名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フレデリック・パールズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・パールズのプロフィール

フレデリック・サロモン・パールズ。ユダヤ人精神科医、精神分析医。ゲシュタルト療法の創始者。ドイツ・ベルリン出身。ベルリン大学医学部卒業。フロイト派精神分析家資格を取得。ナチスの迫害を恐れてドイツから離れる。南アフリカ・ヨハネスブルクで精神分析研究所を設立。のちにゲシュタルト療法と呼ばれるようになる「集中療法」を提唱。アメリカに移り精神分析医として活動。ニューヨークにゲシュタルト療法研究所を設立した。

フレデリック・パールズの名言 一覧

わたしはわたし、あなたはあなた。
あなたはあなた、わたしはわたし。


私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。


フレデリック・パールズの経歴・略歴

フレデリック・サロモン・パールズ。ユダヤ人精神科医、精神分析医。ゲシュタルト療法の創始者。ドイツ・ベルリン出身。ベルリン大学医学部卒業。フロイト派精神分析家資格を取得。ナチスの迫害を恐れてドイツから離れる。南アフリカ・ヨハネスブルクで精神分析研究所を設立。のちにゲシュタルト療法と呼ばれるようになる「集中療法」を提唱。アメリカに移り精神分析医として活動。ニューヨークにゲシュタルト療法研究所を設立した。

他の記事も読んでみる

山崎将志

悪口を相手にぶつけるのは無意味な行為です。ほとんどの悪口は、書いた瞬間に満足しています。だから私は、メールではなくメモ帳を開いて、「テメー、コノー」と悪口を書きます。それをすべて破棄してからメールを開き、「では、また今度に」と書いて送ります。出さない手紙を書くのは、前に進むために、いったん自分の気持ちに整理をつけるためです。できる人はサラッとやり過ごせるのでしょうが、私は未熟なので湧き上がった感情を無視できません。そんな私には、この方法はなかなか実践的なソリューションなのです。


渡瀬謙

相手のニーズ、つまり本音を引き出す会話のコツは、「過去」→「現在」→「未来」の順で質問し、話を聞き出すこと。順番さえ間違わなければ、会話は自然と広がり、ニーズをつかめる確率が高まるでしょう。


犬塚尚美(悠木そのま)

人は先の見通しが立つと気分が楽になり、やる気が出てくるものです。


森泉知行

決断のプレッシャーは、ないといったらウソになります。上場企業としてのプレッシャーはいつもありますが、緊張感があるのは経営にとっては良いことですし、必要なことだと思っています。


田島弓子

外資系企業では日本市場ではマッチしない製品やサービスを、海外本社から「売れ」と言われるようなことはあると思います。しかし、ここで「上の命令はおかしい、やりたくな」と言うのはプロの仕事人ではありません。まずはやってみること。やった上であれば本社も耳を傾けてくれます。文句ではなくフィードバックとして返す。これが我々支社の仕事だと思いました。


八尋俊邦

社会のため、自分の会社のため、各々の家族のためにも必死に営利を志し、儲けなければいけないが、片時も侍の魂を忘れることなきよう、プライドと克己と信義を重んじつつ、一方では商人道に徹し「売らせていただきます」「買わせていただきます」の謙虚な態度を崩してはならないということです。


松村寧雄

100歳までの各年代の目標を先に決めます。人生計画ができたら、次はそれを1年に落とし込む。この手順で目標を決めていけば、年間目標が自分の理想とする人生から逸脱することを防げます。


池田欣生

日本は少子高齢化で、皆さん悲観的な議論をする方が多いですけど、私は逆に高齢者が元気になる医療を開発して世界に輸出したい。


飯田亮

セコムを創業して8年ほどたった1970年のことでした。当時の主力はガードマンが契約先を見て回る巡回警備でした。その4年前から、通信システムを活用して、異常が発生したときに当社の社員が駆けつける「SPアラーム」も始めていましたが、契約件数は巡回警備の4分の1にすぎない500件程度でした。そんなときに、私は「今後は巡回警備を廃止し、新規契約はSPアラーム一本で行く」と宣言したのです。社内からは、何で順調な巡回警備をやめて機械警備システムに絞るのか、といった反論が出ました。


田川博己

自分で決断できるのは決断すればいいのですが、1%でも不安があったら人に聞いた方がいいのです。リスクマネジメントは、勇気でも度胸でもありませんから100%の自信がなければやっちゃいけない。社長であっても不安だったら部下に相談すべきです。もちろん、最終責任はすべてトップにあります。


堺美保

新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


船ヶ山哲

街にある店舗とテレビ通販では同じ商品を扱っていても、価格も異なれば、お客も違います。また、インターネット上に数多くあるショッピングサイトも、それぞれ価格も異なれば、お客も違います。なぜ、このようなことが起きるのかといえば、その市場における「お客の願望」がそれぞれ違うからです。その証拠に、街の店舗に望むお客の願望は「比べたい」「触りたい」「持ち帰りたい」なのに対し、テレビ通販に抱くお客の願望は「わからないので専門家に選んでほしい」「電話一本で注文できる」「運ぶ手間がない」など。つまり、まったく同じ商品を扱っていても、市場ごとに「お客は違う願望を持っている」。当然、それぞれの市場に提供すべき価値も、響くメッセージも違うということです。それがわからない人は、売れないことを価格のせいにして安売りに走りますが、失礼ながらそれは「バカがやる」戦略です。さらに値下げをするバカが現われ、足を引っ張り合うだけです。価格には絶対に手を出してはいけないのです。