名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フランソワ・ティボーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランソワ・ティボーのプロフィール

フランソワ・ティボー。スイスの時計メーカー「ティソ」の社長。スウォッチ・グループに入り、傘下のティソブランドの責任者に就任。同社の社長を務めた。そのほかバーゼルワールド(世界最大の宝飾と時計の見本市)の諮問委員、スイス時計協会役員などを務めた。スイス時計業界の重鎮。

フランソワ・ティボーの名言 一覧

過去18年間で、ティソは世界で最も成功した時計ブランドだと言えます。その理由はアフォーダブルウォッチであること。つまり、夢があるけど高くて買えない時計ではなく、現実的に誰もが入手可能で、高品質というのがティソなのです。


ブランド名のティソは創業者の名前ですが、私も社員も、一度も創業者のために仕事をしたことはありません。では、誰のためか? それは消費者のために他なりません。どうすれば消費者を喜ばせることができるか、そのことだけを考えながら時計作りをしています。


フランソワ・ティボーの経歴・略歴

フランソワ・ティボー。スイスの時計メーカー「ティソ」の社長。スウォッチ・グループに入り、傘下のティソブランドの責任者に就任。同社の社長を務めた。そのほかバーゼルワールド(世界最大の宝飾と時計の見本市)の諮問委員、スイス時計協会役員などを務めた。スイス時計業界の重鎮。

他の記事も読んでみる

長田邦裕

これからは不動産業も働き方改革に取り組んでいく必要があるでしょう。働きやすく魅力的な職場に変えていかないと、人は集まりません。加盟店の中にはすでに改革に取り組んでおられるところもいくつかあります。我々は定期的に加盟店の表彰会を行っているのですが、上位の常連になる加盟店はみんな決まって、定時終わりを徹底するなど、職場環境の改善に取り組んでいます。


中野克彦(経営者)

部下とのコミュニケーションを深め、動機づけしてあげるスキルが足りないリーダーは、たんに部下に言葉をかけただけで部下のやる気を引き出せると勘違いしていますが、それは大間違いです。言葉は「話して聞かせるだけでなく、理解させる」段階からさらに進んで「理解させるだけでなく、感じさせる」というレベルに達してこそ、はじめて部下の心を動かせるのです。


落合寛司

頑張っている人に共通するのは、前向きにトライしていることですね。課題に対して自責で取り組む。この自責というのは自分の責任という意味です。もちろん、うまくいかないことは変革期においてはたくさんあります。あるいは、今までと違ったコンサルをやると失敗するケースもあります。そのうまくいかないときに、世の中が悪いんだとか、金融を取り巻く環境が悪いと他に責任を転嫁する人は伸びていきませんね。


田原総一朗

アメリカ大統領選で、ニューヨーク・タイムズもワシントン・ポストもトランプ勝利を予想できませんでした。専門家が間違えたのは、自分が信じたいことを信じたから。


冨安徳久

事業規模が大きくなるにつれ、直接会えない社員も増えることでしょう。もちろん、可能な限り飛び回って、結び付きを強めようとは思っていますが、時間的な制約があるのもまた事実。そうした中、現場の社員やFCに対して、私の分身のように想いを伝えられるスーパーバイザーを育成しなければなりません。


山田賢治(経営者)

税制が変わるだけで市場が好転するとは思っていない。お客様にもう一度、ビールに魅力を感じていただける取り組みをしていかなくてはいけない。業界内でのシェアは伸びているが、それだけではなく、我々がビール市場を好転させるけん引役になりたいと思っている。


宇佐美進典

スタートアップと関わる上では、出資する側が彼らの発想や熱意から多くを学び取る姿勢を持つことが重要になる。そのためには密なコミュニケーションが求められる。


齋藤孝(教育学者)

とくに日本人の場合、意見の対立は「感情の悪化」に直結しやすい。いわゆる「ディベート」の文化が定着していない以上、勝敗を白黒はっきりさせるようなコミュニケーション自体が、そもそも無意味なのだ。これは、仕事上の会議や交渉についても言えることだろう。いくら対立点があったとしても、理論武装して相手を言い負かそうとか、ましてや相手の弱点を突いて黙らせようなどと考えてはいけない。その場の議論で勝ったとしても、相手の中に感情的な「しこり」を残すだけで、思い通りには動いてくれないだろう。それは結局、両者にとって不利益だ。


窪山哲雄

仕事の戦略の部分は一段高い立場になって考えるべきです。係長なら部長の立場に立って考えてみる。逆に先述の部分は一段下の立場になって行動する。この使い分けを自在にできるようになると、仕事の成果はいっそう挙がり、人脈も広がり深まることでしょう。


船越英一郎

2時間ドラマでやっと主役をもらえるようになったころ、自分の中での葛藤もあり、マネージャーをはじめ、スタッフたちと「2時間ドラマの仕事を減らして、3番手、4番手になってもトレンディドラマや映画に出演した方がいいんじゃないか」と何度も話し合いました。でもあるとき、「ここまで頑張ってきたんだから、とことん極めよう」と考え方が変わったんです。すると、ドラマの撮影によって人生の大半を忙殺されていると後ろ向きに捉えていた毎日の仕事が、楽しみに変わりました。


青田嘉光

「マニュアルに従って設計する」という視点にとどまらず、利用者の立場になって心理・感情にも配慮する「心のユニバーサルデザイン」を大切にしています。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

私の見ている範囲では、リーマン・ショックで運用をやめてしまったのは住宅ローンを抱えていた会社員がほとんどですよ。毎月ローンで7万円返済している人が、評価額が月に30万円前後も動く様子を心穏やかには見ていられませんから。ローンを抱えての資産運用はメンタル面でも厳しいということですね。