フリーダ・フロム・ライヒマンの名言

フリーダ・フロム・ライヒマンのプロフィール

フリーダ・フロム・ライヒマン。アメリカの精神科医、心理療法家。心理学者エーリッヒ・フロムの妻。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエ出身。人間精神と幼少期の母親との関係についての研究を行った。「分裂病をつくる母」の概念を提唱。著書に『積極的心理療法 その理論と技法』。

フリーダ・フロム・ライヒマンの名言 一覧

私は毎日彼に会いに行き、ドアの外から、あなたに、あなただけに会いに病棟にきたこと、あなたがわれわれに有効な治療的交流を試してみる機会を与えてくれるようになるまで、私は待っていることを話した。三ヵ月後に彼は私を招き入れた。


フリーダ・フロム・ライヒマンの経歴・略歴

フリーダ・フロム・ライヒマン。アメリカの精神科医、心理療法家。心理学者エーリッヒ・フロムの妻。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエ出身。人間精神と幼少期の母親との関係についての研究を行った。「分裂病をつくる母」の概念を提唱。著書に『積極的心理療法 その理論と技法』。

他の記事も読んでみる

高田明和

人は、明るい未来があると思えるからこそ、前向きになれる。先行き不透明な時代に自己否定していると、沈むだけです。「大きな事故に遭ってないだけでもいいことだ」と自分自身を全肯定する精神で、欠点を否定せず、うまく付き合っていきましょう。


石坂敬一

東芝の常務から東芝EMIの社長になられた高宮昇さんからは、多くの面で教えられることがありました。とりわけ仕事に関しては、一途に、誠実に、さらに厳しくということを、高宮さんの背中から学んだ気がします。


水口和彦

本当に重要なことならば、リストアップするだけではなく、実行する日付を決めてしまう。その日のスケジュールに組み込んでしまえばいい。緊急度で比較すると後回しにしやすいので、緊急度の軸を外し、その日にするタスクの1つとして同じ土俵に乗せることがコツと言える。


鈴木誠(経営者)

重視しているのは契約が終わった後の鍵の引き渡しのタイミングです。これが済むとお客さんとはしばらく会う機会がありませんから、重要な別れ際です。転職や結婚などでまた次に部屋を探す時、自分を思い出してもらいたいですからね。たとえば、ホテルのような大げさなキーホルダーがついたカギを渡して出してお客さんに笑って頂くんです(笑)。その時の楽しい印象が、ずっと残るはずですよ。


坂田直樹

会社の業務に関することなら、そもそも創業者が目指していたのは何かといった視点から考えてみるといい。


宮本彰

新商品を出さずに考えてばかりいるのが一番のムダです。世間に問えばすぐに反響があるので、そこから学ぶのが一番早い。


高嶋美沙子(Misako Rocks!)

小さいころから絵を描くのは好きでしたが、漫画についてはスキルも経験もありませんでした。でも、アメリカにいる日本人の自分にできることは、コミックを描くことじゃないかと思ったんです。不思議ですが、あのころはなぜか、そうすれば苦しい生活から抜け出せると信じていました。


国部毅(國部毅)

これだけ環境が変わっている時代なので、現在の地点にとどまっているということは後退になってしまいます。


ダン・ケネディー

自分にとってどういう顧客層が理想的かわかっているし、そうした顧客を獲得したいと思っている。そしてそれと同じくらい、それ以外の顧客にはお引き取り願いたいと思っている。どんなビジネスに携わる人も、自分のビジネスに最も適した顧客を選び、そうでない顧客を避けた方がいい。


高城幸司

相手が忙しい人であるほど、決断は速いものです。その半面、いつ会えるか予測が難しいので、スケジュールに余裕を持って根回しのタイミングを探るべきでしょう。


大山健太郎

有能で信頼関係を構築できると判断した人材は、どんどん幹部に登用していく。それがモチベーション向上につながると私は思います。


今泉嘉久

私は24年間の社長業の中で、数多くの失敗をしてきました。その結果学んだものは、顧客満足(CS)が最も大切であるということです。


藤田晋

最後のひと踏ん張りが、大きな差を生む。実はそこが一番苦しくて、辛い。そんな苦しい状況から逃げ出さずに、最後までやり切れるかどうか。そこが勝負の別れ目。


家次恒

いろんなことにチャレンジしていますが、すべてうまくいくとは思っていません。たくさんチャレンジをして、成功の確率を上げることが大事。


伊藤友則

将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


ページの先頭へ