フランソワ・ラブレーの名言

フランソワ・ラブレーのプロフィール

フランソワ・ラブレー。フランス・ルネサンス期の人文主義者、作家、医師。フランス王国シノン出身。いくつかの修道院で学んだのち、モンペリエ大学医学部に入学。その後、医師、作家として名を成した。

フランソワ・ラブレーの名言 一覧

良心なき知識は、人間の魂を滅ぼす。


フランソワ・ラブレーの経歴・略歴

フランソワ・ラブレー。フランス・ルネサンス期の人文主義者、作家、医師。フランス王国シノン出身。いくつかの修道院で学んだのち、モンペリエ大学医学部に入学。その後、医師、作家として名を成した。

他の記事も読んでみる

八ツ井慶子

50代は人生の最後の貯めどき。老後資金設計をきちんと行いたい年代です。50歳以上になると「ねんきん定期便」に老齢年金の見込み額が記載されます。また、退職金の額、子どもの教育費、住宅ローンの残高などいろいろなメドが立ってくる。自分のリタイア後を見据えて、それまでにあとどのくらい貯められそうかなど、プランニングがしやすくなります。


ラグラム・ラジャン

現在の世界を見渡してみると格差に代表される様々な断層があり、越えることができない断層が人々に絶望を与えている。


大久保幸夫

20代から30代前半で習得すべきは「型」です。自分独自の仕事のスタイルをつくる前に、まず歴史の中で培われた先人たちのやり方を覚えることを優先するのです。尊敬、あるいは共感できる上司、先輩、プロをロールモデル(手本)にできれば理想的でしょう。はじめから何もかも自己流で行うのは、一時的には上手くいったとしても、早い段階で行き詰まりを迎える可能性が高いからです。


尾賀真城

大阪第1支社長としてサッポロが弱い大阪に赴任したときのことです。当時の茨木工場のすぐ近くにスーパーがあったのですが、この店の当社のシェアは3割を超えていました。酒売り場の担当者もパートの人たちもサッポロを一生懸命売ってくれ、常識ではあり得ない異常値をたたき出していました。やり方次第では異常値はつくれるわけで、営業とは面白い仕事です。


菊川剛

ダラダラと仕事するのではなく、常にスピードを念頭に置いて、社長以下の社員一人一人が時間を有効に活用していく。これは我が社が掲げるワーク・ライフ・インテグレーション(仕事とプライベートの両立・統合)の理念にもかなうことだと思っています。


宮内寿和

今の視点に立って、昔からある技術を科学的にも再検証する、そしてよいものを復活させる、続けて行く。伝統構法のよさを知る大工だからこそ、そういうスタンスでいくべきでないか。


岡藤正広

私はずっと繊維畑で大阪にいて仕事をしていましたから、東京本社のことは半分部外者のように見ていました。そのときは非常に官僚的で、上の動向ばかり気にしていて会議も多いし大変だなという印象があった。トップに就任したときは、これを変えていかなければいけないと考えました。


浦沢直樹

漫画って恐ろしいですよね。やればやるほど執念が濃くなる。なぜそこまで人を引きずり込むのか、漫画というものはっていうね。


藤岡頼光

単に英語の発音や文法が正しいだけではなく、「教えたい!」という、教師としての強い熱意を持った人材だけを採用するようにしています。


熊谷正寿

創業者としてやるべきことは、この会社が30年、50年、100年単位で成長していくために、社員が自発的に発展させる仕組み、自走式組織を作ること。


柏木斉

我々は何のためにビジネスを行うのか。情報提供者のクライアントと一個人のカスタマーの中間に立って両者をマッチングさせ、なおかつカスタマーが具体的なアクションを起こして初めて価値が生まれます。


沼田憲男

文章を書くとき、まずは「何をどう伝えたいか」といった要旨を一言で考える。新聞の見出しのような役割で、文章を書く目的が明確になる。


赤池学

ハーバード大学教授のマイケル.ポーター氏が、「公益を満たしつつ、事業益を満たす開発投資をしよう」とCSVを提唱しました。日本にはもともと「三方よし」の考え方があるので、多くの企業に受け入れられつつあります。そんな中で、地域の課題と事業の課題を解決しながら新しいビジネスを構築しようと考える企業も増えてきました。


加藤宣明

当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


大葉ナナコ

妊娠と出産しか命をつなぐ方法はありません。生まれてくる力も生む力も素晴らしい。


ページの先頭へ