名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フレデリック・アミエルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・アミエルのプロフィール

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

フレデリック・アミエルの名言 一覧

神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


尊敬と正義は近い間柄である。何も尊敬しない人間は、絶対的君主が法律に対するのと同様に、己自身をすべての上に置く。だから、群小の平等論者は蟻のように集まった群小の専制君主である。


社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。


いかに老年に成長するかを知ることは英知の傑作であり、生活の技術における最も難しい部分のひとつである。


民衆を自分の道具にするために民衆に媚びるというのが、普通選挙の手品師・ペテン師の業である。


自由・平等は悪い原理である。真の人間的原理は正義である。弱者に対する正義は保護もしくは善意である。


信頼は鏡のガラスのようなものである。ヒビが入ったら元通りにはならない。


生活とは、習慣の織物である。


嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


才ある人間は才のみしか認めず、才しか許さない。すべての権威を嘲笑し、すべての迷信を面白がり、すべての掟に反抗したい気持ちを起こす。


他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。


革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。


正直にしよう。正直であることは雄弁と徳業との秘訣であり、正直であることには道徳的な影響力がある。真実は雄弁と美徳の秘訣であり、倫理的根拠の基礎であり、美術と人生の極致である。


民主制は虚栄心の強いエゴイズムが寄ってたかってする山分けに他ならない。民主制は君主制と貴族政治の正当な跡継ぎである。


暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。


フレデリック・アミエルの経歴・略歴

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

石川康晴

僕は、「自分の会社」と思って働いてくれるオーナーシップの感覚を持っている人と仕事がしたい。そういう人の方が、自ら創意工夫して新しいことにもチャレンジしてくれると思うからです。だから、創意工夫をせず惰性で仕事をしたような時は、真剣に叱ります。


和田裕美

目先のことばかりにとらわれず、長い目でものごとを見るようにすれば、相手の立場になって意見も言えるし、結果にもつながると思います。


太田彩子

物事を良く捉えるには使う言葉を選ぶことも有効。たとえば「撤退する」という言葉をそのまま使うとマイナスのイメージがありますね。しかしその判断が本当に適切だと思うなら、「進まない決断をする」という言い方もできます。私は趣味の登山で時折この言葉を使います。これ以上進めない悪天候などの場面で、諦めるのが嫌だからといって前進すると、命にかかわります。ポジティブな表現は、冷静な判断を下す知恵でもあるのです。


柳井正

これから問われるのは、自分の頭で判断して、決めること。周りの空気、隣の人の行動に左右されるなんてことは情けないことだ。


飯田亮

順風満帆というものは、経営者にとって気持ち悪いもの。


ハロルド・ジョージ・メイ

国内外の動向を広くチェックするのは、物事の捉え方を大局的なものにするため。匿名性が高いツイッターの投稿は、いいことも悪いことも包み隠さず発信していて、商品開発などの参考になります。


矢部輝夫

危険で汚い仕事だと思っている限り、何も変わらない。服装を変えることで、自分たちは「お掃除屋」ではないと思ってもらおうと考えた。人は着るもので変わりますから。同時に、整備係を「技術サービス係」に、東京クリーンセンターを「東京サービスセンター」に変え、名前からも意識の変革を促しました。


濱田秀彦

報告は、その巧拙によって上司の評価が違ってきます。最近の傾向として、上司は報告を強く求めるようになっています。携帯電話とメールが普及したため、部下が先方とどんなやりとり、商談をしているのか、上司にはわかりにくくなっているからです。しかし、上司が求めるスピードで、レベルの高い報告ができる部下は少数派です。


落合務

失敗して辞めるのはいい。でも、まだ店を続けられるのに逃げ出したらカッコ悪いじゃないですか。


大橋洋治

給与明細にお客さまの声を載せようというアイデアは、私をはじめ経営層からは出てきません。これを言ってきたのは、現場で働く社員です。


松村清

生まれつきコミュニケーション力の高い人などいない。諦めることなく、改善の努力をしよう。


池野一寛

机上の知識は駄目。技術はエコノミーに乗らないと意味がない。