名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

フランチェスコ・トラーパニの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランチェスコ・トラーパニのプロフィール

フランチェスコ・トラーパニ。イタリアの経営者。ブルガリのグループCEO(最高経営責任者)。ブルガリ創業者のひ孫。イタリアのナポリ大学、アメリカのニューヨーク大学卒業後、27歳でブルガリの経営を叔父から引き継ぐ。多角化、株式上場などを行い、ブルガリを5店舗の小さな宝石商から世界的ブランドに成長させた。そのほか、イタリア・ラグジュアリー製品協会副会長なども務めた経営者。

フランチェスコ・トラーパニの名言 一覧

顧客に刺激を与え、顧客をエキサイトさせる存在であること。これが、近年の高級ブランド経営の必須条件であると私は考えます。目の肥えた顧客に自分のブランドを選択してもらうには、顧客をエキサイトさせる存在にならなければなりません。


目の肥えた顧客を満足させるためには、品質を自社で全面的にコントロールする体制が欠かせません。製造の内製化によってより深い商品知識やノウハウを資産として持つことができ、生産計画も立てやすくなります。


ブルガリの店舗に併設した、レストランやチョコレート販売などは業績を左右する規模ではありません。しかし、ブルガリが質の高さで突出した、クリエイティブな会社であるとの側面を、従来とは違った形で顧客にアピールすることに成功しています。それが宝石などの中核商品の販売につながっていきます。


最近、スイスで時計職人の争奪戦が起きています。重要なパーツであればあるほど供給能力は不足し、外注では必要量を確保できません。パーツメーカーの買収は、販売の機会損失を防ぐ意味でも有効です。


ブランドの永続的な成長を考えるとき、成長著しい地域に投資することだけが成功を約束するものではありません。


多くの高級ブランドは、店舗や出店地域といった拡大という地理的な拡大と並行して、商品の多角化に取り組みます。しかし、ブルガリは現在、多角化とは距離を置いた形での成長を考えています。私たちは時間をかけて商品群を拡充してきました。新興ブランドとは異なり、これらの商品群は顧客に浸透しているため、多角化はもはや大きな意味を持たないからです。


重要な市場であれば、成長市場でなくても投資は続けるべきです。


経営資源のすべてを成長が著しい国のみに振り向けるのは得策ではないし、そのような投資行動はとりません。


フランチェスコ・トラーパニの経歴・略歴

フランチェスコ・トラーパニ。イタリアの経営者。ブルガリのグループCEO(最高経営責任者)。ブルガリ創業者のひ孫。イタリアのナポリ大学、アメリカのニューヨーク大学卒業後、27歳でブルガリの経営を叔父から引き継ぐ。多角化、株式上場などを行い、ブルガリを5店舗の小さな宝石商から世界的ブランドに成長させた。そのほか、イタリア・ラグジュアリー製品協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

吉川良三

「見せる化」で、単なる情報開示でなく、情報を相手にとってより有益なものになるよう加工することで、情報→判断→方針決定までの時間を短縮するとともに、人による判断のバラつきを減らして決定の精度を上げることが可能になる。


小林栄三

社長就任時に、私は若い社員に会って直接話をする機会をつくろうと思い、まずは400人の社員に会うことを宣言しました。伊藤忠商事には約4000人の社員がいます。私が400人に会って、その一人一人が私と話したことを10人に発信すれば4000人になる。その人がまた10人に発信すれば、グループの4万人になる。そういうロジックで、各地の社員と懇談の場を重ねてきました。フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションで600から700人くらいの若手社員と話してきた計算になります。


小坂敬

自分の代で終わらせるのではなく、次の世代にバトンタッチしていく使命が私たちにはある。


青木功

いまにして思うと、盗んで学んだものは忘れることがないんですが、一方的に先輩から教わったものはすぐ忘れます。心のどこかに、忘れたらまた聞けばいい、そんな気持ちが働くんでしょうね。


岡本正善

意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。例えば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と、ミスをする方向にスイッチが入る。そうなると、ミスが起きやすくなる。


知識賢治

かつての企業再生は金融系企業が主導してバランスシートの見栄えを良くすることに力点が置かれていました。しかし、それで本当によいのでしょうか。本来は働く人たち自身が「この会社を救いたい」とわき出るような思いを持って、再生に当たるべきです。


中尾政之

海外旅行ガイドブックやサイトに、「あの国のどこそこでカバンを盗まれました」とよく書いていますよね。行ってきた人が、せっかく教えてくれているのだから、カバンが見えないように身構えないといけない。でも、得てして「自分には起きないだろう」と思いがち。それでは、被害に遭っても仕方がない。


北村正志

今回の落ち込みを打開するには、私の頑張りと、写真屋人生40年、50年の経験と知恵だけでは困難。もっと視点を広げなければと考えました。そこでCCCの増田宗昭さんにお願いしました。増田さんは10年くらい前に当社の社外取締役を務めていただいたことがあります。年に数回役員会に出てくれればいいと、増田さんの企画力、才覚を期待して頼みました。それ以来のお付き合いです。写真屋が写真だけで頑張っても大した変化は起こせない。代官山T-SITEなどを成功させた増田さんの天才的な感覚、プラスα、Xを期待しています。

【覚え書き|カルチュア・コンビニエンス・クラブに株式の約30%を売却したことについて】


重光武雄(辛格浩)

その土地で一番大きい建物を造れば、地元のマスコミが大々的に報じてくれます。それがいい宣伝になるんです。
【覚書き|中国の瀋陽北駅周辺に巨大複合商業施設開発を行った際の発言】


天達武史

新しいことに挑めない時って、失敗するのが嫌だから動けないんですよね。その感覚、人一倍わかります。でも、それは違うんですよ。動くと何かが起きるんです。


仙田満

私は、研究と設計は同じだと考えていて、仮説を持ってそれを証明していくという両輪の関係にあります。学生や若い建築家にいつも言うのですが「研究に基づくデザイン」を大切にし、その両分野に挑戦してほしいと。


澤田秀雄

人間は自然から生まれて、自然に生かされていますから、その摂理を守らなければ必ず病気になりますし、会社だったら経営がおかしくなります。経営がうまくいかなくなるのは、理にかなっていないことをするからです。