名言DB

9425 人 / 110833 名言

フランシス・ベーコンの名言

twitter Facebook はてブ

フランシス・ベーコンのプロフィール

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

フランシス・ベーコンの名言 一覧

冗談は、しばしば真実を伝える手段として役立つ。


嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。


学問にあまり多くの時間をかけすぎるものは怠惰である。


高みに登る人は皆、螺旋階段を使うものだ。


人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。


真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。


金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。


人生は道路のようなものだ。一番の近道は、普通一番悪い道だ。


富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。


生みだされ受けいれられてきた哲学はどれも、舞台の上で演じられるお話のようなものだ。それらが説いているのは芝居小屋向けの架空の世界にすぎない。


おのおのは自分の運命の作り手ではないが、自分の才能の作り手ではある。


知識とはすなわち人間の力である。


フランシス・ベーコンの経歴・略歴

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

他の記事も読んでみる

西川光一(経営者)

駐車場事業で03年から無人駐車場管理システムTONICの運用を開始した。これにより、売上高はもちろん、どこに何台、何時間停まっていたかといったデータをセンターで一括して収集できるようになった。例えば、データからあまりクルマの停まらない駐車スペースを把握できる。その情報をもとに現場へ行きレイアウトを改善することで収益改善につながったりする。カーシェアにおいても、車両が得たデータをセンターへ吸い上げる仕組みはすでに整っている。TONICは我々が持つ大きなアドバンテージだ。


箱田忠昭

美味しいかどうかはともかく、たとえば、体重1トンの象の肉を一度に食べろと言われても無理です。しかし、象のステーキ200グラムなら食べられます。これを毎日繰り返せば、1トンの肉だって必ず食べられます。


野口聡一

宇宙から帰ってきたからといってスーパーマンになるわけじゃありませんが、地球との接し方は確実に変わってきます。この美しい地球環境をどうやって守っていったらいいのか。僕自身、子供たちに伝えていきたいという思いが非常に強くなりました。


片岡鶴太郎

私が筆を持ち始めたのは40歳になる頃です。ボクシングをやり、映画にも出演し、役者として様々な役を経験し、充実した30代でした。ところが、その終わりにかけて、生きていく核をすべて失ってしまったかのような無常感に襲われたんです。明日から40代、なにをしたらいいのだろう……。そんな漠然とした焦燥感を抱えて、京の寺で座禅を組んでみたんですよ。そんなある日、自然が目に飛び込んできたんです。花がきれいだ。月が美しい。夕陽に胸がきゅんとする。これを絵にしてみたいと思ってしまったんです。


マルティン・オーピッツ

運の悪い人は安心せよ。それ以上の悪運はないのだから。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある。
●画家は孤独でなければならない。なぜなら、一人なら完全に自分自身になることができるからだ。たった一人の道連れでもいれば、半分しか自分ではなくなる。
●仕事から離れて、リラックスする時間を取ることは良いことだ。というのは、ふたたび仕事に戻ってきたときに、よりよい判断ができるからだ。


竹内明雄

1971年にミニショベルを開発した当時、ウチのは重量が2トンでした。他社のはみんな数十トンクラス。にんなおもちゃをどうするんだ」なんて陰口もたたかれましたよ。でも、今では大型よりもミニのほうが目立つようになりましたね。自前の販売網がなかったので、OEM(相手先ブランドによる生産)もやりました。しかしミニショベルというマーケットが確立すると、多くの企業が参入してきました。これではいかんと、いち早く海外に目を向けたわけです。


反田恭平

先日行われたコンサートで、僕と指揮者、そして観客が泣いた最高の演奏があったんです。その瞬間、僕にとってピアニストが天職だと確信したんですよね。これから始まる全国ツアーでも、そんな体験が出来たらと思っています。


木村惠司(木村恵司)

15年前から、異業種の人たちが三々五々集まる飲み会に参加しています。これなども私の好奇心を満たすのにぴったりです。当初は勉強会のつもりではじまったのですが、いまでは50人ほどが2か月に1度集まり、わいわいやっています。メンバーには様々な人がいます。官僚も、ビジネスマンも、ホテルマンもいます。話題もいろいろで、最近の会では、ガソリン価格が自動車メーカーに及ぼす影響をめぐって、侃々諤々の議論が沸騰しました。


川多弘也

当社が目指すのは、超高効率建築ベンチャー。自社は事業の核となる研究開発とプロモーションに特化。施工や営業はすべて信頼のおける世界中のパートナー会社とタッグを組む。自社ならではの断熱施工技術、気密施工技術など指導、施工後のチェックなどは、自社の強みに集中し、究極のエコ建築を実現する。