなり、新規ビジネスを創造する難易度が上がってきていると感じます。当初は次々に事業を創り出していこうと考えていましたが、最近は大きく伸びる可能性のある事業を見極めてしっかり構築するという方針に変えなければならなくなりました。


ピーター・ドラッカー

現実とつじつまが合わないイノベーションを手掛けてはいけない。そのようなイノベーションが実を結ぶことは希である。たんにその新奇さのゆえに、魅力的に見えることが少なくない。しかし、それらの多くはたとえ失敗しなくとも、莫大な資金と時間を要する。


和田完二

これから先、日本が発展し繁栄していくためには、どうしても技術に頼らなねばならない。そう考えることには誰も異存はないはずだ。ところがどういうものか現実には、日本人は技術についてあまり関心がなさすぎる。無関心ということは、つまり知らないということだ。


小林陽太郎

偏見だと非難されても、自分の意見を持ち勇気をもって発言することを恐れないでほしい。それなしでは、従来なかった技術、従来なかった発想などは生まれない。


ページの先頭へ