フレデリック・アミエルの名言

フレデリック・アミエルのプロフィール

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

フレデリック・アミエルの名言 一覧

神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


尊敬と正義は近い間柄である。何も尊敬しない人間は、絶対的君主が法律に対するのと同様に、己自身をすべての上に置く。だから、群小の平等論者は蟻のように集まった群小の専制君主である。


社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。


いかに老年に成長するかを知ることは英知の傑作であり、生活の技術における最も難しい部分のひとつである。


民衆を自分の道具にするために民衆に媚びるというのが、普通選挙の手品師・ペテン師の業である。


自由・平等は悪い原理である。真の人間的原理は正義である。弱者に対する正義は保護もしくは善意である。


信頼は鏡のガラスのようなものである。ヒビが入ったら元通りにはならない。


生活とは、習慣の織物である。


嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


才ある人間は才のみしか認めず、才しか許さない。すべての権威を嘲笑し、すべての迷信を面白がり、すべての掟に反抗したい気持ちを起こす。


他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。


革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。


正直にしよう。正直であることは雄弁と徳業との秘訣であり、正直であることには道徳的な影響力がある。真実は雄弁と美徳の秘訣であり、倫理的根拠の基礎であり、美術と人生の極致である。


民主制は虚栄心の強いエゴイズムが寄ってたかってする山分けに他ならない。民主制は君主制と貴族政治の正当な跡継ぎである。


暴君は暴君でも、一番危険なのは、生命がひとつ、胃袋がひとつしかない暴君ではなく、破壊されることのない、飽くことのない暴君、自分の欲望、自分の憤怒にすべてを打ち込む賤民である。


フレデリック・アミエルの経歴・略歴

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

おおたわ史絵

現代社会に生きていると、身体を動かさなくても生きていけると思いがちですが、人間の身体は使うことで機能を維持するようにできています。疲れない身体をつくるには、まずは人間本来の身体の使い方を思い出し、意識的に身体を動かす生活を始めることが大切だと思います。


桜井章一

先行きなんて、俺にもわからない。ただ、いま生きている現実をよく見ていると、「この先、こうなっていくんじゃないの」っていうイメージは湧いてくるよ。だって将来というのは、決まっているものじゃなくてさ。いま見ている現実が反映して形づくられていくもんだろう。


上田雄太(経営者)

MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


横山進一(経営者)

現状維持を望む人がいるんです。でも、明らかに日本の環境は変わったんです。保険会社を巡る環境も大きく変わりました。少子高齢化や規制緩和、外資の参入など競争が激化しました。まさに、思い切った変革を行わなければ生き残れない時代になったのです。


椎名誠

発展途上国の中には「手食」という文化があります。俗に「洗面器ご飯」なんて言われるものですが、ご飯に魚とその煮汁をかけたものを家族で囲み、手で取って食べる。若い頃は、「貧しいな」という印象でしたが、数十年経って、再び目の当たりにすると「この食事は幸せの一つの形なのではないか」と考えを改めました。家族が一緒に同じものを食べる。そこには家族の会話があります。手で食べているので、使い捨ての食器などの無駄がない。手は洗えばいいんですから、とってもエコなわけです。私にとっては、発展途上国の方が日本よりも幸せに見える部分が数多くありますね。


西多昌規

向上心が強い真面目な努力家ほど、メンタル面で不健康になりやすい。現代は、まじめにがんばれば何とかなるという時代ではありません。努力しても業績はあまり上がらないし、労働環境も悪化しています。海外とのやりとりも増え、時差の関係で昼夜を問わずメールが来る。同僚との会話もなく、ただ一日中パソコンに向かうだけの職場もある。経営の合理化で、一人当たりの仕事量も激増しています。そういう環境でひたすらがんばるのは、不眠やうつ病などになる危険を大いにはらんでいるのです。


川田達男

当時の自動車用シート材は塩化ビニールが主流で、繊維製品で耐久性を実現できるわけがないと言われていただけに、社内外の批判は強かった。しかし、快適性を向上させるニーズはあったので、必ずビジネスになると信じ、昼夜を忘れて働きました。
【覚書き|社内の反対を押し切り、繊維製自動車用シート材の開発に着手したときを振り返っての発言。この事業は後にセーレンの主力事業となった】


伊藤正裕(起業家)

情報が与える印象に気を付けてください。多分に操作されていますから。とりわけ、視覚に訴えるグラフには注意が必要です。グラフを見るときは、出所や目的をしっかり理解する必要があります。制作者の意図を見抜き、分析しなければならないのです。


山井太

「ストレスを感じている」なんて言ったら、社員からツッコミが入るでしょうね。それほどまでに「好きなこと」を仕事にしています。


横山信治(経営者)

損得抜きの行動が、いざというときに大きな力になります。ある会社で他の部署の人手が足ないとき、率先して部下を引き連れ、手伝っていた部長がいました。あるとき彼の部署が失敗し赤字を出したのですが、通常なら左遷レベルのところ、厳重注意で終わった。1人の重役が日ごろの彼と彼の部署の献身的な努力を訴え、役員会で彼をかばったのです。


鈴木喬(経営者)

今は閉塞感が漂って元気がない時代と言われているだけに、新人の時から威勢のいい人間はすごく目立ちます。「俺は天下を取ってやる」とホラを吹くだけで、一目置かれる。また「新製品を開発してヒットを飛ばします」と宣言すれば、自分自身も追い詰められ、頭を使うようになります。社内を歩き回って諸先輩に「何かいい知恵を授けてください」と頼めば、みんな悪い気はしないはず。きっとかわいがられます。こうした処世術を早くから身につけることをお勧めします。


川淵三郎

長い目で見た場合には、真摯さ、誠意、正直さが重要。人は1回でもその場しのぎをしてしまうと、同じような事態が起こった時にまた繰り返してしまうもの。どんな大きな不祥事も、始まりは小さなウソからです。


葛西敬之

今の世の中で一番弱くなっているのは人間同士の接点です。それを何とかしようという目的から、全寮制の学校を作ろうと考えました。そして、06年にトヨタ自動車や中部電力、JR東海の3社が中心となり、愛知県蒲郡市に中高一貫の「海陽学園・海陽中等教育学校」を開校しました。約650人が共同生活をしながら学んでいます。特徴としているのが「フロアマスター制度」です。1棟に60人の生徒がいるハウスを、専任教員である1人のハウスマスターと、2、3人のフロアマスターが運営します。フロアマスターは私たちの学校に賛同する企業の独身男性社員です。毎年、企業から交代で派遣してもらい、各フロアの生徒の生活管理をしながら、人間力を育成してもらいます。


石田孝

すでに存在しているルールのために仕事してはいけません。ルールというのは変えるためにあります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

朝礼の席でも、あなたがみんなを呼び集めた席でもいい。ともかく褒めたい人については大勢の前でまずあなたがその人の取り組みを紹介し、そのうえでみんなで拍手喝采したり本人を持ちあげたりして身も心も舞いあがらせよう。本人は照れるだろうが、そうされて嬉しくないはずがないのだ。その演出によってメンバーが多くの人の称賛を浴びるようになればそれぞれが自分の仕事に一層誇りを持ってくれるようになる。そしてあなた自身はチームにヒーローを生みだすことが楽しくてたまらなくなっているはずだ。


ページの先頭へ