名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランソワ・デュ・ボワの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランソワ・デュ・ボワのプロフィール

フランソワ・デュ・ボワ。フランスの音楽家、キャリア教育者、中国武術家。仏ブルゴーニュ地方出身。マリンバ奏者として活躍したのち、大学などで作曲法を教えた。また、キャリアマネージメント手法「デュボワ・メソッド」を開発。

フランソワ・デュ・ボワの名言 一覧

しっかりと自己分析する習慣を身につければ、悪いクセに気づいてコントロールできる。


30代、40代になると気合だけではままならないことが山ほどある。仕事量が増えたり、ポジションが上がって部下の人生まで面倒を見るとなると、気遣いが必要な場面がたくさん出てくる。


会社は舞台のようなもので、あなたは役者の一人。会社で仕事をするとは、芝居の中で自分に与えられた役割を積極的に演じるということ。となると、どう振る舞ってどんな印象を与えているかを知ることは大事。


自己分析で悪い癖に気付けない人は、職場で信頼できる人をつかまえて、聞いてみるといい。「私に改善してほしい癖はないか」「最近、私はどう映っている?」と。僕もそうしている。自分の悪い癖に気付いていないのは本人だけ、ということがよくあるので、そんなサイクルをつくっておくといい。


自分の性格や行動の傾向は、できるだけ正確かつ客観的に、細かく把握しておくこと。自分をしっかり理解できている人は、ビジネスパーソンとして将来成長していけるだろう。


イライラ癖のある人は、どんなときにどんな人と話すと精神状態が悪くなるかを把握できれば、イライラする前に自らブレーキをかけたりできる。すると、思わしくない結果を招かずに済む。


出発点は、自覚を持つこと。自分が悪いクセを抱えていることに気づいていない人も多い。気づかないことには断ち切れない。


フランソワ・デュ・ボワの経歴・略歴

フランソワ・デュ・ボワ。フランスの音楽家、キャリア教育者、中国武術家。仏ブルゴーニュ地方出身。マリンバ奏者として活躍したのち、大学などで作曲法を教えた。また、キャリアマネージメント手法「デュボワ・メソッド」を開発。

他の記事も読んでみる

貞末良雄

いまの若い人たちのなかには、気が合わない人と一緒に働くなんて耐えられない、という人もいることでしょう。たしかに、自分を嫌っている人と上手くやるのはなかなか難しいものです。しかし難しいからこそ、意識的な努力がいるのです。


加瀬豊

目的を明確化するだけで、会議は8割方成功します。さらに、肩書ではなく仕事の内容によって必要少数の出席者を集められれば完璧です。会議の招集者はこの2点に留意してシナリオをつくらなければなりません。


佐藤浩市

期待していたのとは、現場の事情が違ったとしても、角度を変えて探せば、別のやりがいが見えてくるかもしれない。そんな努力すら放棄して、ただ単に「こんなの楽しくない」「思っていたよりも面白くない」とグチるだけでは、その先にチャンスは巡ってこない。


寺畠正道

我々は今、たばこ会社としてサステナビリティ(持続可能性)について長期的な視点から考えています。原料となる葉たばこを持続的に調達していくためには農家さんとWin‐Winの関係をつくらなければなりません。そのため、農家さんと長期的なお付き合いをしたいと考え、世界の取引量の半分を直接契約に切り替えました。日本ではもともと専売制があり、葉たばこ農家さんから100%買い受けてきました。海外でも似たようなことをやっていこうとしたわけです。


横田英毅

仕事で何が一番大切かといえば、やりがいを感じられることです。会社経営をする上で一番大切にしなくてはならないのは、社員一人ひとりのやりがい、ということになります。


山下聰(経営者)

現在の当社の成果というのは、先人・先輩が努力した結果です。そう考えると、私たちは今、将来に向けた投資をしっかりやっておかなければなりません。


樋口廣太郎

私は銀行時代から専門バカにならないようにと、いろいろな分野の本を読むようにしています。軽いものから、堅いものまで、手当たり次第に読み、それもダラダラ読むのではなく、よほどの長編でもない限り、日に一冊完読。これくらい読まなきゃ頭が錆びちゃうと思いまして。


澤田秀雄

相手にもメリットがある仕組みを作ることで周りを巻き込むという手法は、ビジネスの原点になっています。


中本晃

当社には創業当時から140年以上変わらないことがあります。「科学技術で社会に貢献する」。当社の社是です。分かりやすく、揺るぎない。創業以来、目指すものが変わっていないからこそ、従業員に自然と浸透しています。


三谷宏幸

企業によっては、個人の力を前面に出しすぎると疎んじられる傾向がありますから、過度な自己主張は控えるような注意が必要ですね。


熊野御堂厚

社長をお引き受けする時には、一度頭を真っ白にして取り組むことにしました。「白紙」にしない限りは、そこから何も生まれない、既成概念を取り払わなければ新しいことができないと感じたからです。


窪田良

異なる知識や経験を組み合わせることで、思考の幅が広がり、仮説の精度が上がる。新しいコンセプトはそれまでの知識や経験の延長にしか生まれません。ただ、インプットしたモノを組み合わせて止揚しないと、イノベーションは生まれないと思います。