名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランシス・ベーコンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランシス・ベーコンのプロフィール

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

フランシス・ベーコンの名言 一覧

冗談は、しばしば真実を伝える手段として役立つ。


嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。


学問にあまり多くの時間をかけすぎるものは怠惰である。


高みに登る人は皆、螺旋階段を使うものだ。


人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。


真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。


金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。


人生は道路のようなものだ。一番の近道は、普通一番悪い道だ。


富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。


生みだされ受けいれられてきた哲学はどれも、舞台の上で演じられるお話のようなものだ。それらが説いているのは芝居小屋向けの架空の世界にすぎない。


おのおのは自分の運命の作り手ではないが、自分の才能の作り手ではある。


知識とはすなわち人間の力である。


フランシス・ベーコンの経歴・略歴

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

よく「企業は強みを伸ばすべき」と言われます。もちろんそれも大事ですが、日本の企業の多くは、「低い(弱い)ところを改善する」ことを忘れがちに思います。両方同時に進めるべきなのです。


米倉弘昌

大事なことは、常に改革、前向きに進んでいくということ。


榎本まみ

ストレスを感じるのは、体が変化に適応しようとしているからだと書いてあったんです。それを知って、私のストレスも、仕事に適応しようと成長している証拠なんだと思えるようになりました。


大島康朋

会社のモットーは「ガンバル!!」です。自分自身にひたむきであろうという気持ちを込めています。それで十二分だと思います。立派な目標やビジョンの美辞麗句に縛られて、「いま」肝心なことを見失ったり、浮足立ったのでは本末転倒です。


石川康晴

中国での日本企業の敗因の一つは意思決定の遅さでした。韓国の企業などはトップが来て交渉するのに、日本の企業は意思決定できる責任者が不在であるために負けたのです。


枡野俊明

働きがいは、自分が社会に役立ち、社会から存在を認められたときに最も大きくなります。しかし、どれだけ社会に貢献しているかを客観的に知る機会は多くありません。主体的に仕事をし、自分との約束をクリアしていくことでも、働きがいを得ることができます。


矢野博丈

お客さんの買い物スタイルが変わったら、当然、それに合わせて店づくりも工夫する必要があります。安ければそれだけで商品を買ってもらえる時期は過ぎました。安さが当たり前になれば、お客さんの要求はもっと高くなります。


小林栄三

私の場合、まずは「言いたいことを言ってみろ」と言うように心がけてきました。立場が上になると10のうち8、9を自分でしゃべっている人もいますが、会社組織において上司がやるといえば、部下は最終的にはついてこなければなりません。プロセスの最初の段階では、部下からいろいろな意見を言ってもらうのが正解でしょう。自分が言いたいことや思っていることを言う前に、極力、相手の話を聞く努力をする。


松井忠三

私たちは投資回収が非常に早い。日本は8~9ヶ月で全ての初期投資を回収する。中国では1年、ヨーロッパでも1年か1年半あれば回収できます。


後藤勇人(コンサルタント)

僕たちの仕事は、お客様の要望を短時間のうちに理解して、全体のイメージを作ること。


太田彩子

イライラしてしまったときには、その主原因をとことん分析するようにしました。相手がなぜそんな態度をとったのかをよくよく考えてみると、自分の行動や言葉の何かが原因になっているケースがあります。そこをしっかり解明して新たな課題にすれば、次につなげることができます。それを繰り返すことで、顧客との信頼関係を作り上げてきました。イライラには、何かしらのビジネスのヒントが隠れていることもあるのです。


山下泰裕

時間管理のポイントは「逆算」ですね。選手時代ならば、大事な大会に向けた準備を、まず手帳に書く。今なら、大事なプロジェクトの締め切りやプレゼンの日から逆算する。