名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フリードリヒ二世(プロイセン王)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フリードリヒ二世(プロイセン王)のプロフィール

フリードリヒ二世(大王)。持ち前の軍事的才能を発揮し、プロイセンを大国へと育てた人物。軍事的才能のみならず、哲学者たちと交流しサン・スーシの哲学者と称えられるほどの文人となる。財政難や近隣諸国からの孤立、同盟国の裏切りなどを経験しつつも諦めず前進し大きな実績を残した

フリードリヒ二世(プロイセン王)の名言 一覧

敵がほとんど予期しないことは、どんなものでも成功する。


不運でも勇気をもって危険を克服した将軍は力を身につけるが、幸運だけの将軍は薄っぺらの将軍になる。


フリードリヒ二世(プロイセン王)の経歴・略歴

フリードリヒ二世(大王)。持ち前の軍事的才能を発揮し、プロイセンを大国へと育てた人物。軍事的才能のみならず、哲学者たちと交流しサン・スーシの哲学者と称えられるほどの文人となる。財政難や近隣諸国からの孤立、同盟国の裏切りなどを経験しつつも諦めず前進し大きな実績を残した

他の記事も読んでみる

松本光一(経営者)

モノがおもしろければ自然と話は広がっていく。


今野由梨

傘寿(80歳)を迎えましたが、まだまだ社長を続けますよ。少なくとも100歳までは何としても現役でいたい。


張瑞敏

買収という手法に関して言えば、今後はそれによって経営資源を囲い込もうとは思いません。ネットを利用して顧客やサプライヤーとつながるなど、これまでとは違う手法で、顧客が満足する製品を作り出していく方がいいと思います。


ニュートン

天体の動きなら計算できるが、群集の狂気は計算できない。
【覚書き|上記は造幣局長時代に南海会社株の先行きについて尋ねられた時の発言。当時、南海バブルの真っ最中で、ニュートンも南海会社株を7000ポンド保有していた。常識をはるかに超えた株価をおかしいと思い、保有していた株を早期に売り始めた。】


葛西敬之

自分のために会社を利用しようとか、自分の立場を良くしようなどと考えている人は、人事の面から見れば低い評価を与えるべきです。


神田昌典

今のような時代の変革期においては、勉強しないと食べていけなくなるかもしれない、ということは考えておくべきだと思います。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

トップとシャッポ(仏語で帽子)は軽いほどよい。上等な帽子はかぶっていることを意識させないものです。


鎌田富久

私たちがiモードを開発した際には、携帯やゲーム機に搭載したモデルがヒットしましたが、それは結果論であって、最初から狙っていたわけではありません。携帯への搭載を始めた時など、別名の社員の中で私を含め2~3名しか関わっておらず、むしろ携帯が本当に売れるのか懐疑的な人が多かった。電子ピアノ、ワープロ、デジカメ、工作機械……様々なものにインターネットを乗せたのは、どれが跳ねるのか見極めるのが難しかったからです。しかし、そこからヒット商品が出てくれば、投資回収ができるようになります。


稲盛和夫

「社長業には何が大切か」と聞かれて、こんなふうに答えたことがありました。第一に、「社長は公私の区別を峻厳に設けること」。第二は、「社長は企業に対し無限大の責任を持つこと」。第三は、「社長は自身の持つすべての人格と意志を会社に注入しなくてはいけない」。さらにいえば、経営者にはひとかけらでも「私」があってはならない、ということです。


関家憲一

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。


有田秀穂

眠りとストレスは密接に結びついています。ストレスを溜め込むと、寝つきづらく浅い眠りになります。加齢により熟睡度が低下するのは事実ですが、40代は本来、まだまだぐっすりと眠れる年代。もし、深夜2時~3時になっても寝つけないようであれば、ストレスを溜め込んでいる可能性もあります。


古森重隆

主力事業が減っていき、コア事業だろうと、減っていく需要に対して縮小せざるを得なかった。そして、我々が持つ技術を総ざらいし、今まで取り組んでいなかった市場で参入できそうなものを探った。