名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

フランツ・ベッケンバウアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランツ・ベッケンバウアーのプロフィール

フランツ・ベッケンバウアー。プロサッカー選手(DF/MF)、監督。ドイツ・バイエルン州出身。バイエルン・ミュンヘンや西ドイツ代表チームなどで活躍。「皇帝」と呼ばれた。

フランツ・ベッケンバウアーの名言 一覧

強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ。


フランツ・ベッケンバウアーの経歴・略歴

フランツ・ベッケンバウアー。プロサッカー選手(DF/MF)、監督。ドイツ・バイエルン州出身。バイエルン・ミュンヘンや西ドイツ代表チームなどで活躍。「皇帝」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

井川幸広

会社は成長していくことが宿命のようなものです。会社の成長は人の成長でもありますから、いかに次世代の経営者を作り出すかが今の最大のテーマです。


迫俊亮

社内にどんな素晴らしい人がいるのかを知り、彼らの心をつかむことができれば、この会社を良くすることはできる。私がスーパーでマルチなスキルや知識や資質を持っていなくても、経営の仕事で結果を出すことが可能になる。社内ばかりでなく、社外にもネットワークを持ち、そこで出会う素晴らしい人たちの心をつかむ。そうすれば、さらに経営の仕事に追い風が吹く。


野間口有

私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


蒲島郁夫

私がいっているのは、国に頼らないと。一律にやるのではなく、ユニークなもので勝負していこうということ。


弘兼憲史

『ラストニュース』をやるにあたってテレビ業界の内部が知りたかった。それには外から見るより、自分がコメンテーターになって実際の制作現場にいたほうが、よくわかるじゃないですか。実際、番組が終わった後、音声さんやカメラさんを自分のカメラで撮ったりして資料集めに動き回ってましたから(笑)。だから『ラストニュース』の連載が終わってからは、コメンテーターは一切やめたんです(笑)、必要なくなったので。


加島禎二(加島禎二)

全否定すると周りがひいてしまうので、うまく部分否定をしながら意見を言えるようになると、目立つ存在として周囲が認めてくれるようになります。


ゲーテ

歳をとることがすでに、新しい仕事に就くことなのだ。すべての事情は変わっていく。我々は活動することを全然やめるか、進んで自覚をもって、新しい役割を引き受けるか、どちらかを選ぶほかない。


野村萬斎(二世)

狂言も喜劇を通して人の世の不条理を描くもの。日が差したと思うと、またすぐにどんよりとかげっていく。どれほど栄えても、やがては終わりが来るし、栄華が大きければ大きいほど滅亡時に被る死の波は大きくなる。そうしたドラマは、日本人の琴線に触れるものであり続けています。


菅原道仁

「少しくらいミスしても大丈夫でしょ」と楽観的に考えていると、準備や努力を怠ってしまい、取り返しのつかないミスを犯すことになる。


ニーチェ

夫婦とは、長い会話である。


立川志らく

今では、異次元の世界だと思っていたバラエティにも出演している。即興大喜利をやっているようでとても面白い。「これは、本来落語家が得意とする分野ではないか」とやってみて気がついた。53歳にして新しい発見があり、楽しく仕事をしている。


松本晃(経営者)

法律の基本を知らないと、会社の経営はできません。もちろん弁護士になるわけではないから、必要最小限のことでいいのです。たとえば、独禁法。独禁法がどういう法律かを知らなかったら、経営はできません。