名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フレデリック・パールズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・パールズのプロフィール

フレデリック・サロモン・パールズ。ユダヤ人精神科医、精神分析医。ゲシュタルト療法の創始者。ドイツ・ベルリン出身。ベルリン大学医学部卒業。フロイト派精神分析家資格を取得。ナチスの迫害を恐れてドイツから離れる。南アフリカ・ヨハネスブルクで精神分析研究所を設立。のちにゲシュタルト療法と呼ばれるようになる「集中療法」を提唱。アメリカに移り精神分析医として活動。ニューヨークにゲシュタルト療法研究所を設立した。

フレデリック・パールズの名言 一覧

わたしはわたし、あなたはあなた。
あなたはあなた、わたしはわたし。


私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。


フレデリック・パールズの経歴・略歴

フレデリック・サロモン・パールズ。ユダヤ人精神科医、精神分析医。ゲシュタルト療法の創始者。ドイツ・ベルリン出身。ベルリン大学医学部卒業。フロイト派精神分析家資格を取得。ナチスの迫害を恐れてドイツから離れる。南アフリカ・ヨハネスブルクで精神分析研究所を設立。のちにゲシュタルト療法と呼ばれるようになる「集中療法」を提唱。アメリカに移り精神分析医として活動。ニューヨークにゲシュタルト療法研究所を設立した。

他の記事も読んでみる

福原義春

「ニューヨークの販売会社に赴任してくれ」といわれたのは、35歳のとき。青天の霹靂だった。当時は長女もまだ生まれたばかり。気は進まなかったが、これも務めと、家族とともに渡米した。私が社長を務めることになった資生堂コスメティックス(アメリカ)は、現地の百貨店の求めに応じて急遼つくられた会社だった。社員は、社長の私を入れてわずか3名と、現地採用の秘書が1名。業務は混乱し、帳簿のありかさえわからないなど、会社として機能しているとはいえないありさまだった。そんな状態だから、私はありとあらゆることをやった。商談はもちろん、ファッション誌に新製品を紹介したり、電話番に配達、倉庫の整理も、私の大切な仕事だった。「なぜこんなことまで?」と自問することもあったが、やらなければならないこと、やるべきことを懸命にやるだけだった。


河合利樹

私が社長になってから組織を大きく変えています。機動性を高めるために開発生産グループを再編したほか、長期的な視点を持つために技術戦略本部を強化しました。財務戦略の強化に向けてCFO(最高財務責任者)の役職も設置しました。これからも常に選択と集中を続け、優秀な人材を付加価値が生みだせる領域に回していくことで成長していきたい。


ジョン・フレッチャー

思慮分別が最上の勇気である。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

結果だけにフォーカスするのではなく、そこに至る前の粘り強い取り組みを認め、励ますことが大切。そうすることで、彼らの上昇志向は刺激され、「人材」として大きく成長していくでしょう。


横山美弥子

部下との個別面談は時間の長さではなく、頻度が大事です。週1回30分の面談よりも、毎日5分の面談のほうが効果が高い。ある管理職の方は、部下全員とくまなく平等に面談の機会を作るために星取り表のように記録をつけていました。あるいは、若手社員を新人のメンターにして、日々の仕事の進捗や相談に応じる体制を作っている企業もあります。


山田隆持

当然語学は必要ですが、語学ができれば海外で上手くいくかといえばそんなことはありません。やはり重要なのは経験の蓄積です。なるべく若い時代に海外経験を積んだ方がいいと思います。


田原総一朗

オンラインの情報が増えたからこそ、オフラインの重要性も増しています。今年、オバマ大統領が広島に来て、原爆被爆者の背中をさすりましたね。いくら技術が発達しても、オンラインでは背中に触れない。そこは忘れてはいけない。


村上太一

エンジニアは言われた通りに作るだけという組織が多いのですが、弊社はエンジニアがシステム改良に遠慮なく立ち入ることができるので、「自分で作っている」という気持ちが持てる。作らされているのではない、「作っている感」を大切にしています。


御手洗冨士夫

流動性の高い社会は、せっかくその人材に投資しても辞めてしまうので、教育投資効率が悪いともいえる。終身雇用は安心して生涯教育ができる。それから、入社して一生勤めるつもりであれば、自分の会社を傷つけることはしないはず。終身雇用には文化的ガバナンスがある。


門川義彦

営業のプロならお客様をハッピーのするのが仕事です。そのために、まず自分がハッピーになるのも仕事のうち。テンションをあげていきましょう。ハッピーじゃない人から営業されても楽しくありませんから。


加藤俊徳

資料づくりのためにネット検索をダラダラと続けていても創造力は生まれません。風景や動くものを見た方が脳が刺激され、いいアイデアが浮かびます。何かをつくるときは、パソコンから背を向けるというルールを決めるといいですね。


藤野祐美

学びを学びで終わらせないためには、実践あるのみ。実践機会の提供、実践のための仕組みづくりも含めて研修であると私は考えています。そして実践の中で得る成功機会。それが研修をイベントごとで終わらせないための、次へのモチベーションにつながります。