名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランソワ・ノーカットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランソワ・ノーカットのプロフィール

フランソワ・ノーカット。フランス出身の経営者。高級ホテルザ・リッツ・カールトン東京の総支配人。ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコでホテルマネジャー、同大阪で副総支配人、同フィラデルフィアで総支配人、同広州で総支配人などを経て、東京の総支配人に就任。

フランソワ・ノーカットの名言 一覧

私は従業員の上司ではありません。我々の上司、それはお客様です。


基本的にサービスを受ける側に、国や文化の違いはないのです。人の根底にある欲求、それは「大事にされたい」と願う心です。


すべてはお客様の目線から見てシンプルにすることです。決してものごとが複雑になってはいけません。


「上司に聞いてきます」とお客様をお待たせすることに意味はあるのでしょうか。
【覚書き|「従業員は、お客様のためなら上司の承認を得ずに行動して良い」というリッツ・カールトンのルールの意味について語った言葉】


経歴や経験はあとからついてきます。けれども生まれ持った資質というのはあとから変えることはできません。パッション(情熱)、人を喜ばせたいというホスピタリティ、そして絶対にものごとを成し遂げるという強い意志。この3つさえあれば、経験の不足などいくらでも補えます。


たとえば、夜中の1時にプールに入りたいというお客様がいらっしゃれば、従業員は上司の許可を取らずにプールを開けることができます。閉店後のレストランも同じです。これは東京に限らず、リッツ・カールトン・グループ全体に共通していることですが、「お客様の喜ぶことであれば、すべての従業員が上司の承認を得ずして行動して良い」という文化が我々にはあります。


入社候補者の面接をするコツは、相手が言ったことではなく、言わなかったことを考えるんです。私が必ず聞くのは「どうしてこのホテルで働きたいのか」「仕事の中でのモチベーションは何か」「仕事でハッピーになるのはどういったときか」の3点ですが、そこで返ってきた答えだけでなく、言わなかったことが何なのかに着目するのです。非常に日本的な概念かもしれませんが、行間を読み取るのです。その人があえて言葉にしなかったこと、発言するときの声の高さ、言い回し、すべてをフィーリングで感じ取るのです。


同じリッツ・カールトンでも、アメリカではチェックイン時に荷物を持つサービスはしていません。彼らはそれが「サービス」だとは考えていないからです。むしろ、ビル・ゲイツのような人物は、絶対に自分で荷物を持ちたがります。他人に荷物を預けることで一秒たりとも時間を無駄にしたくないからです。ところが日本人は違います。どんなに小さな荷物でも持ってもらいたいと望みます。この違いに気づいているからこそ、ザ・リッツ・カールトン東京のお客様の70%が日本人になるのです。


サービスの目的は同じでも、手段は国や文化によって異なります。西洋と東洋、あるいは同じアジアでも中国、日本、韓国ではそれぞれ求められる気遣いのあり方は違います。そこに我々は気を付けなくてはなりません。


フランソワ・ノーカットの経歴・略歴

フランソワ・ノーカット。フランス出身の経営者。高級ホテルザ・リッツ・カールトン東京の総支配人。ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコでホテルマネジャー、同大阪で副総支配人、同フィラデルフィアで総支配人、同広州で総支配人などを経て、東京の総支配人に就任。

他の記事も読んでみる

古川武士

将来のあり方を作るのは今の自分。人生の後半戦に備えるために、悪い習慣の棚下ろしをするか否かが大きな分岐点になる。


中原淳

注意したいのは、淡々と客観的なスタンスを崩すことなく、事実を元に話すこと。あいまいなことを言ったり、高圧的になったりすると、部下は反発します。たとえば、いつも締切りに遅れる部下がいたとしましょう。その場合、「君、いつも締切りに遅れてないか?」と抽象的に言うのではなく、「この仕事の提出が締切りより3日遅れましたね。その前にお願いしたこの仕事も締切りを2日過ぎていました」というように事実を述べます。そのうえで、「なぜ締切りに遅れてしまうんでしょうね?」と理由を聞くのです。


徳重徹

僕らはベンチャー企業なので、売上が立たなければ会社がなくなってしまいます。でも、大企業からきている人に、そういう危機感は薄いですよね。もちろんなかには志の高い人もいるんですよ。でも、せっかく現地組が本気でやっていても、その思いが日本で意思決定する人たちに理解されず、悔しい思いをする。これじゃなかなか本気になれないでしょう。


片田珠美

嫉妬しやすい人は常に自分を「被害者」の立場に置く。そういう人ほど「自分なりの正義」を振りかざして、嫉妬の対象を攻撃します。自分は被害者だから、相手に罰を与えても許されると思い込み、自らの「懲罰欲求」を正当化するのです。


樋口武男

経営者も社員をよく見ておく必要があります。組織を動かそうと思うと、どういう人に任せるかが何よりも重要だからです。


井筒廣之

ページ振りさえできていない資料が会議に出てくるのは、資料を作成した社員とその上司との意思疎通に問題があるケースがほとんどです。


都築明寿香

今は、誰かに対して感謝するとか、利他的なことをする意味がわからないという若者が増えています。そういう風潮を正すには、人のために何かをしたり、感謝したりする尊さを、大学や高等教育で教えるべきだと思っています。


アリストテレス

失敗する方法ならいくらでもある。しかし。、成功する道はたった一つしかない。


鷹城勲

数年来の航空会社の合理化によって、ターミナルビル内のフロアは空室が増えました。これを活用するために、羽田という地の利、空港という価値を生かしていきます。例えば、留学生を海外から受け入れ、あるいは日本から海外に出て行くための施設を、大学と協同で事業展開します。先進医療やロボットなど最先端技術のショールーム化、グローバルビジネス拠点としての活用など、様々な情報発信の場としても活用していきます。


安成政文

当社は原則、対面営業を重視しているので投資初心者からベテランの方まで、あらゆるニーズにお応えできるようにしています。


伊藤喜之

僕は、今でこそ奇抜な格好をしたキャラが定着していますが、昔はごく普通のスーツを着た地味な会社員でした。そのため営業先ではいつも「突っ込みどころのないつまらないヤツ……」と思われていたようで、成績も散々でした。そんなある日、休日にアウトレットモールへ行くと、定価15万円のブランドスーツが1万円で売られています。色は、超ど派手なピカピカのスカイブルー(笑)。「誰が着るの?」っていうくらい奇抜な色だったので、売れ残っていたんです。ちょっとためらいつつも、破格でしたし、買ってみて、ためしに仕事に着ていきました。すると営業に行った取引先で、すごい反応が。「うわ、スゴイの着てるね!」「そんなのどこで売ってんの!?」などと食いつきまくりです。その勢いで話が弾み、契約も成立してしまいました。そのとき、僕はふと思いました。「あ、自分から話しかけるより、突っ込んでもらった方が断然ラクだな……」と。取引先の人たちが「テッカテカのスーツを着た面白いヤツがいるんだよ!」と噂を広め、勝手に根回ししてくれるので、仕事はドンドン増えていきました。こんなふうに、営業ライバルを出し抜いて成功をつかむには、「キャラ作り」が大きな威力を発揮します。


宮坂学

良いアウトプットをするためには、良いインプットが必要。