名言DB

9419 人 / 110788 名言

フリーダ・フロム・ライヒマンの名言

twitter Facebook はてブ

フリーダ・フロム・ライヒマンのプロフィール

フリーダ・フロム・ライヒマン。アメリカの精神科医、心理療法家。心理学者エーリッヒ・フロムの妻。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエ出身。人間精神と幼少期の母親との関係についての研究を行った。「分裂病をつくる母」の概念を提唱。著書に『積極的心理療法 その理論と技法』。

フリーダ・フロム・ライヒマンの名言 一覧

私は毎日彼に会いに行き、ドアの外から、あなたに、あなただけに会いに病棟にきたこと、あなたがわれわれに有効な治療的交流を試してみる機会を与えてくれるようになるまで、私は待っていることを話した。三ヵ月後に彼は私を招き入れた。


フリーダ・フロム・ライヒマンの経歴・略歴

フリーダ・フロム・ライヒマン。アメリカの精神科医、心理療法家。心理学者エーリッヒ・フロムの妻。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエ出身。人間精神と幼少期の母親との関係についての研究を行った。「分裂病をつくる母」の概念を提唱。著書に『積極的心理療法 その理論と技法』。

他の記事も読んでみる

平田進也

最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


中尾ミエ

人より秀でたいと思うときは、自分で探してでもライバルを見つけなきゃ駄目。


山田義仁

会社は営業だけでは成り立ちませんし、開発がいいモノをつくっても、それが売れるとは限らない。お客様に使っていただいて、ご愛顧いただいて初めて価値が出る。


コリン・パウエル

1960年代初頭、デイビッド・シャウプ将軍という海兵隊司令官がいた。そのころすでに時代遅れになっていたのだが、当時はまだ、将官が短いステッキや乗馬用のむちを持ち歩いていた。英国植民地時代の名残である。私も、若いころには持っていた。そのころ陸軍では短ステッキを持ち歩く人が少なくなりつつあったが、海兵隊にはこの伝統が根強く残っていた。これを廃止すべきだと考えたのがシャウプ将軍だ。司令官なのだから、ばかげたことば禁止だと命令を出せばすむ。しかしシャウプ将軍は、少々違う戦術を採用した。「必要だと思う士官には短ステッキの携帯を許可する」という指示を出したのだ。翌日、ステッキは消えていた。この1行を思いついたとき、彼は大笑いしたのではないかと思う。「短ステッキなんか無用だ」そう海兵隊員たちが思うとわかっていたのだ。


桐山一憲

部下よりも多くの情報を握ることで地位を維持しても意味がありません。情報をできる限りオープンにし、それでも部下より優れているのが本当にカッコいい上司です。誠実さと透明性で信頼を勝ち取り、尊敬される働き方こそがグローバル時代には不可欠なのです。


松山大耕

本当にすごい人っていうのは、中身を隠さないんです。中身をそのままさらけ出せるのは、本当にすごいこと。


山本敏博(福祉)

全国140施設のうち、築30年以上の施設はほとんどありません。これは30年たったら建て替えるか、または大規模なリノベーションを行うというルールで、計画的に実行してきたからです。医療・福祉施設は、医療技術や介護技術、機器の発達に対応することが優先され、地域の災害拠点の役割としての耐震性も必要です。施設の「安心」、地域の「安心」のためにも、このサイクルは欠かせません。


小室淑恵

まずはチームのメンバーを褒めることから始めてください。「助かったよ」「上手くやれたね」といった言葉をかけ続けるだけで、チームの雰囲気は驚くほど変わります。


藤崎一郎

外国の要人や交渉相手と信頼関係を築こうという場合、結局1対1の関係が大事になります。パーティーなどで交際範囲を広めることは大事です。しかし、その中でこれはという相手とは、1対1ないし双方の奥さんも交えた会合を重ねていくことで友達になるのです。休日などによくお互いの家や町の喫茶店でビールを飲みながら話し込んだものです。


内田和成

極論すれば、仮説は思い付きレベルでもいいんです。ある程度用意周到に導き出した仮説でも、風呂場でパッとひらめいた思い付きでも、本質に迫ってさえいれば、どちらでも構いません。ただ、最初から自分で本質に迫っているかどうかを判断するのは難しいので、とにかく生煮えの状態でも上司に提出してジャッジをあおぐべきです。たとえ思い付きでも、それが正しければ評価されるし、間違っていればまたやり直せばいいだけですから。