名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランソワ・ティボーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランソワ・ティボーのプロフィール

フランソワ・ティボー。スイスの時計メーカー「ティソ」の社長。スウォッチ・グループに入り、傘下のティソブランドの責任者に就任。同社の社長を務めた。そのほかバーゼルワールド(世界最大の宝飾と時計の見本市)の諮問委員、スイス時計協会役員などを務めた。スイス時計業界の重鎮。

フランソワ・ティボーの名言 一覧

過去18年間で、ティソは世界で最も成功した時計ブランドだと言えます。その理由はアフォーダブルウォッチであること。つまり、夢があるけど高くて買えない時計ではなく、現実的に誰もが入手可能で、高品質というのがティソなのです。


ブランド名のティソは創業者の名前ですが、私も社員も、一度も創業者のために仕事をしたことはありません。では、誰のためか? それは消費者のために他なりません。どうすれば消費者を喜ばせることができるか、そのことだけを考えながら時計作りをしています。


フランソワ・ティボーの経歴・略歴

フランソワ・ティボー。スイスの時計メーカー「ティソ」の社長。スウォッチ・グループに入り、傘下のティソブランドの責任者に就任。同社の社長を務めた。そのほかバーゼルワールド(世界最大の宝飾と時計の見本市)の諮問委員、スイス時計協会役員などを務めた。スイス時計業界の重鎮。

他の記事も読んでみる

野口敏(話し方)

聞く人に明るいイメージを抱かせる話し方をすると、チーム力を増し、仕事のパフォーマンスをあげることができます。「職場における話し方」とはこのように、良い関係を築き上げることによって、仕事をスピーディに快適に進めるための必要なスキルなのです。


豊田昌洋

合理化を進めているうちに様々な標語が社内から出てくるようになりました。ある時、「赤穂から名古屋まで」と書かれたものを目にしました。何かと聞くと、フォークリフトが工場内を1日に走る走行距離だということでした。コンサルタントというのは面白い表現でやる気を盛り上げるものだと思いましたね。「では次は赤穂から京都までに距離を縮めましょう」と鼓舞していました。それが達成できたら、みんな嬉しいですよね。一事が万事、そういう調子で合理化を進めました。


吉野聡(産業医)

出来事には、自分でコントロールできること、できないことがあります。コントロールできることのみを意識し、合理的に考えて行動する。日々の仕事の達成感や、自己成長の感覚を大切にする人ほど、激務を乗り切り、結果も出しています。


荻田伍

ある時、営業マン向けの研修で心理学の先生に「この商品では売れないとか、この店は初めからダメだとか、マイナスの思いを持っていると、行動も必ずマイナスになる」と教わりました。確かにそういう部分はありますね。「この人を何とか口説き落とそう」「この店にウチの商品を置いてもらおう」。そう思って集中していると、攻略のための知恵が自然と沸いた覚えがあります。


香藤繁常

ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


ピーター・ドラッカー

組織に働く者は、成果に何も寄与しないが無視できない仕事に時間をとられる。膨大な時間が、ほとんど役に立たない仕事、あるいはまったく役に立たない仕事に費やされている。


越智啓太

最近、日本の犯罪の世界では高齢者の凶悪化が大問題になっています。とくに、会社を退職した直後の人は危険です。突然、人間的なつながりを喪失し、暇な時間がいきなりできるので、引き留める要因が急に少なくなってしまうのです。


小川仁志

弁証法とは、ドイツの哲学者ヘーゲルが唱えた、マイナスを取り込んでプラスに変える思考法です。マイナスを切り捨てるのはその場しのぎであって、失敗のもとです。そうではなく、逆転の発想でマイナスを取り込むことによって、私たちはより発展した解決策を手に入れることができるのです。


青野慶久

世の中の常識とされていることでも、それが本当に正しいことなのか一度疑ってみた方がいいでしょう。固定観念によって「事実」と、自分の「解釈」を履き違えている可能性を考えてみるべきです。


森澤篤

驚くだけでは不十分だ。「おや」と思ったことをそのままにせず、何かに結び付けて考えてみよう。例えば「インターネットはすごい」と思ったら、これが何に使えるかを考える。近くの店がいつの間にかに閉店していたことに気付いたら「自分がいまこのスペースを手に入れたら何をするか」を考えてみる。実はこの「新しい結び付け方」こそビジネスで最も必要な能力かもしれない。


松本淳志

大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


山本寛(経営学者)

やる気を失う中堅社員が増えている。組織側の原因は、いくつか考えられます。一つは、日本企業全体の傾向として、昇進が停滞していることが挙げられます。ポジション自体がないか、いつ空くかわからない状況では、「次のポジション」という目標が不明確なまま働き続けることになり、モチベーションが上がりません。また、昇進の機会がないと、会社員生活の中での区切りがつけにくく、これも仕事のマンネリ化につながってしまいます。