名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランツ・ベッケンバウアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランツ・ベッケンバウアーのプロフィール

フランツ・ベッケンバウアー。プロサッカー選手(DF/MF)、監督。ドイツ・バイエルン州出身。バイエルン・ミュンヘンや西ドイツ代表チームなどで活躍。「皇帝」と呼ばれた。

フランツ・ベッケンバウアーの名言 一覧

強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ。


フランツ・ベッケンバウアーの経歴・略歴

フランツ・ベッケンバウアー。プロサッカー選手(DF/MF)、監督。ドイツ・バイエルン州出身。バイエルン・ミュンヘンや西ドイツ代表チームなどで活躍。「皇帝」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

大村浩次

我が社の社員は全員、紺のシングルスーツに白のワイシャツです。私は20年来、早朝に本社周辺の道路や地下街通路、本社のトイレを掃除しながら、経営理念である「FC加盟店の役に立っているか」「業界の発展に貢献しているか」といったことを自問しています。こうしたことを通じて、我が社の社風は自然に出来上がったと思います。FCの方々にも私の思いは伝わっているのではないでしょうか。


越智直正

「どんなものでも安いほうがいい」。ほんとうにそうですか? 日本人はそんな人ばかりじゃないとぼくは思います。高くてもいいものがほしいと思う人もいっぱいいますよ。あんまり消費な者を舐めたらいかん。


鎌田薫

早稲田は、大学で勉強したこととは違う世界で活躍する人もたくさん生んできました。演劇人がそうですし、小説家もそうでしょう。いろいろな個性を持った人たちがぶつかり合って、自分を磨く。その多様性に満ちた空間であることが非常に大きな意味を持ってきました。


福地茂雄

指導者を育てる場合は、カミソリではなくナタを意識したほうがいい。カミソリは身近にあってよく切れるから重宝されます。ですが、木は切れません。ナタは重くて使いこなすのが大変ですが、木を切り倒すことができます。大きな仕事を任せられるのは、こうしたタイプです。少々不器用でも、最後は仕事を成し遂げる。会社を変革できるのは、カミソリでなくナタなんです。管理職は、その人材がカミソリなのかナタなのかを見極めて、育て、使いこなさなければなりません。


田崎正巳

新しい能力を開発して、思考力を身に付けていくためには、過去の経験を捨て、過去が通用しない世界に飛び込んでみることなのである。そのとき「自分はここでこういう能力を身に付けたい」という明確な目標を持つようにしよう。そうすることで、過去に経験したAでもBでもなく、新たなCという方法を見つけ出すことができるようになり、どこへ行っても通用する普遍的な能力を身に付けることができる。


マハトマ・ガンジー

博愛を実践するには、もっとも大きな勇気が必要である。


近藤正樹

社長就任後、研究開発部門を私の直轄としました。


鈴木三郎助(三代目)

「アンテナは高く、頭は低く」世の中の変化や技術革新に乗り遅れないために、政治家でもなく、評論家でもなく、常に商人のセンスで情報をできるだけ収集せよ。


笠原健治

「mixi」は「誰もが主役となるような居心地のよいつながりを提供する」をコンセプトに立ち上げたサービスですが、そうした主役感を追求するためには、つくり手である社員一人ひとりも主役になれるような職場環境でなければなりません。


石渡美奈

以前は社員とのコミュニケーションの大切さに気付かず、頼りにしていた工場長から突然辞表を出されるなんてこともありました。結論だけを話せば社員はわかってくれると勝手に思い込んでいたのです。


立川志の輔

古典落語はとてもよくできていますが、たとえば受験なんていうものは昔はなかったので、受験を描いた噺はありません。そこで「親の顔」という新作を作りました。コンピュータの話「みどりの窓口」や、夫婦の機微を描いた「はんどたおる」も同じ理由です。


高杉晋一

世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。