フリードリヒ二世(プロイセン王)の名言

フリードリヒ二世(プロイセン王)のプロフィール

フリードリヒ二世(大王)。持ち前の軍事的才能を発揮し、プロイセンを大国へと育てた人物。軍事的才能のみならず、哲学者たちと交流しサン・スーシの哲学者と称えられるほどの文人となる。財政難や近隣諸国からの孤立、同盟国の裏切りなどを経験しつつも諦めず前進し大きな実績を残した

フリードリヒ二世(プロイセン王)の名言 一覧

敵がほとんど予期しないことは、どんなものでも成功する。


不運でも勇気をもって危険を克服した将軍は力を身につけるが、幸運だけの将軍は薄っぺらの将軍になる。


フリードリヒ二世(プロイセン王)の経歴・略歴

フリードリヒ二世(大王)。持ち前の軍事的才能を発揮し、プロイセンを大国へと育てた人物。軍事的才能のみならず、哲学者たちと交流しサン・スーシの哲学者と称えられるほどの文人となる。財政難や近隣諸国からの孤立、同盟国の裏切りなどを経験しつつも諦めず前進し大きな実績を残した

他の記事も読んでみる

松下信武

カウンセリングの領域では「クライアントは重要な問題を隠していて、表面的には別の問題を持ってくることが多い」と言われています。顧客へのインタビューでは、本当の課題を隠すというよりは、潜在的な問題に気づいていてもそれを意識化できていないことが多い。そのため、カウンセリングをもとにしたインタビュー技法が有効になります。


内藤誼人

怒鳴る上司には「大きな声を出されると怖いです」とハッキリ言いましょう。怒った調子でなく、「お願いをする」態度で言うのがコツです。日ごろからその場面を予測して「こう来たらこう言おう」と紙に書き、リハーサルしておくのがお勧めです。


冨田和成

収入が増えないと嘆く人に共通しているのは、お金に対して受け身の立場でいること。


築山節

自分がこれまでどのような仕事をしてきて、何が得意かを振り返りましょう。比較的好きな業務や、人に頼られることなどがきっとあるはずです。そうした物事を、文書やデータに「まとめる」ことがまずはお勧め。自分の得意分野や専門分野を、平易に説明できるようにしておくのです。難しいことを易しく説明するのはなかなか難しいものです。その試行錯誤を繰り返す過程で自分自身の中でも理解が深まり、より精緻な記憶として定着させることができます。


野村克也

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。


ジェイ・エイブラハム

学ぶコツは、いい質問をすること。たとえば私は面接の場で、自分の給料よりも相手の会社のビジネスモデルなどについて根掘り葉掘り質問しました。面接を学びの機会にしていたのです。


長谷川豊(経営者)

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンで日米合わせて15年間働いた後、私は実家の家業でもある当社(ヤマト)に戻ってくることになりました。当初は日米の商習慣の違いや時間軸の速さ(遅さ)、そして扱うお金の単位(億と銭)の違いなど、いろいろなことに戸惑いました。これは私だけでなく社員も戸惑っていたと思いますが、何度も何度も話し合いを重ねることで相互理解を深めていったのです。


藤田晋

経営者の健康状態は、会社の業績にダイレクトに影響を与えます。ビジネスパーソンとして一定の成果を継続して出すには、健康であることが必須。


武藤信義(経営者)

商売には必ず相手がある。そしてその相手にはどこか必ず弱点がある。それを早く見出して徹底的につく。そうすれば商売はきっと成功する。


平子裕志

この数年は急速に事業規模を拡大しており、大企業病のような状況になることを懸念している。しっかり手綱をしめ、品質確保が規模拡大の後手に回らないようにするのが経営の仕事だ。この先1~2年は足元を見て、基本品質を高める努力をしていく。


佐藤有美(経営者)

義務で料理を作っていた時はあまり好きではありませんでした。でも好きな時に料理をするようになったらとっても楽しくなって、今ではストレス解消になっています。


川村元気

僕はめっぽう自己評価が低いんです(笑)。だから、まずはとことん失敗をしない方法を考え抜きます。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさせる。


村田昭治

ゴールを決めて突進していくとき、人間は馬力を発揮するものだ。


玉川勝

毎回修理や設置のサービスマンが行くとお客さんにサインをもらうのですがその中に顧客満足度のアンケートを入れています。また、それだけではなく、商品の取り付けに行った後に携帯のメールが送信されるような仕組みも提供しています。要は顧客の声を聴くということです。こういった顧客の声を聴くという取り組みをしているのですが、意外とクレームは来ないんですよね。そこには2つの仮説があって、一つは意外とアフターサービスがちゃんとできているということ。もう一つはサービスがベストではないが、インド人の許容範囲内に収まっているということだと思っています。


ページの先頭へ