名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

フレデリック・アミエルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・アミエルのプロフィール

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

フレデリック・アミエルの名言 一覧

神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


尊敬と正義は近い間柄である。何も尊敬しない人間は、絶対的君主が法律に対するのと同様に、己自身をすべての上に置く。だから、群小の平等論者は蟻のように集まった群小の専制君主である。


社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。


いかに老年に成長するかを知ることは英知の傑作であり、生活の技術における最も難しい部分のひとつである。


民衆を自分の道具にするために民衆に媚びるというのが、普通選挙の手品師・ペテン師の業である。


自由・平等は悪い原理である。真の人間的原理は正義である。弱者に対する正義は保護もしくは善意である。


信頼は鏡のガラスのようなものである。ヒビが入ったら元通りにはならない。


生活とは、習慣の織物である。


嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


才ある人間は才のみしか認めず、才しか許さない。すべての権威を嘲笑し、すべての迷信を面白がり、すべての掟に反抗したい気持ちを起こす。


他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。


革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。


正直にしよう。正直であることは雄弁と徳業との秘訣であり、正直であることには道徳的な影響力がある。真実は雄弁と美徳の秘訣であり、倫理的根拠の基礎であり、美術と人生の極致である。


民主制は虚栄心の強いエゴイズムが寄ってたかってする山分けに他ならない。民主制は君主制と貴族政治の正当な跡継ぎである。


暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。


フレデリック・アミエルの経歴・略歴

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

澤田道隆

外国人は仕事とプライベートは別だと割り切っているのかと思っていましたが、意外にも、みんな延々と自分の話をします。それくらい、自分の存在を知ってほしいと思っている。


ハリクリシュナ・バート

社員を大切にすることにより従業員がより良い結果を生み出していく。社員を大切にすることで仕事の質が高まり、その結果顧客が付く。


松本大

そこまでして創ったから大切なのではなくて、マネックスで頑張れば自分の人生がちゃんと充足できるように創ったから、僕はマネックスという会社が 大切なんです。要は僕が持っている、ビジネスマンとしてのものとか、一市民としての思いとか、ミッション、使命感とか、いろんなものがあるじゃないです か。それを全部まとめてマネックスに表現したつもりなんです。プライベートでも、あるいは市民としても、あるいは経営者としても、ビジネスマンとしても、 一市民としても、個人としても、マネックスにすべてエネルギーを費やすことで、たとえ1日20時間働こうが、何しようが、満足できるように、会社をデザイ ンしたんです。だから、大切というか、もう、マネックスが「僕」なんです。


稲盛和夫

百年に一度という大変革期に巡り合わせたことを大変な幸運と思おうではないか。このチャンスを大事にして、成功に向けて一丸となって燃えよう。


草野顕之

私自身、若手層のコミュニケーション能力について、大変強い危惧を抱いています。挨拶ができない、人の話を聞くことができないなど、対話を成立させるための基盤がないところに、わかりやすいスキルだけをのせても上滑りしてしまうだけでしょう。


久米一正

交渉も恋愛と同じ。押してばかりではダメなんです。押したり、引いたりがあってこそ、こちらの提案に興味を持ってもらえる。


古森重隆

優秀な上級マネジャーは時に部下を厳しく指導する。部下を成長させることは会社の成長につながると分かっているからだ。本当に部下のことを考えているからこその行動で、どうでもよかったら優しいだけの上司になる。


小路明善

私は、よく社内で「成果=能力×努力+外的要因」と話すんです。ビジネスパーソンが出す成果は、その能力だけでは決まりません。能力が10で努力が1なら成果は10。能力が5でも、2以上の努力を費やす人材のほうが成果は大きくなるのです。外的要因も影響しますが、それでもなお素晴らい成果を出し続けられる人材は、能力が高い人であるよりも非凡な努力ができる人です。


辻野晃一郎

オンライン時代には、仕事とプライベートの時間を分けることにそれほど意味はありません。帰宅してもオンラインにつなげば仕事はできます。逆に成果さえ出せば、会社でレクリエーションして構いません。だからオフィスには遊び道具がいっぱい置いてあります。重要なのは24時間という自分の持ち時間をどうデザインするかです。


陰山英男

私のように英語とは無縁の教師であっても、海外から講演を求められることもあるわけで、絶対に英語は必要ないとは言いきれない時代です。また、英語が出来れば確実に、情報量や意思疎通を図れる人が段違いに増えます。英語ができることによって得られるものは多いのです。


原晋

先日の練習でも、まだ苦しくない段階のはずなのに、苦しそうな顔で走っている選手に、「そんな顔でテレビに映ったらモテないぞ。せっかくのイケメンも台無しだ。笑って走れ」と指導しました。これにはちゃんと理由があって、苦しい顔で走っていると、スパートするタイミングで一気に力が入らないのです。常に手を「グー」の状態にして力を入れていたら、肝心な時にさらに力を入れられなくなります。だから、苦しそうな表情で走らない方がいい。その論理をそのまま伝えるより、「モテないぞ」と言われた方が、選手はビクッとして直そうと思いますよね。誰しもモテないより、モテた方がいいですから(笑)。そうした「自分を突き動かす動機」が見つかれば、自主性が生まれ、三日坊主が防げます。


蜷川幸雄

高校に進むと当時の開成は成績順に机を並べられるんだ。受験のことしか考えてない世界。それを当たり前に受け入れる環境にも嫌気がさして、学校をさぼるようになったんですよ。だいたい受験勉強だけできて人間的には何も魅力のない、おもしろみのないヤツが多かったしね。このときに「勉強ができることで人間の価値が決まるものではない」と実感したわけ。一緒に留年した仲間たちのほうが、よほどユニークなヤツらが多かった。