フランチェスコ・トラーパニの名言

フランチェスコ・トラーパニのプロフィール

フランチェスコ・トラーパニ。イタリアの経営者。ブルガリのグループCEO(最高経営責任者)。ブルガリ創業者のひ孫。イタリアのナポリ大学、アメリカのニューヨーク大学卒業後、27歳でブルガリの経営を叔父から引き継ぐ。多角化、株式上場などを行い、ブルガリを5店舗の小さな宝石商から世界的ブランドに成長させた。そのほか、イタリア・ラグジュアリー製品協会副会長なども務めた経営者。

フランチェスコ・トラーパニの名言 一覧

顧客に刺激を与え、顧客をエキサイトさせる存在であること。これが、近年の高級ブランド経営の必須条件であると私は考えます。目の肥えた顧客に自分のブランドを選択してもらうには、顧客をエキサイトさせる存在にならなければなりません。


目の肥えた顧客を満足させるためには、品質を自社で全面的にコントロールする体制が欠かせません。製造の内製化によってより深い商品知識やノウハウを資産として持つことができ、生産計画も立てやすくなります。


ブルガリの店舗に併設した、レストランやチョコレート販売などは業績を左右する規模ではありません。しかし、ブルガリが質の高さで突出した、クリエイティブな会社であるとの側面を、従来とは違った形で顧客にアピールすることに成功しています。それが宝石などの中核商品の販売につながっていきます。


最近、スイスで時計職人の争奪戦が起きています。重要なパーツであればあるほど供給能力は不足し、外注では必要量を確保できません。パーツメーカーの買収は、販売の機会損失を防ぐ意味でも有効です。


ブランドの永続的な成長を考えるとき、成長著しい地域に投資することだけが成功を約束するものではありません。


多くの高級ブランドは、店舗や出店地域といった拡大という地理的な拡大と並行して、商品の多角化に取り組みます。しかし、ブルガリは現在、多角化とは距離を置いた形での成長を考えています。私たちは時間をかけて商品群を拡充してきました。新興ブランドとは異なり、これらの商品群は顧客に浸透しているため、多角化はもはや大きな意味を持たないからです。


重要な市場であれば、成長市場でなくても投資は続けるべきです。


経営資源のすべてを成長が著しい国のみに振り向けるのは得策ではないし、そのような投資行動はとりません。


フランチェスコ・トラーパニの経歴・略歴

フランチェスコ・トラーパニ。イタリアの経営者。ブルガリのグループCEO(最高経営責任者)。ブルガリ創業者のひ孫。イタリアのナポリ大学、アメリカのニューヨーク大学卒業後、27歳でブルガリの経営を叔父から引き継ぐ。多角化、株式上場などを行い、ブルガリを5店舗の小さな宝石商から世界的ブランドに成長させた。そのほか、イタリア・ラグジュアリー製品協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

遠藤功

現在のように不確実性の高い時代には、会社の指示が正しいとは限りません。現場の一人ひとりが、ミッション達成のためにすべきことを、変化する環境に柔軟に対応しながら判断しなければ、成果が出せない。


黒川光博

味だけではこんなに長く続きません。人を大切にしてきたという歴史がある。


村井史郎

ゼロから始めれば持たざる強みを最大限発揮することが出来る。何もなければ何のしがらみもない。スクラップ&ビルドなら、まずスクラップしなければなりませんが、ゼロならビルドから始めることができる。


北尾吉孝

どんな事業にもリスクがあるのは当たり前。大事なことはどうすればそれを会社の経営に支障をきたさない範囲にとどめることができるかということ。


金森重樹

恨みや怒りを引きずると、心身ともにダメージを受けます。そして、心がダメージを受けると回復には大変な労力が必要です。だから、トラブルを外部の専門家に任せて自分から切り離すことで、苦しみから自己を解放するといいでしょう。


柳井正

「ピンチ=チャンス」「チャンス=ピンチ」だと思います。苦しければ苦しいほどチャンスは大きい。


岡藤正広

日本の伝統的な商売の中で、商社の機能で付加価値を生む方法がまだある。だからもう一度成熟した日本市場を見直す。


平田静子

世論に強く問いたいことがあるとする。そうしたとき、直裁的な表現を離れることは有効な手段だ。俯瞰で全体像が見え、それによって詳細が見える。背景にあるものが理解できる。それが本質をくっきりと浮かび上がらせるのだと思う。


弘兼憲史

何歳になっても、人は学び続けないと成長できない。


辻慎吾

森(稔)が作り上げてきた森ビルの思想を組織として受け継ぎ、残していく必要があると思っています。もしそれがなくなってしまえば、同じような会社はいくらでもある。決してそうではないことを、内にも外にも示していかなければなりません。未来の都市をイメージできる人材を育て、そのための組織をいかに作り上げていくかが、私に課せられた大事な什事。何しろ森ビルという会社は一代や二代で終わるにはあまりにもったいない、独特の個性を持った会社なのですから。


伊藤隆行

雑談で大切なのは自己犠牲ですね。時には恥をかきながらも自己を開示することで、相手と自分のムダな障壁を除去していくのです。


ロベルト・シンヤシキ

私の父はよくこんな風に言っていました。「人に親切にするチャンスを逃してはいけないよ」と。人生を美しいものにする素朴な物事を味わえるようになったとき、心の中で幸福が育ちます。そして自分が本当に必要としているものが、愛する人たちからの愛情であることに気づくのです。


小川洋子

他人から見たら妄想でも、本人にとっては生々しい実体験だというギャップがあるから小説は面白い。誰かにとっては無意味で非現実的な世界が自分にとっては重要でリアルである、写真に撮って説明できないけど、言葉だと伝えられる、そのために小説があるんじゃないかと思います。


米澤穂信

小説がどうしてもうまく書けないってなった時は、いったん手を止めて他の方の小説を読むんですよ。面白い小説を読んでいると、やっぱり小説ってすごいし、やらなきゃウソだよって気持ちになるんです。小説を読むという行為を通して、小説を書くことへの思いが焚き付けられる。


三田紀房

自分の成功パターンを公式化し、その公式で生産していく。私はこれを「デジタル化」と呼んでいます。作品内容も、制作フローも、私自身のスタイルも、できる限りデジタル化します。


ページの先頭へ