名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フレデリック・アミエルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フレデリック・アミエルのプロフィール

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

フレデリック・アミエルの名言 一覧

神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


尊敬と正義は近い間柄である。何も尊敬しない人間は、絶対的君主が法律に対するのと同様に、己自身をすべての上に置く。だから、群小の平等論者は蟻のように集まった群小の専制君主である。


社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。


いかに老年に成長するかを知ることは英知の傑作であり、生活の技術における最も難しい部分のひとつである。


民衆を自分の道具にするために民衆に媚びるというのが、普通選挙の手品師・ペテン師の業である。


自由・平等は悪い原理である。真の人間的原理は正義である。弱者に対する正義は保護もしくは善意である。


信頼は鏡のガラスのようなものである。ヒビが入ったら元通りにはならない。


生活とは、習慣の織物である。


嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


才ある人間は才のみしか認めず、才しか許さない。すべての権威を嘲笑し、すべての迷信を面白がり、すべての掟に反抗したい気持ちを起こす。


他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。


革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。


正直にしよう。正直であることは雄弁と徳業との秘訣であり、正直であることには道徳的な影響力がある。真実は雄弁と美徳の秘訣であり、倫理的根拠の基礎であり、美術と人生の極致である。


民主制は虚栄心の強いエゴイズムが寄ってたかってする山分けに他ならない。民主制は君主制と貴族政治の正当な跡継ぎである。


暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。


フレデリック・アミエルの経歴・略歴

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

松下幸之助

真実を語れば、昨日言うたこととまるっきり変わったことでも、それは説得力がある。


草開千仁

2003年にNTTドコモさんのiモード向けに開始した、桜の開花予測を提供し始めたときのことです。開花予想は天気予報以上に難しい。ユーザーから「予報と違う」との声が、証拠写真と併せてどんどん送られてくるのです。それをホームページで公開したところ、いつの間にかそのリアルタイムの情報が、我々の予測情報と同じくらいのページビューになったのです。最初は正直、「わざわざ送ってこなくていいよ」と感じていました。しかし、予測も重要だけど、いまどうなっているかという情報がすごく有効な情報だということに気づいたんです。これは台風の予測でも同じで、試してみるとサポーター(一般の情報提供者)からたくさんの情報が届くのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

家計に余裕がないと、目の前のハードルを越えることに気をとられ、先を見通せず、それが不安につながる。多く貯めたいから無駄な支出は削ろう、ここは使いたいからもっと収入を増やそうなど、目標値を高くすることでエネルギーが生まれる。


加藤照和

経営では、やるべきことをやり、やらざるべきことをやらないという判断が極めて重要ですが、その拠り所となるのが経営理念です。経営理念をいかに浸透させるか。そして、理念にもとづいてビジョンを立て、計画に落とし込んで実行していく。それをあたかも自転車に乗るような自然な感覚で実行できるまで持っていくのが、今の私の経営のテーマになっています。


古川武士

仕事のやり方は人それぞれ向き不向きがあるので「これが正解」というものはありませんが、仕事が遅いのであれば、そこには必ずムダが潜んでいます。ちょっとした悪い仕事習慣が、連日の残業を生んでいるのですが、それを見逃している人は少なくありません。自分の仕事のどこがムダなのか、認識して変えていけば良いのです。


河合栄治郎

人は過去の中に現在を眺める。私の現在が変わるとき、私の過去がまた変わらないとは、誰が保証し得るだろうか。


南場智子

交渉で一番大事なポイントは「なるべく交渉しない」こと。この提携で自分たちが達成したいこと、譲れないこと、困ることなど、双方が全部一度にテーブルに乗っけてしまうことが理想です。よく、のりしろを残し、譲れない線よりも上から交渉に入るべきと言う人もいます。けれどもこれをやっていると、例えば収益の分け方について、一度「ここから下は受け入れられません」と述べた後に、その下の線で妥協することになり、結局相手に「この人たちはふっかける」と見透かされ、それを前提とした探り合いに入ってしまいます。時間が浪費されるし、信頼関係は醸成されません。提携や協業の場合は、その後一緒に事業をしていくわけなので、「正直でない人たち」と思われて得をすることはひとつもないわけです。


樋口武男

学校で習った通りにやって大成するなら、よく勉強した人がトップに立つことになります。しかし、そうならないところが世の中というものです。理屈を知ったうえで、行動が伴わなければならない。


澤田秀雄

人を評価するとき、その人が何を得意とし、何を不得意とするかを見極めることが重要です。いくら平等に見ても、背の高い人もいれば、背の低い人もいる。走ることが得意な人も泳ぐことが得意な人もいます。スタッフの長所と短所を的確に見抜き、把握することが肝心だと思います。得意不得意を把握したうえで、得意なことを伸ばすように仕事を担当させるのです。


渡辺明(渡邊明)

当然、相手は自分の先方やパターンを研究してきます。その裏をかけば自分に有利な状況がつくりやすくなる。


小島慶子

普段から周りの人についても、その人になったつもりで考える習慣をつけた方がいいと思う。「部長はどんな考えから、あんな命令を出したんだろうか」などと思いを巡らせてみれば、相手の気持ちがつかめてきますよ。


二宮尊徳(二宮金次郎)

貧となり富となるのは偶然ではない。富もよってきたる原因があり、貧もそうである。人はみな、財貸は富者のところに集まると思っているが、そうではない。節倹なところと、勉励するところに集まるのだ。