名言DB

9425 人 / 110833 名言

フランソワ・ノーカットの名言

twitter Facebook はてブ

フランソワ・ノーカットのプロフィール

フランソワ・ノーカット。フランス出身の経営者。高級ホテルザ・リッツ・カールトン東京の総支配人。ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコでホテルマネジャー、同大阪で副総支配人、同フィラデルフィアで総支配人、同広州で総支配人などを経て、東京の総支配人に就任。

フランソワ・ノーカットの名言 一覧

私は従業員の上司ではありません。我々の上司、それはお客様です。


基本的にサービスを受ける側に、国や文化の違いはないのです。人の根底にある欲求、それは「大事にされたい」と願う心です。


すべてはお客様の目線から見てシンプルにすることです。決してものごとが複雑になってはいけません。


「上司に聞いてきます」とお客様をお待たせすることに意味はあるのでしょうか。
【覚書き|「従業員は、お客様のためなら上司の承認を得ずに行動して良い」というリッツ・カールトンのルールの意味について語った言葉】


経歴や経験はあとからついてきます。けれども生まれ持った資質というのはあとから変えることはできません。パッション(情熱)、人を喜ばせたいというホスピタリティ、そして絶対にものごとを成し遂げるという強い意志。この3つさえあれば、経験の不足などいくらでも補えます。


たとえば、夜中の1時にプールに入りたいというお客様がいらっしゃれば、従業員は上司の許可を取らずにプールを開けることができます。閉店後のレストランも同じです。これは東京に限らず、リッツ・カールトン・グループ全体に共通していることですが、「お客様の喜ぶことであれば、すべての従業員が上司の承認を得ずして行動して良い」という文化が我々にはあります。


入社候補者の面接をするコツは、相手が言ったことではなく、言わなかったことを考えるんです。私が必ず聞くのは「どうしてこのホテルで働きたいのか」「仕事の中でのモチベーションは何か」「仕事でハッピーになるのはどういったときか」の3点ですが、そこで返ってきた答えだけでなく、言わなかったことが何なのかに着目するのです。非常に日本的な概念かもしれませんが、行間を読み取るのです。その人があえて言葉にしなかったこと、発言するときの声の高さ、言い回し、すべてをフィーリングで感じ取るのです。


同じリッツ・カールトンでも、アメリカではチェックイン時に荷物を持つサービスはしていません。彼らはそれが「サービス」だとは考えていないからです。むしろ、ビル・ゲイツのような人物は、絶対に自分で荷物を持ちたがります。他人に荷物を預けることで一秒たりとも時間を無駄にしたくないからです。ところが日本人は違います。どんなに小さな荷物でも持ってもらいたいと望みます。この違いに気づいているからこそ、ザ・リッツ・カールトン東京のお客様の70%が日本人になるのです。


サービスの目的は同じでも、手段は国や文化によって異なります。西洋と東洋、あるいは同じアジアでも中国、日本、韓国ではそれぞれ求められる気遣いのあり方は違います。そこに我々は気を付けなくてはなりません。


フランソワ・ノーカットの経歴・略歴

フランソワ・ノーカット。フランス出身の経営者。高級ホテルザ・リッツ・カールトン東京の総支配人。ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコでホテルマネジャー、同大阪で副総支配人、同フィラデルフィアで総支配人、同広州で総支配人などを経て、東京の総支配人に就任。

他の記事も読んでみる

松田公太

私は常に、より困難な道を選んできました。なぜなら、茨の道を行く方が人間は成長できるからです。


向井万起男

目標の立て方に悩む人は、思いつく端からでもいい。つまらないことでもいい。まずは目の前の紙に願い事を100書き出してみてはいかがだろうか。


出雲充

新しいことに挑戦するときには、いくら考えても、準備をしても、やってみないとわからないことのほうが圧倒的に多い。


加藤栄(経営者)

1社でも買ってもらえるところが増えたら、それが市場開拓ということではないか。


テリー伊藤

元気と勢いは大切。アイデアや企画を社内や社外へプレゼンする時、データを積み上げたり、根回しをしたり、通りやすくする準備っていろいろあるけど、最終的には提案者の熱量が物を言う。


宮崎駿

仕事に直接関係あることばかりやっていたら、仕事にならないですよ。


千本倖生

起業は9割が苦労。喜びは1割しかない。それでも、世のためになる事業であれば、挑戦する意義は非常に大きい。


岩崎裕美子

私たちは6つの社内ルールをつくっています。どれも業務スピードを徹底的にアップするための工夫です。

  1. 社内資料は作り込まない。意味がわかれば十分。
  2. 会議は30分。短時間で即断即決。時間が来たら強制終了。
  3. 社内メールで「お疲れさま」は禁止。読む時間も入力時間ももったいない。
  4. 社内スケジュールは勝手に入れる。社長でも本人の承認は不要。いちいち承認を取っていたら仕事が進まない。
  5. 業務をプロジェクト化。各部署の協力が必要な業務などはプロジェクト化で情報共有。
  6. 企画は初期段階から根回しする。企画の初期段階で関係各部署から意見を聞く。致命的な問題を早期発見できる。

田坂広志

本を読んでいると、なぜか気になる言葉が目に飛び込んできます。そのとき、その理由がわからなくとも、その感覚を信じて線を引き、メモを取り、心に残しておくと、必ずあとに、それらの気になる言葉同士が結びつき、心の中に新たなアイデアやコンセプト、物語が生まれてきます。


小路明善

今年の上半期は「スーパードライ」が好調でした。昨年からブランド資産の最大化に、私たちは取り組んでいて、それが奏功したと思います。