名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランシス・ベーコンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランシス・ベーコンのプロフィール

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

フランシス・ベーコンの名言 一覧

冗談は、しばしば真実を伝える手段として役立つ。


嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。


学問にあまり多くの時間をかけすぎるものは怠惰である。


高みに登る人は皆、螺旋階段を使うものだ。


人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。


真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。


金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。


人生は道路のようなものだ。一番の近道は、普通一番悪い道だ。


富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。


生みだされ受けいれられてきた哲学はどれも、舞台の上で演じられるお話のようなものだ。それらが説いているのは芝居小屋向けの架空の世界にすぎない。


おのおのは自分の運命の作り手ではないが、自分の才能の作り手ではある。


知識とはすなわち人間の力である。


フランシス・ベーコンの経歴・略歴

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

他の記事も読んでみる

永守重信

日本はもっと若い人に早くから、小さい会社の経営をやらせて、力を付けさせることが大事です。失敗したっていい。経営者を育成するプロセスがなかったら、経営のプロなんて絶対育ちませんわ。


羽鳥兼市

何ごとも基本は体力。体力がなくなると、マイナス思考になる。


森繁久彌

泥沼から引きあげてくれる奴は必ずしも味方じゃない。また、泥を投げつけてくる奴も必ずしも敵ではない。要するに、どんなときでも大声で叫ばぬことだ。


和田裕美

志を共有する、活動の目的を明確にし、全員で理解する。メンバーの誰かが「こんなことできっこない」「あの人とは一緒に活動したくない」などと、その目的以外で悩んでしまったら、この原点に戻るのです。「これは何のための活動だったかな?」と。


小池百合子

以前、環境大臣を務めたときに感じたのですが、1年目というのは様子見の時期なんです。私も周囲の様子を見るし、職員も新しいトップの様子を窺(うかが)う。それが2年目に入ると、「ああ、この人はしばらくここにいるんだな」と観念するみたいで(笑)、前向きに作業に集中してくれるようになります。3年目になるとその関係性がより深くなり、職員とも意思疎通が上手にとれるように在る。それぞれのいい部分を引き出せるようになります。


加藤栄(経営者)

1社でも買ってもらえるところが増えたら、それが市場開拓ということではないか。


奥村綱雄

入社後10年ほどたって、同僚がみんな支店長や部次長になっているのに、私はやっと主任で、ゆうに3年以上のハンディがついてしまった。野村に入ってからの私は、出世こそ遅れたが、勉強だけはしたつもりでいる。


中原淳

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。


柳井正

グローバルに通用するポジションがある会社だけが生き残る。今まではそのポジションが日本国内でだけ通用していればよかった。だから同業者が一生懸命、無意味な競争をやっていたんです。


松井忠三

社長というのは、仕事ができるできない以上に「全人格」が大事なんです。社長はコントロールできない存在だからこそ、複数の人が違った角度で見ることが大事。


五百田達成

苦手意識の多くは、「この人は自分とは違う」という気持ちからくるものです。しかし「違う」ことは「悪い」ことではありません。「違いは違いとして楽しむ」気持ちが大切です。


田﨑史郎(田崎史郎)

いまは会社じゃなくて、国会記者会館に拠点を移しました。取材現場の近くに席を置きたいですからね。